本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「永遠の出口」 | main | 「空飛び猫」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「ゆめつげ」 畠中 恵

ゆめつげ
畠中 恵

川辺親子が神官を務める清鏡神社は、江戸は上野の端にある小さなお社。のんびりとして頼りなげな風情の兄弓月と、しっかり者の弟信行兄弟は、ある頼まれごとを引き受けたことで、大騒動に巻き込まれていく。
そもそもの始まりは、大店のひとり息子の行方を占って欲しいという願いに端を発していた。兄弓月は『夢告』、夢の中で神が語りかけてくる託宣を告げること、ゆめつげを得てとしており、夢占いの評判を聞いた白加巳神社の権宮司からの依頼だった。
さてさて、弓月は行方不明の息子を探し当てることができるのか。人探しに連続殺人事件、果ては時代の大きなうねりをも背景に、物語はどんな結末へと向うのか。
弓月、信行兄弟の性格設定がしゃばけシリーズの若旦那と妖の手代ふたりと似ていて、またこの路線?と実は思った。ちょっととぼけた感のある兄。ゆめつげによる消耗度合いからくる、体力的な非力さといい、肉体的パワー不足ありあり。力ない者が別な能力によって最も力を発揮するというのが、しゃばけシリーズとこの「ゆめつげ」に共通するところか。
弟が多少手荒い形で兄弟愛をみせるのも、佐助と仁吉の時に有無を言わさぬ若だんなへの態度に重なる気がした。
それでも読み進めていくと、類似点は気にならなくなってくる。
ある特定の場所に参集した人達、そこに滞在することを余儀なくされる特殊な状況、起こる連続殺人。ミステリーでも定番の舞台設定を使いながら、親子の絆や情、男女の愛憎入り混じった心情的機微を絡ませ、人情話としての筋立ても織り込むところは、充分に作者の持ち味を活かしていると思った。

幕末から維新へ、歴史が大きく変わろうとしている頃、人は夢を追い、時代に翻弄され、それでも今日を生きる。
止めようのない時代の奔流と、その流れの中で思い惑い錯綜する人々の人間模様。それでもきっと皆、なんとかやっていくだろうという弓月の言葉に大きく頷く。いつの時代だってそうだった。だからこそいまここに自分が存在するんだものね。

これはシリーズ化されるのだろうか。
| 畠中恵 | 15:00 | comments(4) | trackbacks(2) | | |

*スポンサーサイト

| - | 15:00 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
単行本だと表紙の絵は違った印象なんですね。
文庫本を手にとって読み始めたとき
「しゃばけ」シリーズと疑いませんでした(笑)
幕末の不安定な情勢をうまく使っているなって思いました。
| なな | 2008/07/17 7:25 PM |
ななさん、こんばんは。
「しゃばけ」シリーズのはずが別の話となれば、
読んでいてあららと驚いてしまいますね(笑)
妖怪たちが懐かしく思えたり。
それにしても人間世界も充分怖いです。
時代の転換期、人の心もそれに敏感に反応して、
足元が揺れているようでした。
| 雪芽 | 2008/07/19 8:12 PM |
こんばんは。
こちらにもお邪魔しますね。
そういえば、兄弟と若旦那&妖の手代ふたりとの関係、似てましたね。
でも肉親なので、夢から覚めるのに張り倒されたり遠慮がないのが、
読んでるうちにユーモラスに感じられてきました。
人情味があってよかったです。
| 藍色 | 2008/08/25 4:24 AM |
藍色さん、再びこんばんは。
事件を解決する人間がどちらも非力なんですね。
そのかわり精神的には負けない強さがありました。
弟、容赦なしでした、さぞや痛かろうと^^;
対照的な兄弟ふたりがユーモラスでもありましたね。
江戸と人情、この組合せはしっくりきます。
| 雪芽 | 2008/08/27 10:39 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

「ゆめつげ」畠中恵
ゆめつげ (角川文庫 は 37-1) 畠中 恵 JUGEMテーマ:映画 小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られてばかりの弓月には「夢告」の能力があった。が、それは全く役に立たないしろもの。ある日、迷子捜しの依頼を礼金ほしさについ引き受けてしま
| ナナメモ | 2008/07/17 7:25 PM |
ゆめつげ 畠中恵
ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)(2008/04/25)畠中 恵商品詳細を見る カバーイラストは三木謙次。カバーデザインは鈴木久美。単行本の文庫化です。 江戸...
| 粋な提案 | 2008/08/25 4:25 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS