本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 8月の読書計画 | main | 「θは遊んでくれたよ」 森 博嗣 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん
東京のはずれにある“まほろ市”の駅前で、便利屋を営む多田啓介のもとには、代理見舞いからバスの運行調査に子供の送迎と雑多な依頼が飛び込んでくる。飛び込んでくるのはなにも仕事ばかりではなかった、人間までもが。
偶然の再会が縁で居つくようになってしまった高校時代の同級生行天。多田と行天のコンビと、ふたりを取り巻くまほろの人々とが織り成す、可笑しくも哀しくせつない便利屋物語。第135回直木賞受賞。

ハードカバーの本は極力買わないよう心がけているつもりだ。これが癖になると、本代が際限ないことになる。本書はソフトカバーだった。(値段は充分ハードカバー、つまりは自分に言い訳)加えて表紙の林檎が艶やかで美味しそうだったのでね。林檎に惑わされ、禁断の果実に手を伸ばしてしまったということ。
便利屋稼業は地域に密着した仕事といえるのではないだろうか。まほろ駅前に店を構える多田便利軒であるからして、物語に登場するのはまほろ市に住む街の人達が中心になる。中にはかなり怪しいような、危ないような人間もいて、多田達の便利屋稼業も安穏とはいかなかったりする。人と触れる仕事であるから、そこには人情の機微に触れることも、世俗のやっかい事に振り回されることも起こる。
多田が過去に傷持つ男だとすれば、行天も見える傷と隠された傷を持つ男だ。見える傷はふたりの高校時代の出来事に関係があった。
過去に傷を持つ男ふたりが、何の因果か一緒にいる。ある意味むさくるしい。そこがいいのかもしれないけど。
高校時代から自他共に認める変人ぶりの行天。いや、本人は変人とも普通とも思っていないかもしれない。行天のキャラは飛び抜けて壊れている。猫のように無口で我関せずかと思えば、虎のように凶暴、かと思えば捨て犬ようで見捨てておけない気がしてくる。つまりは掴みどころがない。多田にいわせると顔だけはいいそうだ。確かに本文中にあるイラストもいい男風になっている(笑)
連作短篇のかたちをとっていて読み易く、読みながらクスリと笑えるところがいい。それでいてちゃんとひとつのエピソードごとに落としどころもある。
全体として見え隠れしているのは親子関係に対する問いではないか。

「与えられなかったものを、今度はちゃんと望んだ形で、おまえはだれかに与えることができるんだ」

自分ひとりではみえてこないことがある。多田にとっては行天がいたから、行天にとっては、行天はどうして多田のところに居ついたんだろう。行天はやはり謎だ。いや変人だ(笑)

面白い話は、とくに面白いキャラが出てくる話は続編が読みたいと思うものだ。シリーズ化してくれることを期待したりする。本書はどうだろう。面白くは読めたけど、同じ変人でも先頃読んだ『チーム・バチスタの栄光』に登場した白鳥に対するような、熱望する気持ちは沸かなかった。それでももちろん続編が出れば読みたい。そんなところ。
同じ作者のエッセー集『人生劇場』が文庫新刊として出ていたので購入済。この作者のエッセーは可笑しい、笑える。小説、エッセー問わず、他のも読んでみたい気にさせられた。

(2006年7月30日読了)
| 三浦しをん | 21:47 | comments(10) | trackbacks(11) | | |

*スポンサーサイト

| - | 21:47 | - | - | | |

♯ コメント

TBさせていただきました。
ちょっと感想は違うようですが・・・・。
| タウム | 2006/08/31 10:47 PM |
タウムさん
TB,コメントありがとうございます。
しをんさんの作品は初めてだったので、
白紙の状態で読みました。
タウムさんは少し物足りなかった感じでしょうか?
次回作に期待ですね。
また、いらしてくださいませ。
| 雪芽 | 2006/09/03 8:10 PM |
雪芽さん、こんばんわ。
ようやく手に取りました。

ここにも新しいキャラがいましたねぇ。
なぜかヒトに好かれる、変人・行天!
その辺りを長編にして、探って欲しいものです。

大都会の話じゃない分、おとなし目の本でした。
| juzji | 2006/10/21 8:23 PM |
juzjiさん、読まれたんですね〜
行天は味方にするならいいけど、敵に回したくないタイプで、変人好きの(?)私でもちょっと考えます(笑)
謎の多い行天を掘り下げてみるのも面白そうですね。
| 雪芽 | 2006/10/21 11:07 PM |
こんばんは。
シリーズ化なりやすい物語ですね、便利屋を利用する人たちのことと、多田・行天、二人の謎ももっとわかるでしょうね。
多田と言う名前、行天という名前がしをんさんらしい発想・感じだと思ってしまいました。
| モンガ | 2006/11/03 11:11 PM |
モンガさん、こんばんは!
まだ謎の多い二人なのでもっと知りたい気がしますね。
多田と行天の名前、しをんさんらしい、とは初心者の私には見抜けませんでした。
もっとしをんさんの作品を読んでみなくては。
| 雪芽 | 2006/11/04 11:53 PM |
行天の変人ぶりは、なかなか魅力的で憎めなくてよかったです。行天だけだと白鳥にはかないませんが、多田との間の微妙な距離とか空気がすごくよかったなぁと思います。
多田と行天ってしをんさんらしいのですね。よくわからないのですが、深い意味があるのでしょうか。多田というのはただの人って感じで、行天は仰天するから来てたりして(変換の時に出てきて笑ってしまったのです)、なんて思っちゃったんですが・・。
| june | 2006/11/19 11:31 PM |
juneさん、こんばんは。
いくら行天でもあの白鳥にはちょっと敵わないですね。白鳥最強!か?
多田と行天はこの微妙さだからいいのでしょうね。あまりBL色が強くなり過ぎると、読む人が限定されそうです。
多田→ただの人
行天→仰天する人
きゃ〜、juneさんそうかも!!気がつかなかったですよ。そう考えるととっても二人の性格を表わしているし、もの凄く笑えますね。面白い〜
| 雪芽 | 2006/11/19 11:50 PM |
雪芽さん おはようございます
男はねえ〜 寂しがり屋なのですよ〜 とでも言いたくなるような作品でした。男の弱さ、男の優しさ、そんなものに触れることの出来る作品だったと思います。でもそれを描いたのは女性だったのですねえ〜 笑
| yori | 2008/02/17 11:10 AM |
yoriさん、こんばんは。
男は寂しがり屋、ああそうかもしれませんね。
寂しがり屋のひとり好きという男とか、ちょっと愛おしく思えてしまいます。
男の弱さ優しさ、見事に描いてしまうしをんさん、女性でした(笑)女心を上手く描く男性作家もいるし、これはその逆ですね。
| 雪芽 | 2008/02/17 11:40 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

妄想キャスティング――三浦しをん【まほろ駅前多田便利軒】
これはもう妄想読書人ぱんどらのためにあるような小説。脳内DVDぐるんぐるん。 なんでも請け負う「便利屋さん」の話。「便利軒」だからといってラーメン屋ではない。探偵とは違うので、ものすごい大事件は起こらない。
| ぱんどら日記 | 2006/08/22 11:29 AM |
まほろ駅前多田便利軒
BL小説が直木賞を受賞? としか腐女子には思えないだろう。 東京のはずれに位置する“まほろ市”。 この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。 今日の依頼人は何をもちこんでくるのか。 痛快無比。開巷有益。やがて切な
| ハジけて学べ! | 2006/08/25 10:37 PM |
便利屋と居候  三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」
森絵都さんと一緒に直木賞を受賞した著者。 今日はその受賞作の感想です。 三浦しをん著 「まほろ駅前多田便利軒」 まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん (2006/03)文藝春秋この商品の詳細を見る 自分より年下の作家
| 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 | 2006/08/31 10:47 PM |
【まほろ駅前多田便利軒】 三浦 しをん 著
便利屋・多田のところに転がり込む、同級生の行天。 二人が織りなす青春記を、時に「拳」で、「笑」で、「涙」で… という本ではありません。 《東京のはずれに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。今日の依頼人は何をもちこんでく
| じゅずじの旦那 | 2006/10/21 8:33 PM |
三浦しをんと森絵都の小説
(添付写真は三浦しをんさん) 以前にもエントリーしましたが、今夏発表された第135回の直木賞は、伊坂幸太郎が受賞して欲しいと思っていました。候補に挙がるのも5回目だし、もうそろそろあげても良い頃でしょう、と。伊坂氏は当方と同世代の若手作家ですが、それ
| 香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎 | 2006/10/22 12:55 AM |
まほろ駅前多田便利軒  三浦 しをん
まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん  273 ★★★★☆  【まほろ駅前多田便利軒】 三浦 しをん 著  文藝春秋  直木賞受賞作  《まほろ駅、わたしも日曜日の午後に行ってます》  内容(「BOOK」データベースより) 東京のはずれに位置する“まほ
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/11/01 1:00 AM |
「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒 しをんさんの小説は2冊しか読んでないんですが、硬質で端整、きれいだなと思うんですが、ちょっと乗り切れない・・というところがあったのです。エッセイのおもしろさと比べてしまうからでしょうか。そこへいくと、これはおもしろかったです。
| 本のある生活 | 2006/11/19 11:31 PM |
三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」を読む!
三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」は、第135回直木賞受賞作です。直木賞発表時に、2006年9月号の「オール讀物」誌上でその一部を読みました。「オール讀物」の都合上、「まほろ駅前多田便利軒」は6篇中2篇が掲載されていたものでしたが、今回、ブックオフで購入して
| とんとん・にっき | 2007/05/23 5:52 PM |
「まほろ駅前多田便利軒」/三浦しをん
 まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん著(文藝春秋刊)    久しぶりに面白い本に出会った。 かみさんが買って来て少し読ませてもらって、面白くて先に読み終えてしまいました(笑) 実はこれ、直木賞受賞作だったんですね。 本を選ぶのにあまり肩書きには
| 京の昼寝〜♪ | 2008/02/14 12:18 PM |
ざらついた質感
三浦しをんさんの 「風が強く吹いている」読んで、 とても良かったので、 他の作品も読んでみたいと思って、 直木賞受賞作でもある 「まほろ駅前多田便利軒」を読んでみた。 意外だった。 と言っても実は私の誠に勝手な思い込みなのだが、 タイトルと表紙から
| 活字の砂漠で溺れたい | 2008/02/17 10:44 AM |
三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」
「愛情というのは与えるものではなく、愛したいと感じる気持ちを、相手からもらうことをいうのだと」 「不幸だけど満足ってことはあっても、公開しながら幸福だということはないと思う」                                     
| ::ゆうりの煌めき日記:: | 2008/08/19 9:29 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS