本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「夜のピクニック」 恩田陸

夜のピクニック
 
 夜のピクニック

 恩田 陸
 新潮社 (2004/7/31)
 単行本: 342ページ



みんなで、夜歩く。たったそれだけのことなのにね。
どうして、それだけのことが、こんなに特別なんだろうね。

朝の八時から翌朝の八時まで、夜中の数時間の仮眠を挟んで、八十キロの距離を全校生徒が歩く「歩行祭」

読んでいると、ただ歩くことが特別なことになるその過程を、一緒に体験している気持ちになってくる。もしかするとクラスの集合写真に写り込んだ謎の人物として、自分がこの物語の中に存在するんじゃないだろうか、そんな埒もないことを想像してみる。
続きを読む >>
| 恩田陸 | 21:15 | comments(8) | trackbacks(5) | | |

*「図書室の海」 恩田陸

図書室の海
図書室の海
恩田 陸
恩田陸ワールドを楽しめる10篇の短編集。初めて読む人には入門書、すでに恩田作品の読者である人にはサイドストリーを楽しむという意味でも、貴重な作品集といえるかもしれない。すでに書かれた、これから書かれる長編の習作としてみると、メイキング映像集を観るようで面白い。
続きを読む >>
| 恩田陸 | 12:12 | comments(6) | trackbacks(2) | | |

*「月の裏側」 恩田陸

月の裏側
月の裏側
九州の水郷都市箭納倉(やなくら)で、不思議な失踪事件が相次いだ。大学時代の恩師である協一郎からの誘いを受け箭納倉を訪れた多聞。協一郎の娘藍子、新聞記者の高安も加わって、共に事件の謎を追っていくことになる。
続きを読む >>
| 恩田陸 | 10:32 | comments(4) | trackbacks(1) | | |
<< | 2/2PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS