本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん | main | 「安徳天皇漂海記」 宇月原晴明 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「θは遊んでくれたよ」 森 博嗣

Θ(シータ)は遊んでくれたよ
Θ(シータ)は遊んでくれたよ
飛び降り自殺とされた男性死体の額には「θ」と描かれていた。半月後には手のひらに同じマークのある女性の死体が。さらに、その後発見された複数の転落死体に印されていた「θ」。自殺?連続殺人?「θ」の意味するものは?N大病院に勤める旧友、反町愛から事件の情報を得た西之園萌絵らの推理は…。好調Gシリーズ第2弾。

第1弾が肩透かしだったので、それ以降は買うのを止めてしまったGシリーズ。ただ、最初は新シリーズの登場キャラや背景を読者にお披露目という意味合いもあるだろうしと、少しは期待しながら第2弾を読んでみた。

うーん。いきなりうーんもないわけだが、最初とはうって変わっていきなり面白くなる、なんて展開にはやはりならない。
飛び降り自殺とされた複数の死体には、口紅でθ(シータ)の文字が記されていた。ひとつ目は単なる奇妙な違和感。ふたつ目は偶然か。みっつ目、よっつ目と重なると、そこに謎が生まれる。なぜθが?

θを巡る謎は解かれてしまえば、それほどの複雑でもなく、θの謎に否応なく、あるいは偶然の引き合わせから、あるいは好奇心によって係りを持つ登場人物達の、キャラ要素を楽しむ話なんじゃないかという気がしてくる。ミステリー展開のために萌絵や海月君たちがいるというより、主要キャラに光をあてるためにθの謎があるというふうな。
S&Mシリーズはトリックもキャラもどちらも楽しめたが、Gシリーズはキャラだけで楽しむにも、自分の好みからいうとちと弱い。萌絵や犀川助教授(ここでは脇役的存在であり、TVドラマとかで見かける特別出演のような位置か)に変わる学生3人、噛み合わない会話にそれぞれの個性の違いは出ているが、時々加部谷さんのお喋りを30%削減して、海月君はせめて眠り狂四郎もどきの無口さから、2割ほど脱却してくれないかなと思うことがある。とくに海月君はあまりに存在感が希薄なものだから、ほんとに人間海をぼ〜っと漂っているクラゲのようなんだよ。
最後のほうで意外な名前が出てきて、もしやこのシリーズの裏には隠された謎があるのかと考えたが、さてどうなんだろう。

(2006年8月1日読了)
| 森 博嗣 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:26 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS