本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「邪魅の雫」 京極夏彦

「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「―自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する!
「邪なことをすると―死ぬよ」


鉛のように重く、暗鬱として黒々とした雫。
心の水面を揺らす邪悪な想念は形を帯びて、人を殺める。

重かった!というのがまず読んでの感想だった。物理的な本の重みに耐えつつ読むのは、すでに京極堂シリーズにおいてはあたり前な感がある。重い本を抱え、読む体勢に苦慮し、項を繰っていくわけだ。
最初は4、5日掛けてちびちびと100項程読み進めていたのだが、どうにも頭の中に人物相関図がうまく描けない。なので残りの大半は昨日の休みでいっきに読む。
かなり複雑に錯綜した構成になっている。最後のほうにきて京極堂がバラバラな世界を再構築してみせるまで、誰が誰で、誰が誰と繋がっているのかよくわからないまま、作者にいいように翻弄され、惑わされ、錯綜するプロットの糸に絡め取られてしまったような気分だ。
続きを読む >>
| 京極夏彦 | 18:57 | comments(15) | trackbacks(7) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS