本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「北緯四十三度の神話」

北緯四十三度の神話
浅倉 卓弥

北緯四十三度に位置する北の街は、いま長い冬のただ中にある。すべてを包み込むように白い雪に覆われた風景。先の見えない吹雪の中を歩めば、どこか異界に運ばれるようでもある。

浅倉卓弥の「北緯四十三度の神話」の主人公は、桜庭菜穂子と和貴子の姉妹。現在姉の菜穂子は大学の研究室に助手として勤務、妹の和貴子は地元ラジオ局でDJをしていた。
このひとつ違いの姉妹は表面的には普通に接しているようでいて、外からは窺い知れない溝のようなものを抱えている。その理由を知るには、いくらか過去に遡ることになる。
東京の大学に進学した和貴子が就職で地元へ戻ってくる。半年後、和貴子が婚約者として家に連れてきたのは、菜穂子もよく知る樫村宏樹だった。
その樫村が事故で亡くなって以来、姉妹の間には深い溝ができる。樫村というひとりの男を軸に、ふたりがそれぞれ抱く想い。長年、互いに触れないように、相手に訊かないように、言わずにいた想いが、降り積もった幾層もの雪の下に覆い隠されるかのように、ふたりの間の冷たい距離となって横たわっていた。
続きを読む >>
| 浅倉卓弥 | 16:24 | comments(7) | trackbacks(3) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS