本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「天使の卵ーエンジェルス・エッグ」 村山由佳 | main | 「古王国記汽汽屮螢┘襦〔蹴Δ糧癲彎紂Σ次.ース・ニクス >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「天使の梯子」 村山由佳

天使の梯子
天使の梯子
村山 由佳
「天使の卵」が1994年の作品で、ちょうど10年後の2004年に出版されたのが続編にあたる本書「天使の梯子」だ。10年という年月の経過と同じくして、19歳だった歩太と夏姫の10年後、29歳のふたりが描かれている。

予想外のラストで終わった「天使の卵」だった。人気を得た作品の続編を書くのは難しいことだと思う。本書はその後の作者の作家としての充実と力量があってこそ生まれた作品だと思った。こんなことを思ったのは、他の作品を読んだことがなく、デビュー作と10年後の続編をいっきに読んだせいなのだろう。
書き続けることってすごいことなんだと正直思った。
「天使の卵」には若い感性の魅力、「天使の梯子」には月の光に浮ぶ陰影を思わせる深さを感じた。
せつない恋愛小説が読みたい。「天使の梯子」は思い切りせつなく泣けた。
続編の中心となるのは夏姫と8歳年下の慎一の恋の話。
姉春妃と歩太が経験した恋愛と同じ立場になってみて、戸惑いながらも初めて夏姫はふたりが抱いた感情を理解する。
夏姫、慎一、歩太、恋する者達が織り成す感情のもつれが、最後に静かに降り注ぐ月の光と桜の花びらの下で解放されていくあたりが、それはもうせつなくてせつない。
10年後の歩太もすっかり青臭さが抜けて、魅力的な男として描かれている。料理の腕に磨きがかかっているのもいい。まったく話には関係ないが(笑)

<誰に何を言われても消えない後悔なら、自分で一生抱えていくしかないのよ>
夏姫のこの言葉が印象的だった。

「天使の卵」は文庫を購入。でも、読む前に「天使の梯子」を図書館で借りておいてよかった。「天使の卵」を読み終わった後に残ったひっかかりが、「天使の梯子」で解消され、せつないけれど心地良い涙で浄化された感じだ。

「天使の卵」は映画化されて秋に公開だそうだけど、歩太はちょっと違うかなぁ。「天使の梯子」を読むとなお思う。身体だけは大人ながっしりとした大きな体躯と、十代の若者らしいひたむきな感情といった両者のアンバランスが歩太だと思える。まあ、映画は映画。ちょっと観てみようかなと気になっている。

(2006年7月17日読了)
| 村山由佳 | 18:20 | comments(4) | trackbacks(4) | | |

*スポンサーサイト

| - | 18:20 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さんこちらでは初めまして。
この作品、「天使の卵」「天使の梯子」両方読まないと完結しませんよね。
歩太も辛かったけど夏妃だって辛かったんですから。

映画化に関する歩太のイメージは雪芽さんと同じなのでちょっと残念です。でもどうやって歩太を演じるかも逆に気になります。

| 琉歌 | 2006/07/19 10:51 AM |
琉歌さんがやぎっちょさんにお薦めして下さったおかげで、
素通りだった村山さんの作品を読むきっかけになりました。
これは本のドミノ法則、または風が吹くと桶屋がなんとやらで、
桶屋の法則というとか言わないとか(絶対言わない)

映画は配役のイメージが違うので逆に気になりますね。
よい意味で裏切られることを期待してしまいます。
これからもどうぞよろしく!

| 雪芽 | 2006/07/20 9:54 PM |
雪芽さん
切なかったです。やはり二冊で一冊という感じがしましたね。あ〜感無量でなんともいえない。とりあえずブログUPしましたので良ければ読んでくださいね。
こういう系になんかとても弱いようなんです・・・。(実際にはびやーっとかは泣いてないですけどね♪ウルッくらいでしょうか)
| やぎっちょ | 2006/08/04 2:14 PM |
やぎっちょさん
読んできました〜
自分のせつなさのツボにくる作品に出会えると、
読んでいて悲しい想いの反面、嬉しくなります。
こんなのが読みたかったのよ!という喜びがわぁ〜っと。
やぎっちょさんをウルッとじゃなくて、
深い深い涙の海に溺れさせるのはなかなか難しそう。
☆五つと涙の量は必ずしも比例しないでしょうし。
| 雪芽 | 2006/08/05 11:08 AM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

「天使の梯子」
「天使の卵」の続編小説。 10年後の歩太と夏姫が書かれています。 出た時はすぐに続編だと思えなくてでも気になってた本。 再編集かと思ってたらやっぱりそうじゃないとわかってものすごく読みたくなった本です。 『過去春妃と歩太が惹かれあったように、29歳
| BOOKCASE | 2006/07/19 10:39 AM |
天使の梯子 村山由佳
天使の梯子 ■やぎっちょコメント ええ。聞いていましたとも。 天使の卵の続編だと。 2冊で全てが完結すると。 2つ合わせて切ないと。親切なブロガーさんたちが教えてくれましたとも。   びやゃーーーーー(涙) もうね、あれです。 最初を読んだだけ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/08/04 1:55 PM |
村山由佳『天使の梯子』集英社文庫
『天使の卵』の10年後を描いた作品。ドラマを先に観てから本書を読んだが、この順番は完全に失敗だった。特徴のありすぎる「フルチン」の顔がちらついて、読んでいて集中できなかった。ただ、小説の出来としてはやはりよかった。前作の終わり方がせつなすぎて、どう
| 活字の宇宙へと | 2007/12/30 4:26 PM |
村山由佳 「天使の梯子」 
「天使の卵−エンジェル・エッグ」を読んだのは、大分前なのでストーリーは、すっかり忘れていましたね。でも、前作が分らなくても楽しめましたよ。
| ゼロから | 2008/08/18 6:16 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS