本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「のだめカンタービレ」♯15 二ノ宮知子 | main | 「ゲド戦記輝討箸寮錣ぁ ル=グウィン >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*T38タワー・スリー・エイト


夏が来た!と久々に暑さを実感させてくれた今日のお天気。短い夏なんだからこうでなくてはいけません。最近本の虫で休みも家で読書していることが多いから、たまには人間も虫干ししなくちゃねということで外出。

写真はJRタワーの38階にある展望室からの眺め。T38、タワー・スリー・エイトと呼ぶらしい。観光スポットぽい所っていつでも行けると思うせいか、逆になかなか行く機会がないものだ。
展望室からは札幌の街並が360度のパノラマで眺望できる。ここにあるカフェは夜はバーにもなるというから、夜景を楽しみながらのお酒もいいかもしれない。今日は気持ちよいほどの夏らしい青空が広がっていて、空の青と遠くに見える山の緑が目に心地良い。絶好のT38日和だった。
「ダ・ヴィンチ・コード」の無料チケットが当たった話は前にも書いたが、今日は2回目となる鑑賞。
何故だか最初に観た時より映画を楽しめた気がする。どうしてだろう。前回は原作との違いがけっこう気になってしまったのだが、今日はそんなことは考えずに、映像の流れに没頭して観ていたから楽しめたのだろうか。

いまル・グィンのゲド戦記シリーズを読んでいる。
昨日「ゲド戦記機 ̄討箸寮錣ぁ廚鯑匹濬え、兇鯑匹濟呂瓩燭箸海蹐澄気ら靴泙任楼柄案匹鵑世海箸あるので再読になる。やっぱり面白いよ〜
ル・グィンはまずSF作品から読んでいたので、いまでもそうだけどSF作家しての認識のほうが強い。ファンタジー作品を読んだのは後になってからだ。SFとファンタジーという違いはあるにせよ、どこか内省的であるということと、綴られる言葉の美しさという点は共通しているように思う。
ゲド戦記は全6巻。6巻目が外伝になるが、内容からいうと垢茲蠕茲貌匹鵑世曚Δいいようだ。

輝討箸寮錣
兇海錣譴刃嗄
靴気い呂討療腓
元還
別巻ゲド戦記外伝
好◆璽后璽掘爾良

の順で読み進めていこうと思う。

今年はまだ読んだことのない池波正太郎の本も読んでみたいと思っている。手始めに「剣客商売」シリーズから。
池波正太郎は食べることを愛した人でもあったようで、サライ増刊「美味取り寄せ帖」に“池波正太郎が愛した味”という特集記事があったのでつい買ってしまった。春に東京へ行った時、池波正太郎文庫や彼が好んだというお店なども行ってみたかったのだけど、時間的余裕がなくて行けずに終わった。それに迷子になりそうだったし、汗、汗
でも考えてみるとまだ一冊の本も読んでいないんだよなぁ。先に本だよね。食に走っちゃいかん。
| 365分の1ーもの想う日々 | 19:45 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 19:45 | - | - | | |

♯ コメント

こんにちは。
見事な眺望ですね〜。
札幌は梅雨がないし、空気がさっぱりしているので、この時期は
一番すごしやすい季節ですね。

池波正太郎は私も好きです。
氏の食べ物の描写は誰もが認めるところなんですが、ただ
美味しそうなだけでなく、それが季節を映すために意味を持って
使われているあたりが、すごいなあと思います。

突然ですが、7月1、2日に札幌へ遊びにいくことになりました。
もし時間が合えば、雪芽さんともお話してみたいなあと思いますが、いかがでしょうか?
もしよろしかったらメールをいただけると嬉しいです。
| 空穂 | 2006/06/25 8:04 PM |
空穂さん、こんばんは。
梅雨はないんですけど、今年は雨の日が多くて。
今日も雨降ってました。
今週末はどうやら晴れみたいですよ。
札幌にいらっしゃるんですか!!(ビックリ〜)
ほんと突然です(笑)
空穂さんの予定もあるでしょうし、
まずは後程メールさせて頂きますね。
時間が合えばということで。

池波さんは小説もさることながら、
エッセイも読んでみたい方です。
すごい数の作品を残していらしゃるので、
容易には読み尽くせないでしょうね。
“季節を映すために意味を持っている”
空穂さんの言葉を早く実感してみたいな。
読むのが楽しみです!
| 雪芽 | 2006/06/27 8:41 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS