本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「つむじ風食堂の夜」 吉田篤弘

機会を逃すとふたたび巡り会えないというのは本についてもいえることで、気をそそられるタイトルのこの本もまずは買って積んでおいた。少しして市内某書店の一角に山と詰まれているのを目にする。なんで?しかもその某書店の文庫売上ランク上位に並んでいる。これは驚き!
大きく心揺す振られる本を読んでぐったりしていたこともあり、つむじ食堂のある月舟町に迷い込んでみることにした。

懐かしい町「月舟町」の十字路の角にある、ちょっと風変わりなつむじ風食堂。無口な店主、月舟アパートメントに住んでいる「雨降り先生」、古本屋の「デニーロの親方」、イルクーツクに行きたい果物屋主人、不思議な帽子屋・桜田さん、背の高い舞台女優・奈々津さん。食堂に集う人々が織りなす、懐かしくも清々しい物語。クラフト・エヴィング商會の物語作家による長編小説。 
 
続きを読む >>
| ■や行の作家■ | 16:33 | comments(4) | trackbacks(2) | | |

*「こんな映画が、」 吉野朔美

漫画家の吉野朔美さんのエッセイとイラストによるシネマガイド。
“映画に貴賎はありません。許容範囲が広ければ広いほど、お楽しみもいっぱいです。”という吉野さんの言葉どおり、紹介されているジャンルの幅広さに唸る。簡潔でありながらその映画の見所を濃縮したような文章を読むと、ふつふつと観てみたい気持ちが湧いてくる。イラストがこれまた楽しく、文庫を手にレンタルショップに走りたくなるのだ。
続きを読む >>
| ■や行の作家■ | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

*「ポプラの秋」

ポプラの秋
ポプラの秋
湯本 香樹実
大切な人を失った時、心の内にとめどなく湧き上がる想いを、どうすればいいのだろう。どこへ託せばいいのだろう。
手紙。
想いは手紙にすればいい。手紙はおばあさんが届けてくれる。

主人公千秋は母からの電話を受け、遠い昔住んだポプラ荘への旅路を急ぐ。父が交通事故で死に、虚ろになった母と日々繰り返される電車ツアーの道すがら、見つけた居場所がポプラ荘だった。
当時、千秋は小学一年生。母と二人、おおやのおばあさんや隣人達と過ごした、三年ほどの短い思い出が綴られていく。
続きを読む >>
| ■や行の作家■ | 19:08 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

*「夏の庭 The Friends」 湯本香樹実

夏の庭―The Friends  
 夏の庭―The Friends

 湯本 香樹実
 新潮文庫 (1994/02)



死とはどんな感じのするものなのだろう。
小学六年生の夏、木山、河辺、山下の3人の少年は、ふと沸き起こった死への興味から、一軒家にひとり住む老人の「観察」を始める。老人が死ぬところを見るための「観察」だった。

続きを読む >>
| ■や行の作家■ | 10:21 | comments(2) | trackbacks(1) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS