本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「天国はまだ遠く」 瀬尾まいこ 

天国はまだ遠く
天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ

本の感想を書こうと思い、さてどう書き出そうかなどと考えていたら、どういうわけだか『水戸黄門』の主題歌が頭の中で鳴り出した。そうだそうだ人生には楽な時もあるし、苦しい時もあるものだ。楽な時は楽なのだからまずはいいとして、どっちを見ても自分の見ている風景が苦一色の単色だったら、辛い気持ちであるには違いない。
主人公の千鶴が旅に出たのはそんな心境の時である。ある決意を持って旅に出るのだ。
ところが千鶴の気持ちとは裏腹に、物語の始めのほうで深刻な決意はあっけなく頓挫してしまう。事の実行には効果はなかったが、14錠の睡眠薬は深い眠りと爽快な目覚めには大いに役に立った。死ぬつもりがたっぷり寝てすっきりと目覚める。この脱力した展開は瀬尾さんらしい。

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。心にしみる清爽な旅立ちの物語。
「BOOK」データベースより

続きを読む >>
| 瀬尾まいこ | 02:54 | comments(12) | trackbacks(6) | | |

*「幸福な食卓」 瀬尾まいこ

幸福な食卓
幸福な食卓
瀬尾 まいこ
家族という単位を普段はとくに意識することもない。あまりに自然であたりまえのことのように思っているから。ところが、

「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」

いつも家族が顔を揃える朝の食卓で、本の主人公佐和子の父は、父親を辞める意志を伝えるのである。
お〜、出だしから意表を突く驚きの展開だ。

続きを読む >>
| 瀬尾まいこ | 22:24 | comments(7) | trackbacks(8) | | |

*「優しい音楽」 瀬尾まいこ

優しい音楽
優しい音楽
瀬尾 まいこ
受けとめきれない現実。止まってしまった時間―。だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。家族、恋人たちの温かなつながりが心にまっすぐ届いて、じんとしみわたる。軽やかな希望に満ちた3編を収録。
(「BOOK」データベースより)


とても読み易い文章であったし、作品全体が醸し出す雰囲気も柔らかく、さほど時間もかからずにサクサクと1冊読めてしまった。
まあるく丸まった猫の綿毛が、肌の上を転がっていくような感触である。ふわふわとして心地良いような気もするが、読み終わった後の印象は薄い。あれ、これだけ?という喰い足りなさが残った作品でもある。
3つの短篇の感想を少し。
続きを読む >>
| 瀬尾まいこ | 22:09 | comments(6) | trackbacks(3) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS