本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「魔性の子」

魔性の子
小野 不由美
神隠しを題材とする小野不由美のホラー小説「魔性の子」

教育実習で母校に戻った広瀬は、受け持ったクラスの中で、周りの生徒から孤立する高里の存在に興味を抱くようになる。
彼の周囲で相次ぐ謎の怪我や死。その原因は高里にあるのではないか、彼は“祟る”のではないかと生徒達から恐れられていた。怖れが高里を孤立させていた。
広瀬は自分との間に、ある共通性を感じるようになる。
高里は幼い頃神隠しにあったとされていた。広瀬も幼い頃の記憶としてあの世を見ている。この世界ではない別のどこかに、自分の真の居場所があるのではないかという現実への疎外感が、広瀬を高里へと向わせる。
続きを読む >>
| 小野不由美 | 20:30 | comments(4) | trackbacks(1) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS