本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「火村英生に捧げる犯罪」 有栖川有栖

有栖川 有栖
文藝春秋
¥ 1,650
(2008-09-25)

臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖コンビが登場する短編集。
中編から掌編までと長さも内容もバラエティに富む作品は、長編とはまた違った軽やかなミステリとして楽しめた。船曳警部や火村の住む下宿のお婆ちゃん、顔なじみの面々も登場して、懐かしさと安心感はシリーズもののよいところだ。

「とっておきの探偵にきわめつけの謎を」。臨床犯罪学者・火村への挑戦状が予告する犯罪とは―。洒脱。諧謔。情熱。驚き。本格推理の旗手の技に酔う。 

本書に収められている掌編四つはいずれも携帯サイトに書かれたものだそうで、小粒な中に仕込まれたミステリの謎解きが面白い。ミステリ作品を読むとき、長編だと最後の真相解明に辿り着くまでがもどかしく、結末を読みたい誘惑に駆られることもあるのだけれど、掌編はすぐに答えがわかるところが好きだな。そのかわりトリックの複雑さや心理を読み解く醍醐味は少ないということもあるか。う〜ん、やはりそれぞれのよさを楽しむに限る。
掌編では「鸚鵡返し」と「下宿のお婆ちゃんが名ヒントをもたらす「偽りのペア」がよかった。
表題作の「火村英生に捧げる犯罪」はすごく期待させるタイトルである。
火村への挑戦状とも読める挑発的な手紙の文面に、かなり手強い犯人像を想像した。火村の華麗なる推理が犯人を追い詰めるか。まあ、長編ではないせいもあってか少々肩透かしな感じの犯人だったのは仕方ない。

長い影/鸚鵡返し/あるいは四風荘殺人事件/殺意と善意の顛末
偽りのペア/火村英生に捧げる犯罪/殺風景な部屋/雷雨の庭で

 2009年2月15日読了
| 推理・ホラー・冒険 | 23:37 | comments(4) | trackbacks(2) | | |

*「優しいオオカミの雪原」上・下 ステフ・ペニー

 優しいオオカミの雪原 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV ヘ 14-1) 優しいオオカミの雪原 下 (3) (ハヤカワ文庫 NV ヘ 14-2)
優しいオオカミの雪原 上文庫:325ページ 文庫:303ページ
 ステフ・ペニー  早川書房 (2008/02)

この本を買ったのは二月で、雪が来る日も来る日も降って降り止まぬ日が続いていた頃で、吹き荒れる地吹雪に景色が白く霞んで見えなくなるような寒い日だったのを覚えている。

世界が白い!真っ白なのだ。そして、凍りつくように寒い。寒いというより痛い。
陽の温もりが恋しい。とりどりに色が溢れる世界、夢の南国パラダイスへいざゆかん!的な気分で、活字パラダイスの本屋へふらふらと足を運んだ。外界の冷気を内から温めてくれる熱き思いをたぎらせた本はないものかと、ぼんやり書棚を巡る。きっと寒さのせいで思考不能だったのである。よりによって極寒の地で繰り広げられる物語を手に取ってしまうとは。
とはいえ、本のタイトルにそそられるところもあった。オオカミは怖いというイメージがあるところへきて、優しいオオカミってなんだろうって思うでしょ。白、赤、青のトリコロールカラーの組合せもおしゃれ。結局はいつもの表紙買いということか。
いやいやいくらなんでもそれだけではないですよ。迷って迷って買ってしまったのは、息子の無実を信じて雪原へ旅立つ母と、彼女が旅路の果てに見いだした悲しい真実とは何か、ただそれが知りたかったからなのだ。
続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*「サウスポー・キラー」 水原秀策

続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 17:34 | comments(2) | trackbacks(4) | | |

*「父からの手紙」 小杉健治

父からの手紙
父からの手紙
小杉 健治
本ブログ散歩道コースの中のひとつ、信兵衛さんの「信兵衛の読書手帖」の感想を読ませて頂いて気になって購入した本。よく行く本屋では最近何十冊も平積みにして大プッシュ。文庫新刊でもないのに今頃なぜとは思うが、たまにこんな家族の絆を感じさせる感動本もいいものだと思った本だった。
家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。十年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う。婚約者が死体で発見され、弟が容疑者として逮捕されたのだ。姉弟の直面した危機に、隠された父の驚くべき真実が明かされてゆく。完璧なミステリー仕立ての中に、人と人との強い絆を描く感動作。
「BOOK」データベースより
続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 22:24 | comments(4) | trackbacks(1) | | |

*「クリスマスのフロスト」 R.D ウィングフィールド

クリスマスのフロスト
クリスマスのフロスト
R.D ウィングフィールド
ずっと気になっていたフロスト・シリーズを読むと決めていざ本屋へ向う。3冊並んでいる文庫をチェックしてみら、「クリスマスのフロスト」がシリーズ第一弾だというじゃないか。
これは今年もまだ暑い日の出来事。
待ちましたよ、12月がやってくるのを。本の舞台となるデントンも雪。我が街も雪。ちょうど読みごろである。別にうららかな春に読んでも、うだる暑さの夏に読んでもいいわけだけど、やはり「クリスマスのフロスト」は、クリスマスシーズンに読むほうが雰囲気が盛り上がろうというもの。

出だしからいきなり驚かされる。これからフロスト警部とお近づきになろうという矢先の出来事がなんと、なんと!なのである。

ロンドンから70マイル。ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小様々な難問が持ちあがる。日曜学校からの帰途、突然姿を消した八歳の少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物…。続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが繰り広げる一大奮闘。抜群の構成力と不敵な笑いのセンスが冴える、注目の第一弾。
「BOOK」データベースより
続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 23:22 | comments(2) | trackbacks(1) | | |

*「ナイロビの蜂」

ナイロビの蜂〈上〉ナイロビの蜂〈下〉
ナイロビの蜂〈上〉ナイロビの蜂〈下〉
ジョン ル・カレ
ナイロビの英国高等弁務官事務所に勤める外交官ジャスティンは、庭いじりをこよなく愛する中年男だ。礼儀正しく誠実な人柄で知られている。そんな彼のもとに、突然、最愛の妻テッサが、咽喉を掻き切られて全裸で発見されたという知らせが飛びこんだ。人類学者リチャード・リーキーの発掘現場に向かう車中で、何者かに襲われたのだ。静かな怒りとともにジャスティンは、真相解明に立ちあがる。
(「BOOK」データベースより)


本書の原題「THE CONSTANT GARDENER」は、いつも変わらず穏やかでガーデニングをこよなく愛する、主人公ジャスティンの人となりを端的に表していると思う。「ナイロビの蜂」のほうはといえば、読んでみるとその意味が実によくわかる。とても象徴的だ。

およそ怒りや激情とは無縁のジャスティン・クエイル。彼の若き妻テッサは怖れを知らず、信念の為にはどんな行動をすることも辞さない情熱的な女性。
事件の残虐性、奔放なテッサの行動が憶測を呼び、同行者であったアフリカ人医師とのスキャンダルまでも飛び出すが、ジャスティンのテッサへの絶対的信頼は揺るがない。これが見事なまでに揺るがない。騒動の渦中でじっと静かに時を待つ。
続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 22:42 | comments(4) | trackbacks(4) | | |

*「ヒストリアン」機Ν

ヒストリアン・Iヒストリアン・II
ヒストリアン・I・
エリザベス・コストヴァ

少女はある夜遅く、父の書斎で一冊の古い「本」を見つけた。竜の挿絵がひとつある以外は何も印刷されていない奇妙な本、そして「不運なるわが後継者へ」という書きだしの宛名のない手紙の束だった。

「ヒストリアン」の気鯑匹濟呂瓩討ら今日兇鯑匹濬えるまで、ずいぶん長い時間がかかってしまった。主人公とともにようやく長い旅から戻って来たという気がしている。
続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*「グリーン・ティーは裏切らない」

グリーン・ティーは裏切らない お茶と探偵(2)
ローラ・チャイルズ
チャールストンの恒例行事であるヨットレース。ゴール地点に位置するホワイト・ポイント庭園では、200人ほどの見物客が集まり<海辺のお茶会>が開かれていた。お茶会のケータリングを依頼されたティー・ショップのオーナー、セオドシア・ブラウニングはそこで事件に遭遇することになる。
ゴールの号砲とともにアンティーク銃が暴発、資産家のオリバー・ディクソンが死亡したのだった。彼は数ヶ月前に若き花嫁を得たばかりだった。事故か事件か。古くから続く家同士の対立が原因か、それともディクソンが始めようとしていた新事業絡みか。事の解決にセオドシアが乗り出す。

続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 23:45 | comments(6) | trackbacks(2) | | |

*「紅はこべ」

紅はこべ
バロネス・オルツィ
物語は1792年9月、パリに始まる。
フランス革命最中、時代が貴族社会から共和制に向おうとしている頃のお話。ベルバラファンならば心騒ぐ時代でもある。飛び交う民衆の怒号と歓喜の声。貴族達を待ち受けていたのは飽くなく血を欲するギロチンの刃。
ところが思いも寄らぬ大胆な行動によって、この恐怖のギロチンから颯爽と貴族達の命を救い、イギリスへ亡命させる謎の一団が現れる。小さな星の形をした花を印とする一団のことを、人々は『紅はこべ』と呼んだ。
続きを読む >>
| 推理・ホラー・冒険 | 11:25 | comments(4) | trackbacks(0) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS