本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「退屈姫君 恋に燃える」 | main | ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「魔性の子」

魔性の子
小野 不由美
神隠しを題材とする小野不由美のホラー小説「魔性の子」

教育実習で母校に戻った広瀬は、受け持ったクラスの中で、周りの生徒から孤立する高里の存在に興味を抱くようになる。
彼の周囲で相次ぐ謎の怪我や死。その原因は高里にあるのではないか、彼は“祟る”のではないかと生徒達から恐れられていた。怖れが高里を孤立させていた。
広瀬は自分との間に、ある共通性を感じるようになる。
高里は幼い頃神隠しにあったとされていた。広瀬も幼い頃の記憶としてあの世を見ている。この世界ではない別のどこかに、自分の真の居場所があるのではないかという現実への疎外感が、広瀬を高里へと向わせる。
高里の周りで起こる惨劇はしだいにエスカレートし、拡大の一途を辿る。あれよあれよという間に、世間的パニック状態まで突入する。徹底している。
人の心に巣食う恐怖心、心理状態が攻撃に転じたり恭順へと変化したりする様子、恐慌に陥った時の群集心理などの描かれ方が細やかで、これは後の『屍鬼』へと繋がっていくのだろう。

何者かの力が守ろうとすればするほど、孤立を深め、身辺にまで危険の度が増していく高里を、必死で庇おうとする広瀬。だが、庇護する者と庇護される者、両者の力関係がストーリーが進むにつれ、徐々に逆転していくようになる。それは心理的にというべきか。
初めは小さな黒いシミのようなものだったかもしれない。広瀬の心に落ちたシミ。次第にどす黒く大きく広がっていく。それは人間であるが故のエゴというものなのか。
「あなたは行って、この世界で生きなければならない」という高里の言葉を、広瀬は愕然とした思いで聞くことになる。人であることの汚れ、故にこの世界に繋ぎ止められる自分。広瀬にとって高里の存在はいちるの希望だったのだろう。広瀬を覆う絶望が痛ましかった。
書かれた年代はこちらが先なのだが、小野不由美の『十二国記』シリーズの読者にとっては、外伝としての意味合いもある作品のようだ。
といっても、本書のみでも充分ホラーとして面白いことは間違いない。

読んでいて、以前にも読んだことがあるのに気づいた。これを読んで『十二国記』シリーズを読もうと思ったことも思い出した。シリーズ最初の本の前編を読み、そこで挫折したのだった。また今年再挑戦してみるつもりだ。今度こそは秦麒が出てくるところまで辿り着けるといいなと思っている。

「魔性の子」からもうひとつ連想するのはSF作家ロジャー・ゼラズニィの『魔性の子』だ。こちらは未読だが、小野不由美の「魔性の子」とは逆に、あちらの世界に迷い込んでしまった取り違え子の話だそうだ。
神隠しを民俗学者の視点から論じた本に、小松和彦の『神隠し 異界からのいざない』がある。学術書というより一般向けに読みやすく書かれた内容なので、たまにはこんな一冊もよいかもと思う。
| 小野不由美 | 20:30 | comments(4) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 20:30 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは!
「十二国記」ぜひ再挑戦してみてくださいませね(*^ー゚)b

雪芽様、けっこう海外SFも読んでらっしゃるようで。
私も昔ハマってたけど、再読しようとは思いつつダンボール箱の中で静かに熟成中です。
ほとんど内容が思い出せない・・・。
それが私の再挑戦のテーマです(汗)

ではまた!
| hoy. | 2006/03/20 12:56 AM |
hoy.さん、こんばんは。いらっしゃいませ〜
秦麒にまた会いたいのでがんばります!
愛があればなんとかなる!?(笑)

ハヤカワ、創元、サンリオSF文庫と、一時期読みました。
再読は思ってもなかなかできないものですね。
hoy.さん秘蔵のダンボール箱、熟成具合はいかがでしょうか。
いま読むとまた違ったお味がするかもしれませんよ。
はは(笑)、内容はね、銀河系の彼方、忘却の彼方へいってしまったみたいです私も。
だからいつもきっと新鮮、という気がしてます。
ちょっと苦しい言い訳でした^^;

また遊びにいらしてくださいませ。
| 雪芽 | 2006/03/20 9:10 PM |
雪芽さん
こんにちは〜。十二国記の途中で読んだから、そういう意味で盛り上がった一冊になりました。今月中に十二国記読破する予定なんですよ♪
雪芽さんに紹介してもらった「屍鬼」も読みました!あまりの分厚さに、めちゃくちゃ時間かかりましたけど・・・無事読破できました★
| やぎっちょ | 2007/06/17 2:41 PM |
やぎっちょさん、こんにちは!
今月は小野さん月間ですね。
十二国記シリーズももうじき読破!?
今年はすごい勢いでいろんな作家さん読破してませんか。
私も積年の課題である十二国記を読むべく購入しました!
X文庫は一度挫折したので、講談社文庫版のほうです。
読むのはもっと先になってしまいそうですが。
『屍鬼』はとにかく長いですからね。
最後まで読み終えただけでも、お疲れ様と申し上げたくなります。
| 雪芽 | 2007/06/17 3:42 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

魔性の子 小野不由美
魔性の子 ■やぎっちょ書評 十二国記。シリーズ5作目まで読んだらこの本を先に読むようにCiel Bleuの四季さんにアドバイスをいただいていました。ということは次は戴国のお話ということ?うーむ。楽しみです。 で、泰麒ですが、いやー何かと問題がありますねぇ。シリ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/06/17 2:36 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS