本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 着々と、ちゃくちゃくと | main | 「家守綺譚」 梨木香歩 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「レインツリーの国」 有川 浩

レインツリーの国
レインツリーの国
有川 浩
関西から東京の会社へ就職、3年が過ぎ仕事にも慣れた頃、向坂伸行はネットである本のタイトルを検索してみる。中学生の頃に読んだライトノベルシリーズで、衝撃を受けたラストを他の人はどう受け止めたのだろうという、ふとした思いつきからだった。
検索で辿り着いたのは「レインツリーの国」というブログ。探し求めていた本の感想を読んだ伸行は、管理人のひとみにメールを送る。打てば響くようなメールの交換が続き、伸行はひとみに会いたいと強く願うようになる。直接会って話がしてみたい。
ところがひとみはその提案を頑なに拒む。実は拒むにはある理由があったのだが…

「図書館内乱」に登場する本「レインツリーの国」が実際の本となって出版された。出版社の枠を越えた本のコラボだ。しかも有川浩が得意とするところの飛び道具なしの青春恋愛小説。図書館シリーズでも恋愛要素はたっぷりあったが、ラブコメ色が色濃かったので、恋愛小説との真っ向勝負となるとちょっと想像がつかなかった。
ところがである。これほど泣かされるとは思いもしなかった。
ホロリ?いやいやまだまだ。
はらはらと流れ落ちる?もうちょい。
それはもうボロボロと泣けたのである。

会ったこともなく、もちろん顔も知らない相手なのにメール交換が楽しくて仕方ない。普段なら口にしないはずの言葉も恥ずかしげもなく書けてしまう。読んでいるとふたりの弾むような気持ちが手に取るように伝わってくる。このワクワク感はわかるなぁ。
相手の顔色を伺うこともない、肌の温もりに触れることもない、匂いも、耳に届く声の響きもない、文字だけがふたりを繋いでいる。メールは五感のうち視覚のみに一点集中した繋がりだ。そのことが親密さを生みやすくしているのかもしれない。
伸行の働きかけから、ふたりの関係がネット上でのみ相対するという境界線を越えようとした時、大きな障壁にぶつかることになる。
恋愛小説であるが、男と女が向き合うというだけでなしに、深く考えさせられる問題を突きつけられた感がある。無知から気づかずにいたことも多い。この本を読んで、気づかずに傷つけてしまうことがあるのだということ、その痛みに改めて思い至る。
伸行が使う関西弁の軽妙さがあるので印象としては少し軽減されているように感じるが、内容としてはかなり重いといえる。途中ど〜んと重くじれったく苦しいからこそ、ラストでの決断と行動が生きるのだと思った。
簡単に越えていける問題ではない。その難しさも書かれている。それでも前へ踏み出そうとする一歩の力強さがいい。

「図書館内乱」の読者であるならひとみが会うのを拒む理由がわかると思うが、未読でこの本を先に読む読者の方には、理由を知って読む際の興が削がれるといけないので、これから先はどうぞ読まないように。以下はネタバレにつき注意!
ふたりを結びつける忘れられない本『ファアリーゲーム』について、最初に粗筋が出てくる。謎の組織に追われるヒロインと助けようと奮闘する男の子たち。最後にヒロインが取った行動に対しての伸行とひとみの感想の違い、これが伏線となるのはすぐに読める。「図書館内乱」で聴覚障害を持つ女の子の話であることは知っている。恋愛するうえでふたりが聴覚障害とどう向き合っていくのか、ストーリーの進む方向は決まっている。すでにここで先の困難な展開が予感されて辛い感情が滲み出す。

妬む心、僻む心、諦め、裏に潜む甘えも斟酌せずに、しかしその心理過程を丁寧に登場人物達に語らせている。
迷い戸惑いつつもひとみと向き合おうとする伸行の気持ちがリアルだった。自分がひとみのどこに惹かれたのか、結局最後まで見失わなかったところなんか、実にいい男に描かれているじゃないか。

父に忘れられた存在というトラウマをひとみにぶちまけてしまう伸行だったけど、この4章全体が一番心揺らぎ、心動いたといってもいい。
明るくなんでもきちんと割り切りをみせている伸行でも、心に棘を抱えている。自分に対する棘、血を流すのは他ならぬ自分自身。痛みの大きさは他人が推し量れるものではない。ましてや他人に痛みを晒そうとしない者が抱える棘は気づくこともない。けれどふとした拍子に、それは何気ない日常の会話かもしれないが、痛みに触れてしまうことだってあるだろう。なのに気づかずにいるんだろうな自分も。
この物語では聴覚障害を扱っている。けれど、そのことに留まらず、もっと広く人が持つ痛みにまで視点が届いていることで、より深く心に突き刺さった。

タイトルからしてもうちょっと甘い話なのかと想像していたのに、予想は大ハズレ。「図書館内乱」とのコラボ本だが、独立した1冊の本として充分魅力的だと思う。さらに合わせて読むならもっと楽しめることは間違いない。
最初、関西弁を文字で追っていくのは読み慣れなくて、う〜んと思ったが、展開が重くなるにつれ、逆に言葉の響きに救われた。
それにしても泣きながら読むのは疲れましたわ。

(2006年10月15日読了)
| 有川 浩 | 22:31 | comments(18) | trackbacks(12) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:31 | - | - | | |

♯ コメント

ぬー。「続き」が読めない。。。読んだらまた来ますね〜♪
| やぎっちょ | 2006/10/15 11:01 PM |
あー、やぎっちょさん、行ってしまった。
近々購入予定でしたよね。
読んだらまたいらして下さいね。
お待ちしておりますよ〜
| 雪芽 | 2006/10/15 11:26 PM |
雪芽さん、こんばんは!
ああ〜雪芽さんのレビュー拝見してまた思いが溢れてきました。
何とも表現のし辛い感情が広がっていきます。
切ないとも違うような、でも悲しくはない。
伸行のひとみへの思いが強くて、私にはもうそれだけで
眩しいのですが、ホントいい男ですよね〜。
二人の真面目で真っ直ぐで真摯な思いがぶつかるさまは
ただただ圧倒されていました。
読んで良かった…心からそう感謝する作品でした。
| リサ | 2006/10/16 11:19 PM |
リサさん、こんばんは〜

>切ないとも違うような、でも悲しくはない。
ああ、そうなんです、まさにそれ。
感想を書く時、この気持ちをどう書けばいいのって、
考えてしまいました。
涙は出るけど、悲しいからじゃないんですよね。
リサさんの言葉でわかった気がします。
いま自分の感想を読み返してみると、
ひとみの気持ちに対してなんにも書いてない、あら^^;
伸行もひとみもお互いに自分の気持ちにも真摯だし、
相手を思う気持ちが強いからこそ、
レインツリーの国に辿り着けたんでしょうね。
出会えてよかったな〜、と思える本でした。
| 雪芽 | 2006/10/17 11:27 PM |
こんばんは!
読みました〜
私も涙が出てしまいました。
ブログの記事をきっかけにした出会いというのが、読書ブログをやっている私にはツボだったのですが、
実際に会った二人が相手のことを思いつつも上手くいかないもどかしさや、辛さなどが伝わってきました
ほんとに良い本でした。
順番が逆になっちゃいましたが、「図書館戦争」と「図書館内乱」これから読みます。

| エビノート | 2006/10/21 10:54 PM |
エピノートさん、読んだんですね〜
やっぱり泣けました?そうでしょ、そうでしょ。
こうしてブログをやっていて、それがご縁で繋がっていくのは、ブロガーにとって身近なネタですものね。
二人の繋がり方が読んでいていまどき感ありでした。
図書館シリーズはいいですよ。
燃えるし、萌え〜、ます。
| 雪芽 | 2006/10/21 11:17 PM |
雪芽さん、こんにちは。
泣けました〜。
簡単に越えていけないデリケートな問題を挟んだ
ふたりの気持ちが伝わってきました。
聴覚障害と向き合い、困難を突き破ろうとする
伸行の言動が、心に沁みる純愛物語でしたね。

宮部みゆきさんの「名もなき毒」
五十嵐貴久さんの「パパとムスメの7日間」
三浦しをんさんの「風が強く吹いている」
などアップしました。
読まれたらお気軽にどうぞ。

リンク登録ありがとうございます。
私のブログリストにも、登録させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

| 藍色 | 2006/10/23 3:17 PM |
藍色さん、こんばんは。
涙した方がまたひとり。
いったいどれだけの人に涙を流させるんでしょう。

三浦しをんさんの「風が強く吹いている」に心が動いているところです。
箱根駅伝はよく見ていたので燃えるかな〜と思って。
ブログはちょくちょく立ち寄らせて頂いていますが、
TB、コメントと足跡も残したいと思っているので、
こちらこそよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2006/10/23 9:16 PM |
こんにちは〜。
やっと読みました!!
今思い返してみるに、「図書館戦争のノリのよさはないんでしょ。恋愛にチャレンジしたのはいいけど、本当におもしろいのかなぁ」という心の暗闇(おおげさ)があったのかもしれません。
こんなことならもっと早く読んでおけば良かった!!
涙ズーズーですよ。もう。
内乱を読んでいたから、最初のデートからモヤモヤとした気持ちで体が曲がりそうでした。

そっか、関西弁の文字追うのつかれたのですね。
ネイティブだけになんとも思わなかったけど。。。
図書館内乱の小牧じゃないけど、この本は人に勧めることができる本ですね!
| やぎっちょ | 2006/10/25 6:10 PM |
やぎっちょさんも涙ズーズーでしたか。
こんなに皆を泣かせるなんて、作者の有川さんも罪なお人ですねぇ。
私も実は心の暗闇いっぱい、面白いの?え〜、ほんまかいな〜と思っていたひとりです。
ごめんなさい、有川さん(ここは素直に敗北宣言)
しみじみよい本でした。
その人がどう受け止めるか、さり気なくお薦めしてみたくなります。

関西弁、耳にすることが少ないので、
最初は文字を一字一句丁寧に追っていたからでしょうかね。



| 雪芽 | 2006/10/26 10:54 PM |
雪芽さんこんばんは。
関西弁もそうですし、メールの文面がそのまましゃべり言葉になっているのに最初は戸惑ってしまいました。
小説の会話と実際に喋る会話って微妙に違いがあるわけですが、メールの部分はその違いを取り外していたので。
でも後半に入ると二人の真摯な思いや、互いへの思いやりが強く伝わってきて、逆にそれがよく感じていました。
| たまねぎ | 2006/11/07 12:19 AM |
たまねぎさん、こちらにもコメントありがとうございます。
お喋りそのままのようなメールでしたね。
関西弁のノリでストレートに押していって、
普通は途中で萎えてしまいそうなものを、
一歩前へという伸行の性格がメールにもよく表れていました。
きつい事も言い合っていたけど、オブラートに包まず吐き出した中から、相手を理解しようとする気持ちがよく伝わってきます。
図書館シリーズもですが、有川さんの書く会話って、読んでいてすっきりと気持ちよいんですよ。

| 雪芽 | 2006/11/07 10:15 PM |
初めまして。

通りすがりの者です。
昨日、レインツリーを読破いたしまして。
その前に、図書館内乱を読破しまして。
早く、図書館戦争を読みたく、うろちょろしております。
んで伸みたいに、レインツリーの感想を探しております(爆)

で、ここがひとみみたいに自分と違う感想を持っていたので
これまた面白そうな展開になりはしまいかと下心ありで、
と敢えて表記させて頂きつつ、お約束という感じで、書かせて頂けたらと思います。ご迷惑であればこれっきりなので。

雪芽さんの文章への感想
 泣けたんだぁというのが非常に面白い感想でした。
すっげぇおススメ本だと思いましたが、まだ泣ける段階ではなく。それがちょっと残念です。女性と男性の観点の違いなんでしょうね。

以下レインツリーに関する感想駄文
 あと、本にあった「恋愛偏差値」という単語が面白かったです。
自分としては。その偏差値が低いから、ちょっとそういう点で何故にその行動になるや?!という風に考えてしまい。

 女心を掴むんはとても難しく。

で、あとがきを見て筆者が女性だったということに、衝撃を受けました。男性だとばかり思ってまして。
 なのに(と書いたら失礼かもしれませんが)恋愛の機微が上手だなと思って読んでて。何故に、こんなに女子の気持ちが分かるのか?不思議でしょうがなく。
 とまぁ、有川ワールドの魅力の虜になってしまい。
ネタをパクッて、同じ行動に移ってみました。

 不躾お許しを。     

レインツリーの話で盛り上がれたら幸です。 
| ゲリッチェ | 2006/12/18 10:36 AM |
ゲリッチェさま。
コメントありがとうございます。
この本、けっこう泣ける派の方も多いのですよ。
もうひと押し何かが足りなかったのでしょうね。

>女心を掴むんはとても難しく。
男心を掴むんもとても難しいと思うので、
これは男女とも切磋琢磨、修業の道は厳しいです。

図書館シリーズは面白いですね。
内乱の続きが早く読みたい!

どこかにゲリッチェさんのレインツリーの国がみつかりますように。
| 雪芽 | 2006/12/21 11:27 PM |
初めまして、今さらコメント書いてしまってすいません;;

私もこの本に感動して、この本を他の人がどう思ったのかが知りたくて検索してみました。
すいません、影響されやすくて;;

雪芽さんのレビューは凄く素敵でした!
私も以前『レインツリーの国』のレビュー書いてみたのですが、中々うまく表現できませんでした;;
本はたくさん読むんですけど感想を語るのは難しいですね。
雪芽さんの書いたレビューを拝見して、何か自分が感じた事を再確認した気持ちです!
これからも素敵なレビューを期待してますww
| ラク | 2007/01/13 11:16 PM |
はじめまして、ラクさん。
嬉しいコメントありがとうございます。
褒めて頂いちゃって、気持ち3センチほど浮いてます(笑)
他の方の感想って気になりますよね。
自分が読んで感動した本ならなおさらです。
感動を共有できると嬉しくて、コメントを残さなくてもPCの前でこくこく頷いてる。

“言葉は想いに満たない”
好きな漫画家さんが描いた漫画にあった言葉です。
本を読んで自分が感じた思いに、少しでも近づけるような感想を書けるといいのですけどね。
難しいです〜


| 雪芽 | 2007/01/16 9:44 PM |
ちょっと深かったですねぇ!

言葉に重みがあるというか、にがみも…

甘みは少なかったけど、とても微笑ましい本でした。
| じゅずじ | 2008/08/31 10:26 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
はい、深炒りのコーヒーに砂糖多めに入れて呑んだみたいでした。
甘いんだけど、苦味もあって。
恋に対する真剣さ、真正面から向っていくところは、若さの特権でしょうかね。羨ましい!

| 雪芽 | 2008/09/02 9:03 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

『レインツリーの国』有川浩
レインツリーの国有川 浩新潮社2006-09-28by G-Tools きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新ス
| ひなたでゆるり | 2006/10/16 11:13 PM |
「レインツリーの国」を読む
本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんで
| 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2006/10/18 5:06 PM |
レインツリーの国 〔有川浩〕
レインツリーの国 ≪内容≫ きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。 あなたを想う。 心が揺れる。 でも、会うことはできません。 ごめんなさい。 かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。 青春恋愛小説に、新スタンダード
| まったり読書日記 | 2006/10/21 10:45 PM |
レインツリーの国 有川浩
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中
| 粋な提案 | 2006/10/23 3:17 PM |
レインツリーの国 有川浩
レインツリーの国 この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 いやぁ。 まいったな。 まいったよ。 図書館戦争&内乱のノリと、あの具合のよろしさを基準にしていたから、正直ちっと期
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/10/25 5:51 PM |
レインツリーの国  有川浩
『図書館内乱』の中で登場し、ひとつの鍵ともなった一冊の本『レインツリーの国』を実際に出版させたというのがこの本になります。 図書館内乱の中で登場した図書特殊部隊堂上班の一人小牧と、彼のお姫さまである毬江との関係を準えた作品で、聴覚障害の女性との恋愛を
| 今更なんですがの本の話 | 2006/11/06 11:54 PM |
レインツリーの国
レインツリーの国 有川 浩 去年読んだ「図書館内乱」の中に小道具の一つとして出てきた小説。 小説の中で別の自分の小説を出してくるなんてスゴイと思いつつ、あとがきでまでPRしているところにちょっと引いてしまったアタシ。 そんなことはすっかり忘れたま
| 読書三昧 | 2007/01/12 10:09 AM |
本「レインツリーの国」
レインツリーの国 有川浩  新潮社 2006年9月 向坂伸行は、十年以上も前のライトノベルの本が忘れられず、他の人はどう思っているのかと感想が気になりネットで検索して、1つの感想を見つける。ブログ「レインツリーの国」の「ひとみ」が、書いたも
| <花>の本と映画の感想 | 2007/03/18 11:47 AM |
(書評)レインツリーの国
著者:有川浩 レインツリーの国価格:¥ 1,260(税込)発売日:2006-09
| たこの感想文 | 2007/11/05 3:50 PM |
レインツリーの国<有川浩>−(本:2008年8冊目)−
レインツリーの国 出版社: 新潮社 (2006/9/28) ISBN-10: 4103018712 評価:86点 (ネタバレあります) 中学生の頃に読んだ忘れられない本。 ネットでその本を検索しヒットしたサイトの感想文があまりにも心の琴線に触れたため、主人公の「伸」は思わず相手
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/01/11 1:23 AM |
【レインツリーの国】 有川浩 著
あたりまえ… 他人にとってはあたりまえでも、自分にとっては違う。 でも自分ではあたりまえと思っていたことも、他人には違う。   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] あなたを想う気持ちに嘘はない。でも、会う
| じゅずじの旦那 | 2008/08/29 7:50 PM |
書籍「レインツリーの国/有川 浩著」じれったい様な恋物語
書籍「レインツリーの国/有川 浩著」★★★ ベッキー・マスターマン著 , 新潮社 、2009/6/27 (238ページ , 420円)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知
| soramove | 2013/04/19 7:19 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS