本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「図書室の海」 恩田陸 | main | 「虫の宇宙誌」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「流星ワゴン」

流星ワゴン
流星ワゴン
重松 清
死んじゃってもいいかなぁ、もう。
なーんかもう、疲れちゃってさあ、ぼく、もうヤなんだよね……。
38歳のある夜、そんな思いを抱いて駅のロータリーに佇む主人公一雄は、橋本さん親子のワゴンに拾われる。
この時から、5年前に交通事故死した橋本さん親子との、時間を越えた不思議なドライブが始まる。
失職、妻の浮気、子供の家庭内暴力に疲弊した一雄は、過去へのドライブの途上、自分にとってたいせつな場所に降り立つことになる。現実なのか夢なのか。
そしてやり直しの場所で、自分と同じ年齢の父チュウさんとも出会うのだ。
病院で命が尽きようとしている父だった。冷えた関係にある父と息子だった。
38歳の息子と38歳の父が、朋輩として出会う。

夫婦の関係、自分と息子の親子の関係、父チュウさんと息子である自分との関係、もつれた糸のようなこれらの関係を、過去に戻った一雄はやり直すことが出来るのか。

過去を“やり直す”こと自体が問題なのではない。そこでいかに“気づく”かが大切なのだと教えてくれる。

大きな存在だった親の背を小さく感じるのは、一抹の寂しさがあるものだ。一雄の中にあった絶対的存在の父のイメージは、チュウさんという自分と同年齢の父と過ごすうち、変化を遂げていく。
チュウさんは典型的ともいえる昔ながらの頑固おやじなのだが、読み進むとだんだん好きになっていくから不思議だ。

実は幽霊である橋本さん親子、幽霊だけどちっとも怖くない。それどころか親子での軽妙な会話、ユーモアが笑いを誘うくらいだ。

先を急ぐようにいっきに読めてしまえたのは、それだけ面白かったということなのだろう。
読みやすい文章だと思う。
ほろりとする場面もある。
ひとつ不満があるとすれば、橋本さん親子。
もうそろそろ自分達の未来へ、進んでいってくれていればいいなと願う。
| ■さ行の作家■ | 00:37 | comments(3) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 00:37 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんばんわ。
TBありがとうございました。
(o*。_。)oペコッ
私もTBさせていただいちゃいます。

「流星ワゴン」随分、レビューがあるみたいです。
後発の自分もその例に漏れずって感じですけど、
取り上げてるブログ一覧を書いている人もいて、
ちょっと驚いちゃいました。
それも、この作品の人気を裏ずけなのかな。

『過去を“やり直す”こと自体が問題なのではない。そこでいかに“気づく”かが大切なのだと教えてくれる。』
ここ、脱帽です。
気づきの大切さまで踏み込めたかどうか。
雪芽さんのレビューを拝見してから、
改めて、重松さんの作品の中に内包されてあったものを
噛み締めました。
慧眼に尊敬です〜(笑)
| littleapple | 2005/10/27 12:01 AM |
TBもコメントもありがとうございます〜

重松さん、「疾走」の表紙を見たらムンクの「叫び」みたいでぎょっとさせられるんですけど、「流星ワゴン」は表紙からして手にとってみたくなる作りです。

読んだ皆さんがレビューを書きたくなる気持ちわかりますね。再読すればまた違った捉え方もできるんじゃないかって思ってしまいます。

| 雪芽 | 2005/10/28 8:31 PM |
こんにちは。
突然失礼します。
東京都板橋区に本拠地を置く劇団銅鑼と申します。
重松清原作「流星ワゴン」舞台化のご案内です。
2月3日〜2月5日相鉄本多劇場(横浜)・2月9日兵庫県立芸術文化センター中ホール(西宮)で上演します。
公演の詳細は劇団銅鑼HP
http://www.gekidandora.com
をご覧下さい。
昨年東京で初演、高い評価を受け、口コミでSOULD OUTを出せた作品です。
お近くでしたら、是非ご覧下さいませ。
よろしくお願いいたします。

劇団銅鑼 制作 田辺素子
〒174-0064 東京都板橋区中台1−1−4
TEL:03−3937−1101
FAX:03−3937−1103
URL http://www.gekidanora.com
e-mail gekidandora@pop12.odn.ne.jp


| 劇団銅鑼 | 2006/02/02 6:46 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

流星ワゴン
| 備 忘 録 | 2005/10/27 12:14 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS