本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「ナイロビの蜂」 | main | ゴールテープを遥か背にして >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*ナイロビの蜂

ナイロビの蜂










ストーリー
ナイロビの英国高等弁務官事務所に勤務する外交官ジャスティンのもとに、妻テッサが惨殺されたという知らせが入る。ガーデニングを趣味とし、穏やかで礼儀正しく誠実な人柄のジャスティンであったが、喪失感の中、彼女の死の真相を探るうちに、巨大製薬会社が絡む陰謀がその裏にあることに気づく。
かくてジャスティンは真相解明に取り組むが、自身の身にも危険な影が忍び寄ってくるのだった。

公開初日の今日、劇場にて鑑賞。
本編が終わっても、ずしりと重いものを飲み込んでしまったような気分のまま、タイトルバックが静かに流れていくスクリーンを見ていた。
オープニング・シーンはアフリカ最大のスラム街キベラ。電気も水道、下水道設備もない広大な街に80万もの人が住んでいるという。この場所に実際カメラが入ること事態大変なことだろう。圧倒される映像は言葉より多くのものを語ってみせる。
途中挿入される横転した車のシーン。物語冒頭ですでに主人公ジャスティンの妻テッサは亡くなっている。ここから始まる。

物静かな外交官の夫ジャスティン(レイフ・ファインズ)と、弁護士であり燃えるような正義感を持つ若き美貌の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)、演じるふたりはともに原作のイメージから外れることはなかった。本作でアカデミー賞助演女優賞受賞のレイチェル・ワイズは、情熱的なテッサを気迫のこもった演技で熱演。
ジャスティンの記憶として、時おりテッサの映像がフラッシュバックされる。テッサの化粧っけのない笑顔が美しかった。それだけにジャスティンの妻への想いがせつなく浮び上がる。
イギリスの紳士然とした姿から、静かな怒りと熱意によって陰謀を探り始めた、ジャスティンの変貌を演じてみせるレイフ・ファインズもやはり上手い。
妻の死の真相を求め失われた愛を見出そうするジャスティンの行為が、貧困を抱えるアフリカを舞台とした薬物実験と、個を圧してしまう企業論理の追求へとも繋がっていく。
映画の宣伝では夫婦の愛の奇跡を描くラブストーリーの面を強調しているように思うが、安易な感傷を受け付けない重苦しく、深い問題を抱えた映画だと思った。ジャスティンとテッサのラブストーリーとして観るとしても、愛したが故に、ふたりが共有することになる問題を見ないわけにはいかないから。

アフリカ、ロンドン、映像は空気感の違いを見事に映し出してくれる。生きることが困難な土地で、死は近しいものであるにも係らず、子供たちの笑顔は鮮烈だ。生きようとする力が溢れている。その笑顔に観ていて気持ちが揺り動かされた。
十年前の新聞の小さな記事。発展途上国と呼ばれる国における水道や下水処理の普及率など、深刻化する水問題をあげる国連の報告について書かれていた。映画の中に映し出される現状は、時が経ても何も変わっていない。

起こっていることは深刻であっても、画面に広がる自然はあくまでも美しく、サスペンスな展開もあり、また何かしら心に残る作品であると思うので、多くの人の目に触れるといいなと思った映画だった。

 原作 「THE CONSTANT GARDENER」 
    ジョン・ル・カレ
 監督 フェルナンド・メイレレス
 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ 
    ダニー・ヒューストン ユベール・クンデ  
    ビル・ナイ ピート・ポスルウェイト
 2005年 イギリス
| 映画・海外 | 23:58 | comments(4) | trackbacks(23) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:58 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
こちらの記事にもコメントとトラックバックを失礼致します。

この作品は、社会的のみならずラヴ・サスペンス的な味わいも感じられる事柄を対比させて、様々な要素をバランス良く取り入れた優れた映画であったと思います。
そして、映像や音楽も魅力的でありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
| たろ | 2006/05/16 10:52 PM |
たろさん、小説と映画両方にコメントありがとうざいます。

映像には映像でしか表現できないことってあるでしょうし、
自然の美しい映像と人間社会の底を流れる醜い部分とか、
いろんな要素が感じられる映画で、そう音楽もよかったですね。

はい、また遊びにいらして下さい〜
| 雪芽 | 2006/05/17 9:23 PM |
TBどうもでした〜♪
>多くの人の目に触れるといいなと思った映画だった。
ですね〜♪どんな感じ方でもエエけど、この映画観て欲しいと思った。何か心に残る映画でしたよね!
| はっち | 2006/05/27 1:19 PM |
はっちさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>どんな感じ方でもエエけど
そうそう、どこに視点をおくかでずいぶんと
感想も違ってくるんでしょうね。
いまもいろんな思いが浮んでは消えて。

お越し頂いてありがとうございました♪
| 雪芽 | 2006/05/28 8:38 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演 ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男 その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み 強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家です ふたりはケニア ナイロビで
| travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/05/16 8:54 PM |
スニーク試写会鑑賞 新宿明治安田生命ホールにて 〜 フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」
こんばんは。 晴れ時々曇り、昼にはにわか雨が降った土曜日です。 今日は、新宿明治安田生命ホールにて行なわれたスニーク試写会で観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER )
| ** Paradise Garage ** | 2006/05/16 9:06 PM |
試写会鑑賞 ヤマハホールにて 〜 フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」
こんばんは。 良く晴れて暖かい休日、日曜日です。 今日は、ヤマハホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ( ‘05年 イギリス ) 午
| ** Paradise Garage ** | 2006/05/16 9:07 PM |
『ナイロビの蜂』
地の果てで、やっと君に帰る。 ■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・クンデ□
| 京の昼寝〜♪ | 2006/05/16 11:24 PM |
ナイロビの蜂
 彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。
| 悠雅的生活 | 2006/05/17 2:57 PM |
サスペンスから生まれたドラマ。『ナイロビの蜂』
妻の死を切っ掛けに、彼女の足跡をたどる英国外交官の物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/05/18 12:07 AM |
ナイロビの蜂
渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。
| Akira's VOICE | 2006/05/18 3:56 PM |
ナイロビの蜂(2005/イギリス/監督:フェルナンド・メイレレス)
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ)。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサ(レイチェル・ワイズ)の行動には深く
| のら猫の日記 | 2006/05/19 12:30 AM |
映画「ナイロビの蜂」
原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ケニア・ナイロビの英国外交官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)が
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/05/19 1:37 AM |
ナイロビの蜂
なかなか見応えのある作品ではあったと思います。けれど、評判のような傑作かということになると疑問も少々...。 英国外務省の一等書記官、ジャスティンは、ナイロビの空港で、スラムの医療設備の改善に取り組む仕事の関係でロキに向かう妻のテッサを見送ります。
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/05/20 12:01 PM |
ナイロビの蜂−(映画:今年65本目)−
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ 公式サイト 評価:77点(100点満点) (ネタバレあり) さて、どのように評価したらいいのか難しい。
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/05/21 1:39 AM |
映画のご紹介(133) ナイロビの蜂
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」 「たどり着いたのは、妻の愛」 とは名キャッチだね。 原題はThe constant gardener(「いつも庭いじりしている人」みたいな
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/05/21 9:50 AM |
社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』
&#63824;『ナイロビの蜂』朝一で見てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです&#63911; (適当につけました。) 朝から見る映画ではなかった...かな&#63912; 見終わった後あまりスッキリはしません。 しかし見応えあります。 何だか久々にこ
| この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/05/21 10:42 AM |
ナイロビの蜂
★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し
| 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 | 2006/05/22 2:16 PM |
ナイロビの蜂 (米国盤DVD)
原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ゴウ先生総合ランキング: B+   画質 (ビスタ): A-/B+   音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-   英語学習用教材度: A-
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/05/22 4:51 PM |
ナイロビの蜂
 この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は
| シネクリシェ | 2006/05/25 6:19 AM |
「ナイロビの蜂」 2006-28
「ナイロビの蜂」を観てきました〜♪ 英国の在ナイロビ一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、北部の街キロへ向かう妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を空港で見送る。2日後また会えるはずだったが、彼の元に届いたのは訃報だった。彼女の死に疑問を持っ
| 観たよ〜ん〜 | 2006/05/26 6:35 AM |
「ナイロビの蜂」を見てきました。
 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。
| よしなしごと | 2006/05/31 7:30 PM |
ナイロビの蜂
THE CONSTANT GARDENER ナイロビの蜂 アカデミー、ゴールデン・グローブ、英国アカデミー、ヨーロッパ映画賞等等で、各部門で賞を獲りまくった作品。 予想以上に良かった。 当初ただの恋愛ものかと思ってたのでそれほど観る気なかったんですが、以前なんかの映画観た
| 映画とCINEMAとムービー | 2006/06/25 3:57 PM |
ナイロビの蜂DVD
第78回(2005年度)アカデミー賞4部門(脚色賞、編集賞、作曲賞、助演女優賞)に ノミネートされ、若妻役を演じたレイチェル・ワイズは初ノミネートで 最優秀助演女優賞を獲得した「ナイロビの蜂」。 ジョン・ル・カレの原作を「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・
| 噂の情報屋 | 2006/09/02 9:44 PM |
ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)
監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いている私
| Subterranean サブタレイニアン | 2006/11/21 1:05 PM |
『ナイロビの蜂』 蝶のように舞い蜂のように…
ラブストーリーだったのか…。 にしちゃ、あんーまり愛を感じなかった私は、 感受性だか何だかが、鈍ってる? 過去と現在が行ったり来たりで (よくありがちな手法だけと私はコレが苦手)、 妻が何をしたいんだか、何をしてるんだか、 全然分からなかった前半
| *モナミ* | 2006/12/09 7:26 PM |
ナイロビの蜂
話題になった作品。 DVDで鑑賞。 ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官のジャスティンは、 赴任先のアフリカのナイロビで妻のテッサと暮していた。 現地の救援活動に熱心なテッサは ある日、黒人医師アーノルドと共にロキへ向かうのだが トゥルカナ湖の南
| 映画、言いたい放題! | 2007/04/10 11:27 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS