本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 地下鉄(メトロ)に乗って | main | 「邪魅の雫」 京極夏彦 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*十五夜さん

陰暦八月十五日、今夜は仲秋の名月。
生憎と空を覆う雲は厚く、月愛でるには無粋ともいえる空模様だ。
月は見えなくともせめて月見の風情だけは楽しもうか。
そんな思いから月餅を買いに街まで出たのだが、いつもの習慣というものがある。ついふらふらと本屋へ足は向く。本屋へ行くと、少しばかりの本の重みを手にすることなく帰るのは寂しい気がしてくる。
結局本が読みたいのか、本が買いたいのか、コロンブスの卵じゃないがどっちが先なのかわからなくなってくるというものだ。
月のない夜に月餅ひとつのはずが本を手に帰ることになった。
明日の月は望。満月である。十五夜は必ずしも満月とは限らない。
では明日の夜こそ月見酒といこうか。
(月餅への思いがいつの間にやら醸されて酒になったようである)
然し、明日は大荒れの予報。今度は雨にかき消されてしまいそうだ。ならばやはり読書に励もう。ということは月餅が本に替わったのは正解だったということか。なにやら書いていて自分への言い訳のようにしか思えないが。

今日購入した本。
「チームバチスタの栄光」の続編にあたる「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊
あの白鳥が帰ってきた!とうのだから、よ、読みた〜い!すごく読みたい!
が、いまはまだ手を付けてはならぬと心に戒める禁断の書だ。
どうしてこんな時に出る。いささか八つ当たり気味。
京極夏彦の「邪魅の雫」、梨木香歩の「家守綺譚」、有川浩の「レインツリーの国」の後だから4番目になる。いまあげたのはどれもすごく読みたい本ばかりだから困るんだよね〜。全部同時に読めるといいのにと、とんでもないことを考えてしまったが、地道にコツコツ読書、読書は地道に1000ページも最初の1ページから、と先人が言ったとか言わないとか。

ナイチンゲールの沈黙
| 365分の1ーもの想う日々 | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:18 | - | - | | |

♯ コメント

そうか、昨日は中秋の名月だったんですね!
満月だなぁと普通に思ってました(^_^;)
「ナイチンゲールの沈黙」出ましたね!
続編が出るのは知ってましたが
ナイチンゲールときましたか!!
邪魅はみんな読むの大変そうでした(笑)
| 弥勒 | 2006/10/08 7:40 AM |
弥勒さん、こんばんは。
東西問わず季節の行事が気になる質なのです(笑)
今月はハロウィーンもありますよ〜
ドクターの次はナイチンゲールでしたね。
次はなんだろう?
邪魅は重い、長いで読むのに時間が掛かりました。
はへ〜、疲れたぁ。
でも、しばらくぶりの京極堂面白かったですよ!
| 雪芽 | 2006/10/09 7:15 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS