本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「蝉しぐれ」

蝉しぐれ
蝉しぐれ
海坂藩普請組組屋敷の裏に流れる清流。庄内地方の緑豊かな風景が周囲に広がる。
家が隣同士の牧文四郎とふくは、川岸で顔を合わせるうち、恋心ともしかと意識されない淡い想いを抱くのだが……

文四郎を取り巻くのどかな風景はある時をもって一変する。
義父牧助左衛門は藩の世継ぎ争いに巻き込まれ切腹、反逆者の子として生きることを余儀なくされる文四郎。苛酷な運命にも真っ直ぐに向き合っていく姿が清々しい。

文四郎とふくの淡い恋の行方も、ふくの江戸行きで、互いの心に淡い恋の炎を残したまま分かたれることになる。

続きを読む >>
| 藤沢周平 | 20:22 | comments(6) | trackbacks(3) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS