本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「タイムスリップ明治維新」 鯨統一郎

タイムスリップ明治維新
タイムスリップ明治維新
鯨 統一郎
オリジナルの歴史の大河に出来た支流にタイムスリップしてしまった女子高生麓麗。時は1860年、場所は幕末の江戸。現代に戻るには、正しく歴史を進め支流を消滅させる必要がある。かくしてうららは幕末の武士達と明治維新を目指す。
続きを読む >>
| 鯨 統一郎 | 20:54 | comments(2) | trackbacks(1) | | |

*「タイムスリップ森鴎外」

タイムスリップ森鴎外
鯨 統一郎

大正11年(1922年)、毒殺されそうになった森鴎外こと森林太郎は、魔の手から逃げ延びようとするも何ものかに追われ崖から転落。気づいてみるとそこは同じ渋谷道玄坂でも80年後の世界。事情が呑み込めず男達に因縁をつけられている林太郎を救ったのが、渋谷ではその名を知らぬ者がいないという麓麗(ふもとうらら)と友人の三須七海の女子高生コンビだった。
芥川龍之介、太宰治、、昭和初期を彩った文壇の作家達に共通する謎とは。うららに七海、後で加わる図書委員の香葉子やミステリ研究会の小松崎ら4人の高校生達の協力を得て、林太郎はもとの時代へ無事帰ることが出来るのか。

続きを読む >>
| 鯨 統一郎 | 19:25 | comments(2) | trackbacks(2) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS