本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「包帯クラブ」 | main | 「退屈姫君 恋に燃える」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「黄昏の百合の骨」

黄昏の百合の骨
恩田 陸
周りから密やかに『魔女の家』と囁かれる洋館白百合荘。水野理瀬は亡くなった祖母の遺言を果たすため、留学先のイギリスから戻ってくる。残された遺言は、自分が死んでも理瀬が半年以上ここに住まない限り、家は処分してはならないというもの。祖母が意図したこととは何か。
洋館に咲く濃密な百合の香り、同居する義理のおば梨南子と梨耶子姉妹、洋館の二階に住む妖精の話、猫の死、少年の失踪、物語上に点在する複数の謎。中でもとりわけ重要な謎と思われるのがジュピター。果たしてジュピターとは何を意味するのか。
『麦の海に沈む果実』の続編にあたる本書では、少し大人になった理瀬に出会える。自分が何者であるかを知り、自分がとるべき行動を理解し、実行していく理瀬の視点は実にクールだ。思春期の女の子がみせる感情の激しい波、気持ちの揺らぎとは別の次元に住んでいるかのようにみえる。
実際理瀬は、闇と光の境目を歩いていくことを定められている自分の運命を理解している。祖母や父、いとこの稔と同じように彼女が存在する場所、そこで生きる理瀬の姿がもっと詳しく描かれるのは次の作品になるのだろうか。
少女時代の終わり。このことが意味するのは、さらに苛酷な戦いが理瀬を待ち受けているということでもある。いまよりももっと大人の女になった理瀬に会えるのはいつだろう。それが楽しみだ。
亘を見送る駅での理瀬と稔の会話には笑ってしまった。
そっちのほうで…、確かにね(笑)

グラバー邸のあるこの町で出会った雅雪。どこか黎二に面影の似た少年との間に垣間見える淡い想い。それは黎二への郷愁であるかもしれないけれど、重い運命に覆われて見えなかった、普通の女の子の顔が覗く瞬間である気がした。
グラバー邸でふたりが言葉を交わす場面。「一緒に飛んでいってくれる?」という理瀬の呟きと、それに答える雅雪の言葉。短い言葉と行間に流れる想いは、読んでいて切ないような感じがする。恩田陸という作家は、郷愁にも似た心の疼きを微妙に突いてくるのが上手い。

ストーリー展開としては、魅惑的な道具立てに謎解きの面白さ、江呂隆傍淪邵垢里△訛を着かせぬテンポのよさなど、最後まで気が抜けない。三月シリーズの中でも、読み終わった後のすっきり感でいえばこれが一番だった。

恩田陸の三月シリーズを読む時のお勧めコース
「三月は深き紅の淵を」
麦の海に沈む果実
図書室の海収録の睡蓮
「黄昏は百合の骨」
| 恩田陸 | 11:30 | comments(4) | trackbacks(3) | | |

*スポンサーサイト

| - | 11:30 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、U。・ェ・。Uノ~コンバンワン♪
すっかりご無沙汰してしまって。

かな〜り遅くなってしまいましたけど、TBとコメント
ありがとうございました。
少し更新が滞り気味ですが、温かい目で見守ってやって
下さいませ。
って、お願いしてしまったり(笑)

それにしても。
模様替えなさったのですね〜。
オオーw(*゜o゜*)w
何か、とってもクールな感じになりましたよね。
最初、間違えちゃったかと思いました(笑)。
違って無くって良かったです(爆)。
でも、格好良くって素敵!
レビューもコメント入れたい作品がずらりと並んでてて。
ナルニアに魔性に……。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

近いうちにまたお邪魔しますね。
またコメントを入れさせていただきに。

ちゃっかり今日は、TBもしていこうかと思います♪
いつもながらお世話になります。
| littleapple | 2006/04/02 11:04 PM |
わあ〜、littleappleさんお久しぶりです!
どこに行っちゃったのかと寂しく思っていましたよ。
ブログは自分のペースで更新していくのがいいですね。
足場は日常の現社会にあるわけだし。

そうなんですちょっと模様替えしました。
もしかするとまた変えることもあるかも。
なので驚かれませんように(笑)

またお時間のある時に遊びに来てくださいね。
お待ちしてま〜す。
| 雪芽 | 2006/04/04 12:08 AM |
めちゃめちゃ面白かったです!!
ハラハラしました〜
二重のネタ仕込みでやられましたよ(笑)
麦の海〜は凄い好きで
三月〜は挫折しました(爆)
図書館〜は未読ですが
読んでみます☆
| 弥勒 | 2007/06/15 12:24 AM |
弥勒さん♪
文句なく面白かったです〜
最後の最後までドキドキさせられましたね。
恩田さんは最後が…(笑)
これはシリーズの中でもすんなり楽しめました。
短編集にもこのシリーズの登場人物達が出てくる話ありますね。
いま出ている新刊もそうかな。
| 雪芽 | 2007/06/17 5:15 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

黄昏の百合の骨
「麦の海に沈む果実」で、水野理瀬ファンになった人も多いと思う。 恩田陸さんによるこの作品は、理瀬の後日譚である。 順番的には「三月は深き紅の淵を」に始まり、 →「麦の海
| 備 忘 録 | 2006/04/02 11:07 PM |
黄昏の百合の骨 恩田陸
黄昏の百合の骨 この本は こばけんさん、chiekoaさん、juneさん、雪芽さん、ななさん、読書猫さんにオススメしていただきました♪ いつもありがとうございます。 ■やぎっちょ書評 三月ワールドの四冊  「三月は深き紅の淵を」  「麦の海に沈む果実」
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/16 4:09 PM |
黄昏の百合の骨/恩田陸
久しぶりの恩田さん! 「黄昏の百合の骨」/恩田陸 強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。 奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは 優雅に暮らす美貌の叔母二人。 因縁に満ちた屋敷で何があったのか。 「魔女の家」と呼ばれ
| 徒然書店 | 2007/06/15 12:25 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS