本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「魔性の子」 | main | 「永遠の出口」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女











“アキヘヤ”の大きな衣装だんす、並ぶ毛皮ロードを抜けると、そこは百年の冬が続くナルニア。ルーシーとナルニアとの出会いの場面はとても印象的だった。
昨日からの雪で、真冬に逆戻りしたような我が街。玄関を開けるとそこはナルニアと同じ雪世界が広がっている。寒い〜、だからといって都合よく毛皮があるわけでなし。これが現実の世界なのね。
映画「ナルニア国物語」、本日2度目の鑑賞。
公開されてほどない頃に一度観て、その後原作を読み、頭の中に第1章のストーリー展開が入っているので、今日は初回よりじっくり楽しむことができた。流れがわかっていても飽きることなく楽しめる。映像の迫力というのだろうか。
この先はネタバレあり、注意!
ストーリーについては、アスランに象徴されるナルニアと白い魔女、善と悪という対立構造は明確なので、物語全体としはとてもわかりやすい。普通の子が未知な世界に迷い込んで、自分達は予言された者達なのだと知る。そこから裏切り、自己犠牲、迷い、成長、兄弟愛へとストーリーは流れ、観終わった後は面白かった!という感想が残った。
2回とも一緒に観た人間が違うのだけど、終わってついつい話が弾む、そんな高揚感はどこからくるんだろう。やっぱり面白いからなんだろうなと思う。

アスランが自分の身を犠牲にする場面は、嘲笑、恥辱、残虐性において映画は原作より薄めの描写。
映画を観て一番感じたのは兄弟姉妹愛だろうか。
何事においても反発精神旺盛だったエドモンドが、戦いを前に兄ピーターに「信じる」と言うところや、そのエドが魔女の刃で傷つくや死に物狂いで魔女に討ちかかっていくピーターとか。
気づけば4人がほんとうの兄弟姉妹のように感じられた。

好きなシーンのひとつが、ともに来てくれるかと言うピーターに対して、命のある限りと答えるオレイアス。この後「アスランのために」と叫び戦闘に突入するピーターの姿に、『王の帰還』で「フロドのために」と言葉にしたアラゴルンが重なって見えた。

オレイアスの戦う姿には惚れ惚れ。無口だけどやるときはやる男、いや、やるときはやるケンタウロス、アスラン軍の近衛隊長。最後戴冠式に姿があってよかった。
タムナスさんもとてもチャーミングな演技で魅力的だった。
物語の中心となるペベンシーの4人。初めて目にした時はなんて普通な、というのが抱いた感想だった。でも、普通な感じだからいいんだといまは思える。だってアスランにも言われていたではないか、「ピーター・ペベンシー、普通の子」ってね。どこにでもいそうな普通の子ピーターが、だんだん内面的にも成長し、ついにはかっこよく見えてくるから不思議。
他の三人の子達も実際映像で観るとそれぞれに魅力的だった。

イギリスといって欠かせないのはお茶の時間。期待して観てしまうだけに、お茶のシーンはちょっと物足りなかった印象。
そういえば前回は見落としていたけど、エドがめがねとひげを落書きしたライオン、戴冠式で落書きそのままに映っていたのには思わず笑ってしまった。
| 映画・海外 | 22:06 | comments(8) | trackbacks(5) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:06 | - | - | | |

♯ コメント

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
雪芽さんコメント有難うございます
>確かに『指輪物語』と比べて子ども目線で、安心して観れるところがディズニーという感じでしたが、思い切り楽しんでしまいました。

( ̄▽ ̄人)♪白い魔女は、最高でしたね。
ディズニーのファンタジーとしては王道で良く出来ていたと思います
それに、聖書との関連性でhideはこの映画の評価を上げました
| hide | 2006/03/24 11:23 PM |
hideさん、コメントありがとうございます。
ブログの感想に書くのを忘れていましたが(わざとでしょうか、無意識の選択?)、白い魔女が1番印象が強烈だったかもしれません。
なのに忘れてるっていうのは、私もエドと同じようにコワイと思ったからかも。
触らぬ神に祟りなし^^;
hideさんのブログ、映画についてその背景や関連グッズまで詳しく取り上げらていて、興味深く読ませて頂きました。
お越し頂き、ありがというございます。
| 雪芽 | 2006/03/26 2:58 PM |
●コメントありがとうございます。
映画チラシは塵も積もれば・・・です(笑)
昔の程、高価になるらしいです。
特にジョニデップや古いアニメは海外でも人気ありますから
ナルニアもう一回行きたいです。
吹替えだったんで

PS.良かったら『今月(3月)の常連様』のコメント欄でご紹介いただけたらと思います。
| moviemania1999 | 2006/03/26 4:17 PM |
雪芽さん、こんばんは。本館への書き込みありがとうございました。
「アスランのために」そうそう、私も「フロドのために」を思わず思い出していましたよ。
オレイアス、素敵でしたよね。最後に見つけてほっとしました。
おおっ、でも落書きライオンは、見逃してしまった〜。
DVDになったら確認しなくちゃ。子どもといったので、吹き替えだったのですよ。リーアム・ニーソンやルパート・エヴァレットの声もぜひ聞きたいし。

原作に無い、あの最初のシーン。上手いなあって思いました。あそこでそれぞれの持っている性格や、思いがよく出ていましたよね。
2章からのお話、雪芽さんの感想、ぜひ聞きたいです。特に最後の章・・キリスト教的世界観(いや、私にはよくわかりませんけど)かな・・って思ったりするのですけど。



| | 2006/03/26 6:45 PM |
こんばんは、お越し頂きありがとうございます。
そうですか、昔のチラシちゃんと取っておけばよかったかなぁ。
パンフはちゃんと取ってあるんですけどね。

『今月(3月)の常連様』にもコメントさせて頂きました。
最近は映画館まで足を運ぶことが少なくなってしまいました。
フットワークをもっと軽くしなくてはって、それが今年の目標でしょうか。
| 雪芽 | 2006/03/26 7:02 PM |
こんばんは、瞳さん。何故か入れ違いになってしまったようです。
本館のほうはよく覗かせて頂いてます。映画の中に登場する紅茶のお話とか、読んでいてほ〜とか、へ〜へ〜とか、ひとりトリビアしてますよ〜(笑)

キリスト教的世界観、1章でアスランが石舞台で自分を犠牲にするところからしてそうですよね。おまけに復活ときてはキリストの復活が連想されますね。
続編が公開されるまでには、全巻読んでおけるかしら。

そうそう、映画の冒頭シーンは原作にはないですよね。
あれだけで見事に時代背景、きょうだい達の関係や性格なんかも描いてみせてて、上手い作りでしたね。

リーアム・ニーソンの声、素敵でしたよ。
今度はぜひ字幕版お勧めします。
落書きチェックも忘れずにね!
| 雪芽 | 2006/03/26 11:45 PM |
●あれれ?最初のシーンは原作になかったのは知らなかったです。
今度は字幕版に挑戦します。
| moviemania1999 | 2006/03/31 5:10 PM |
そうなんですよ、原作には登場しないシーンでした。
でも、それが映画では上手く活かされていました。
ぜひ字幕版も観てみて下さいね。

ナルニア第二章の製作も決まっているようですね。
その前に原作読まなくちゃ!
映画ももっと観たいと思いつつ、思うようにいきません。
| 雪芽 | 2006/04/02 3:10 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ナルニア国物語 その2
●『ナルニア国物語』2006年3月4日公開。全米では9日に公開。首位デビューで製作資金(制作費一億五千万ドル)もなんとか回収できそう。心配なのは『キングコング』の史上最高の制作費2億ドルがなんとかヒットして回収できるくらいまでいってほしい。あ
| 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ | 2006/03/22 4:51 PM |
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』2006・3・5に観ました
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』    公式HPはこちら ●あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の子供達は、ドイツ軍のロンドン大空襲を逃れ、田舎のカーク教授の元に疎開する。ある日、古い屋
| 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/03/23 9:57 PM |
DVD ナルニア国物語第1章:ライオンと魔女
英国児童文学の名作として知られるC.S.ルイスの全7巻からなるファンタジー巨編 「ナルニア国物語」シリーズの第1章を映画化。 主人公の子供達は一般の子供2,500人からイメージに合う子供を選び、 「シュレック」シリーズのアンドリュー・アダムソン監督と 「ロード・オ
| 噂の情報屋 | 2006/06/13 8:47 PM |
映画DVD「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
2005年アメリカ いいおっさんの私がけっこう楽しめました。 もちろん、子供さ
| 映画DVDがそこにある。 | 2007/09/14 9:01 PM |
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」の感想
この映画を見たいと思った理由。 ★TVCMにソソられた。大自然とCGクリーチャーがキレイに融合したファンタジーものは映画館で見たいと思う。 ★読書魔のネット友達が原作本を絶賛していたから。ちなみにその人はハリポタは全く受け入れなかった。 ★チラシのイラスト
| MASログ | 2007/09/20 12:18 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS