本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「ハミザベス」 栗田有起 | main | 「天使の梯子」 村山由佳 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「天使の卵ーエンジェルス・エッグ」 村山由佳

天使の卵―エンジェルス・エッグ
天使の卵―エンジェルス・エッグ
村山 由佳
せつない恋愛小説が読みたい。といって恋愛小説を読んだからせつない気持ちになるかというとそうとは限らない。
この本はいつもお世話になっているやぎっちょさんの“やぎっちょ”のベストブックde幸せ読書!!で、☆4つを獲得したということもあり読んでみた。

19歳の予備校生歩太(アユタ)と、高校時代のガールフレンド夏姫(ナツキ)の姉で8つ年上の精神科医春妃(ハルヒ)との、止めようにも止めることのできない、一途でせつない純愛を描いた作品。

年上だけど春の光のように脆く儚い印象の春妃と、十代の青さとひたむきさを見せながら、年齢に似合わない大人びた雰囲気もあわせ持つ歩太、ふたりの不器用さがこの純愛を際立たせているように思う。
両腕の中に止めておきたい大事なものはいつも失われる。失ったことを悲しむ思いと、喪失を過去に押し流し生きていこうとする人間の本能を持つ自分がいる。心の狭間の上で寄り添い愛し合う歩太と春妃の、なにものにも変えられない愛の形を優しくせつなさを滲ませて描いている。
報われることが叶わない春妃への想いを一途にする歩太も、妹夏姫の歩太への恋心と自分の想いに揺れる春妃もともにせつないことは確かだ。だけど、読んでいるとどうしても夏姫のせつなさのほうがいっそう沁みてくるようで、それもあってかふたりのせつないはずの恋愛描写には、深く感情移入するまでに至らなかった。せつないにはせつないんだけどね〜
ラストはえ〜〜!な急展開で、これはどうなんでしょう。
ふたりの恋愛にこういう結末を与えるとは思ってもみなかったのでちょっと驚き。純愛を純愛のまま美しく永久保存されると、それに係った人間は堪らないでしょうに。

春妃は女性としてのかわいさをすごく感じさせる人で、色香というよりかわいさなんですよまさに。同性の自分が言うのもなんだけど、守ってあげたくなるような(笑)
「夏への扉」とかジョン・アーヴィング、本の趣味も合う。だけどやっぱり夏姫に気持ちはいってしまうのだよね。より報われない恋心のほうがせつないもの。

(2006年7月16日読了)
| 村山由佳 | 17:50 | comments(8) | trackbacks(6) | | |

*スポンサーサイト

| - | 17:50 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さんこんばんは〜。
わーと思ったら「天子の梯子」まで。は、速いっ。この本よりも天使の梯子の方がよろしかったようですね。
いつも切ない系を読むと思うんですけど、切ないタイミングを取れるかどうかって人によって違いますよね〜。
あっちきは夏姫のことほとんど無視状態だったので、それが切ないモードに入れたのかもしれません。。。
ひとつの感情としても「切ない」って難しいですもんね。

早く梯子のほうを読まねば・・・。
読んでくださってありがとうございました!
| やぎっちょ | 2006/07/17 8:10 PM |
やぎっちょさん、こんばんは〜
なんだかいっきに読んでしまいました。
どこにせつなさを感じるかは、
それぞれ微妙にツボが違うのでしょうね。
理解はできるけど、19歳の歩太には魅力を感じませんでした。
続編のほうの歩太は好きなんですけどね。
それは年齢の問題ではなく。

ほとんど無視状態の夏姫が中心になる続編、
やぎっちょさんは逆にどんな感想を抱くのかなと、
気になります。
| 雪芽 | 2006/07/17 10:20 PM |
ますます梯子楽しみです!!
ところで、リンク集のページを作ったので、文章など一応チェックしてもらえますか?
よろしくお願いします★
http://blog.livedoor.jp/bestbooks/archives/50517687.html
| やぎっちょ | 2006/07/17 11:04 PM |
この本を初めて読んだときはなぜそんなに惨たらしい結末を用意してしまうんだろうと思ったものでした。
数年して梯子が出版され彼らの10年後を見たときようやくその思いが消えていきました。
この本は本当に2冊で1冊なんだと思います。
| たまねぎ | 2006/07/18 5:38 AM |
たまねぎさん、こんばんは。
TBとコメントありがとうございます。
昨日TBエラーだったのでダメだと思っていたら、
ちゃんとTBされていたのですね。
お越し頂きありがとうございます。

>この本は本当に2冊で1冊なんだと
同じことを2冊読み終えた時に感じました。
続編を読んでみて、改めて「天使の卵」を振り返ってみたい気持ちになって。
自分の中でもいっきに10年の歳月が流れたような気分でした。
| 雪芽 | 2006/07/18 10:29 PM |
やぎっちょさん、先ほど伺ってあちのほうにコメントしておきました。
ありがとうございます!
| 雪芽 | 2006/07/18 10:40 PM |
こんばんわ〜 
遊びにお邪魔したら、天使の卵を発見♪

自分は思いきり主人公に嫉妬したような(爆)。
ただ、ここまで純愛を貫くことができるのも
雪芽さんがおっしゃるように、関係者は堪えられないけど、
本人たちは幸せなのかも〜なんて。 

TBさせていただきます。
よろしくお願いします。

追伸★

今日はお願いがあってお邪魔しました。
なのに、遊んでたり( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
本屋さんバトンをいただいたのですが、
お時間のあるときに覗いてみて下さいね。
ちゃっかり、バトンを回させていただきました♪
もし、よろしければ、ですけれど。
| littleapple | 2006/07/27 9:48 PM |
littleappleさん、こんばんは!
最近更新怠っておりました。
読む気は満々なんですが、人はそれだけでは生きられない、とかなんとか^^;
コメントありがとうございます。後程TBしにお邪魔しますね。

本屋さんバトン受け取りました!
本に関することなら大歓迎です。
とくに最近本熱がぶり返してきてますもん。
さっそく考えてみますね〜
| 雪芽 | 2006/07/29 7:54 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

天使の卵 村山由佳
天使の卵―エンジェルス・エッグ ■やぎっちょコメント あー、やばかったぁ。 涙ちょちょぎれるところでした!! 久々に感じた完全恋愛モノ。今年の秋に映画化されるそうなので、ゼッタイ見に行こうと固く心に誓うのであった。 村山由佳さん初読みなんです。 以
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/07/17 8:12 PM |
天使の卵  村山由佳
この人の恋愛小説、特に初期の作品を読んでいると どうしてここまで相手を求めてしまうのかと思う 愛する思いが強すぎる為に逆に相手を傷つけてしまう それが分かっていてもなお焦がれてしまう それが人を好きになるということだと言われればそれまでなのだが たと
| 今更なんですがの本の話 | 2006/07/18 5:22 AM |
「天使の卵 エンジェルス・エッグ」
初めて読んだ村山さんの小説すばる新人賞受賞作品です。 村山さんの本で他に読みたい本はいくつかあったのですが、なかなか読む機会がなくてこれが初になりました。 『19歳になろうとしている予備校生の歩太が、精神に障害をきたした父親が入院する病院に見舞いに
| BOOKCASE | 2006/07/19 10:15 AM |
天使の卵
恋愛の最終形は、結婚か別離。 そんな風に思い込んでいた自分の考えを 払拭したのが、この、村山由佳さんによって 書かれた「天使の卵」 なんて、自分は浅はかなのでしょう どんな形になっても、相手を想い続けて
| 備 忘 録 | 2006/07/27 9:51 PM |
『天使の卵』村山由佳
シェアブログ1152に投稿 こういう『切ない系』は最後に何かあると踏んでいましたが… うう…(言葉にならない) あまりの衝撃でこの涙腺の弱い私が、一滴の涙も流せませんでした。 それくらい、切ない。 しかしそんな切なさ
| 道草読書のススメ | 2007/05/18 11:09 PM |
「天使の卵/エンジェルス・エッグ」村山由佳著、再び読んでみました。
「天使の卵/エンジェルス・エッグ」村山由佳著、再び読んでみました。昨年の10月後半この作品が「市原隼人」「小西真奈美」出演で映画化され、さらに著者である「村山由佳」が続編の「天使の梯子」を発表し、にわかに「天子の卵」が注目されていたので、図書館に予約
| GOCCIの男を磨く旅(笑) | 2007/06/10 6:13 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS