本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「剣客商売・一 剣客商売」 池波正太郎 | main | 「くろねこのうた」 田中隆尚 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「お縫い子テルミー」 栗田有起

お縫い子テルミー
お縫い子テルミー
栗田有起

本のタイトルに惹かれて買ってみた。
流しの仕立て屋テルミーの、決して交わることのない叶わぬ恋を描く表題作「お縫い子テルミー」と、小学五年生の男の子小松君が経験する夏休みをユーモラスに綴る「ABARE・DAIKO」の二編収録。
どちらの作品もよかった。まずは「お縫い子テルミー」から。
『一針入魂 お縫い子テルミー』
一針入魂ていうのがいいね、と思った。これは何かというと、主人公のテルミーが持つ名刺なのだ。流しのギター弾きならわかる。が、テルミーの本職は流しの仕立て屋。このことだけでも充分に興味をそそられる。生まれてこの方、流しの仕立て屋に出合ったことはない。

テルミーはまた、自分の枕を持ったことがないという。しかも祖母も母も同様であるらしい。三世代続く筋金入りの居候生活。
生まれついてより、転々と居候先を変えて暮らす生活で、テルミーは自分の存在を主張することではなく壁のごとく消すことを覚え、縫い子の技術を祖母に教え込まれる。そんな彼女が生まれた島を後に、十五歳で歌舞伎町を目指し、バイト先の店で女装の歌手シナイちゃんに出会うことになるのだ。運命の恋は、最悪の出会いで始まる。
出会いの時のシナイちゃんの最初と最期の捨て台詞が小気味よい。
ここに出てくるシナイちゃんはお店で女装しているが、ゲイでもおかまでもない、ということだ。シナイちゃんという人も、不思議な雰囲気を持っている男の人で、テルミーの恋の困難さは出会いからすでに約束されていたのかもしれない。そんな約束ちっとも嬉しくないか。

テルミーはシナイちゃんに激しい衝動と欲求を感じ、狂おしくせつなく恋している。でも、交わらない。ふたりの気持ちは恋愛という関係において、永遠に交わらないとわかっている。だから、毅然と、あるいは健気にとでもいおうか、シナイちゃんの情けからくる形だけの愛は拒む。ふたりの間に交わされる、短い言葉の連なりが、少しずつせつなさを増して、最後は悲しさを穏やかな波がさらっていくようだった。優しく、やさしく。

テルミー自身の世界は背景の世界だと思う。世界の主役は自分ではなく、自分という存在はあくまでも背景に過ぎない。自分の枕を持たない居候生活で培われた渡世術なのか。
ひと様のために洋服を仕立ててきたテルミーが最後にとる行動。ひとりの少女が背景から抜け出て歩き出す姿に、清々しさを感じた読後感だった。

「ABARE・DAIKO」では、十歳にしてアルバイトをしようとする男の子が出てくる。
この話も面白かった。
主人公の小松君、生まれたときから花粉症で、物語りの進行中も常に鼻水が流れ出してくるのを気にしている。なんて(鼻)水々しいことだろう。
小松君には水尾君という友達がいる。小松君がチビなのに対して、水尾くんは学校中の誰よりも背が高く、誰もが認めるかっこいい外見と、また物知りでもあった。
小松君はなにかひとつでも「小松、すげえ」と言われてみたいと思っている。水尾君がやらないこと、出来ないことはないか。いろいろ模索する。そこで夏休みを使ってのアルバイトを思いつくわけだ。
アルバイトで起こった騒動の顛末はあるが、それは別として最後が可笑しかった。ピンポンダッシュなら知っているけど、これは(笑)
小松君と水尾君のユニットがねりねりねりって、なにをするのか、書くことはやめにしておくけど、すっきりさっぱりと心地良く笑えた締めくくりだったと思う。

まな板の上を、包丁のリズミカルな音が響く。トントントンと短く、潔く。そんなことを想像した飾り気のない短い文章が、ストレートに響いてくる。初めて読んだ作家で、作者の名前には記憶がなかったけど、作品一覧の『ハミザベス』というタイトルは記憶にあった。以前からどことなく気になっていた本だった。やっと作者名とタイトルが結びついた。
今回読んだ二作品とも面白かった。文章も話の作りもかなり好き。他の作品はどうだろう。

(2006年7月7日読了)
| ■か行の作家■ | 23:20 | comments(6) | trackbacks(5) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:20 | - | - | | |

♯ コメント

>飾り気のない短い文章が、ストレートに響いてくる

そうなんです。読みやすいだけじゃなくて、不思議な設定もすんなり伝わってくるんですよ。ラストの切ないけれど清々しい感じもいいですよね〜。この本は2編ともすごく印象に残ってるし大好きです!
(小松くんと水尾くんのユニット最高! 笑)
| june | 2006/07/08 9:14 PM |
juneさん、こんばんは!
どっちがというのではなく、ふたつの作品どちらも面白かったのが嬉しいです!思いがけずっていうお得感。
「ハミザベス」も借りてきたので読んでみます。
| 雪芽 | 2006/07/10 12:40 AM |
雪芽さん、こんばんわ〜。
この本、私もつい先日買いました♪
いやはや文庫フェアって良いですね。
集英社のしおりもらって幸せ気分(笑)

それはさておき、
私もこの本は表題につられて手に取りました。
すぐに思い浮かべたのが裏庭の主人公の名前(呼び名)で、
きっと素敵な本に違いないと、そんな風に感じたんです。

読む前にレビューを拝見したら、ますます
楽しみになりました。
お盆が入るので忙しくなるのだけど、連休中に読破できたら
良いなって思ってま〜すヽ(*^^*)ノ
| littelapple | 2006/07/13 11:32 PM |
littleappleさんもこの本、すでにお手元にあるんですね。
感想が楽しみです♪
文庫フェアはオマケにつられて買ってしまいます(笑)
裏庭はまだ読んでいないんですよ。
梨木さんの本もどんどん読む予定が……
タイトルが魅力的だとつい買ってしまいますね。
そこに本との運命を感じたりするんですが。
これは赤い糸じゃなくて何色なんでしょ??
忙しくなる前にぜひぜひ読んでみて下さいね。
| 雪芽 | 2006/07/15 10:58 PM |
みなさんこのタイトルに、やっぱ惹かれるんですねー。
私もずっと頭の隅にへばりついてたように気になってたんです。
テルミーみたいに精神的に自立した女の子ってのも、惹かれるかもしれません。

「ピンポン・・・」は、私もウケたよ!
| hoy. | 2006/07/16 10:02 PM |
hoy.さん
栗田さんの作品の登場人物達って、
みんな若くても自立して生きていこうっていう、
そんな姿勢が感じられるとこがいいですね。

「ピンポン…」は思い出しても可笑しい!!
絶対できません><
| 雪芽 | 2006/07/17 6:44 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

お縫い子テルミー
お縫い子テルミー 栗田有起 流しのお縫い子って何?島で学校も行かず、祖母と母と居候をして暮らしてきた?家出をして歌舞伎町で水商売?どんな話なんだろうと、想像もつきませんでしたが、これがよかった。とにかくよかったのがテルミーのまっとうさ。シナイちゃん
| 本のある生活 | 2006/07/08 9:05 PM |
栗田有起の「お縫い子テルミー」を読む!
単行本表紙 一昨日、朝刊を開いたら「ナツイチ」と称して集英社文庫の広告が載っていました。「好きな本を一冊作ろう。ナツイチ。夏の一冊。集英社文庫。」全国の参加書店でフェア実施中!とあります。キャラクターには蒼井優を配したキャンペーンのようです。って
| とんとん・にっき | 2006/07/14 11:49 AM |
お縫い子テルミー 栗田有起
なんとなく不思議ちゃん系タイトルに心惹かれてた本。 文庫になったのを機会に買ってみた。 状況設定とかキャラクターの作り方はかなり奇抜で楽しい。 だけれどもこれは、本質的には15歳の少女テルミーが、恋をして、プロとして自立して、自分の立ち位置を確立する、
| ふくらはぎの誘惑曲線PART | 2006/07/16 10:02 PM |
お縫い子テルミー
ありそうででなかったこんな職業。 ちょっとの非現実さが、この小説のスパイス。 依頼主の家に住み込み、服を仕立てる 「流しのお縫い子」として生きる、テルミーこと照美。 生まれ育った島をあとにして歌舞伎町を目
| ハジけて学べ! | 2006/10/09 1:20 PM |
栗田有起【お縫い子テルミー】
島育ちのテルミーが東京で流しの仕立て屋を始めたのは、シナイちゃんのおかげだ。ついこの間までシナイちゃんの部屋に居候していたが、彼への恋心を抑えられなくなって逃げ出した。...
| ぱんどらの本箱 | 2007/09/28 1:21 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS