本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「アフターダーク」 村上春樹 | main | 「村田エフェンディ滞土録」 梨木香歩 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「優しい音楽」 瀬尾まいこ

優しい音楽
優しい音楽
瀬尾 まいこ
受けとめきれない現実。止まってしまった時間―。だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。家族、恋人たちの温かなつながりが心にまっすぐ届いて、じんとしみわたる。軽やかな希望に満ちた3編を収録。
(「BOOK」データベースより)


とても読み易い文章であったし、作品全体が醸し出す雰囲気も柔らかく、さほど時間もかからずにサクサクと1冊読めてしまった。
まあるく丸まった猫の綿毛が、肌の上を転がっていくような感触である。ふわふわとして心地良いような気もするが、読み終わった後の印象は薄い。あれ、これだけ?という喰い足りなさが残った作品でもある。
3つの短篇の感想を少し。
優しい音楽
千波がタケルの顔をまじまじと見つめるのも、ふたりで過ごす出来事の中にデジャブを感じるのも理由があってのことなのだが、なかなかみえてこない。途中、これってもしかしてタイムトラベルもの?とかまで疑ってみたり、会話のずれ、意識のずれに作中のタケル同様違和感を覚えながら読む。

後半になって千波の不可解な行動の理由が判明。
タケルにとっては気持ちの冷える一瞬が過ぎ、千波の家族と過ごすここからは、恋人のふたりを含む家族の再生がふんわりと描かれている。
表層に流れるのは気遣い合う人間関係の優しさ、なのだろうと思う。が、それぞれの奥底には深いなにがしかの想いがあるだろう。滲み出てくる感情がもっと強く感じられたらと思った。それとも感情の輪郭をくっきりと描かないのところにこそ、作者の持ち味があるといえるのだろうか。

タイムラグ
妻サツキとの旅行の間、娘佐菜を預かってくれと恋人の平太から頼まれた深雪が、ついお人よしぶりを発揮してしまった奮闘記。
困ったことに平太という男がダメ、ちょいと受け付けない。

がらくた効果
これも風変わりな話である。同棲しているカップルの部屋に、片割れのはな子が拾ってきた佐々木さんが同居することになる。佐々木さんは元教授でいまはホームレス。一緒に過ごした幾日間の3人の交流がほのぼのと描かれている。章太郎と佐々木さんの会話がよかった。

瀬尾まいこは前々から読みたいと思っていた作家だ。梨木香歩の『家守綺譚』を読んだ後、どうしても『村田エフェンディ滞土録』が読みたく思い、夕闇迫る中、市電に揺られ行った図書館でこの本を見つけた時は、やっと読めると嬉しく思ったものだ。
普通に読むとふんわりとした癒し系の小説と思える。ただ、「優しい時間」と「タイムラグ」は、自分としてはすんなりふんわり感に入っていけない作品だった。
他の作品はどうなんだろう。もう少し他の作品も読んでみなくては。

ああ、なんだかわらび餅とかスイートポテトとか、無性に食べたくなってきた。

(2006年10月25日読了)
| 瀬尾まいこ | 22:09 | comments(6) | trackbacks(3) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:09 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さまd(^O^)bこんばんは。私は「幸福の食卓」を図書館でななめ読みしてたんですか、面白くてその場所で全部読んじゃいました。悲しい話でしたが、読後感がよくておすすめです。「強運の持ち主」を読みたいのですが…なかなか実現せずです。
| 菱沼 | 2006/10/26 10:29 PM |
菱沼さん、こんばんは!
求めよ、さらば与えられん。
さっそくおススメ嬉しいです。頭にメモリました。
いまネットで調べてみたら、近くの図書館で貸出可能ですって。
読んでみますね。
それにしても菱沼さん、本読んでますね〜
| 雪芽 | 2006/10/26 11:05 PM |
こんばんは。
雪芽さん。
この作品は、ほのぼのとした幸福感で包まれた感じがしました。
私も「幸福な食卓」が、一番良い作品だと思います。
読まれたあとのブログを覗きにきます。
| モンガ | 2006/10/28 10:10 PM |
モンガさん、こんにちは!
最初読んでいて「優しい音楽」の千波にん?ん?と思ってしまったのが、結局素直に入り込めなかった原因のようです。
「幸福な食卓」はモンガさんもお薦めなんですね。
読むのは少し先になりそうですが、今度はすんなり瀬尾さんの世界に入り込めるといいなと思います。
| 雪芽 | 2006/10/29 1:00 PM |
雪芽さんこんばんは。私も最初の2編でん?となった口です。
でも最後のがらくた効果が良くて、もう少し読んでみようかなとなりました。
| たまねぎ | 2006/11/05 10:57 PM |
たまねぎさん、こんばんは!
ああ、同じように感じた方がいてよかった。
私もがらくた効果はいいなと思ったので、
今度は「幸福な食卓」で再チャレンジしてみます。
| 雪芽 | 2006/11/07 9:56 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

「優しい音楽」(瀬尾まいこ著)
 今回は 「優しい音楽」 瀬尾 まいこ著 です。この作品は独立した3篇の短編を収めた 瀬尾まいこさん 初?の短編集です。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2006/10/27 9:50 PM |
優しい音楽  瀬尾 まいこ
優しい音楽 瀬尾 まいこ 109 ★★★☆☆  【優しい音楽】 瀬尾まいこ 著  双葉社  「優しい音楽」  「タイムラグ」  「がらくた効果」  瀬尾さんは、現役の中学校の国語教師だと言うことを先日のテレビ放送で知った。言葉の楽しさを教えて
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/10/28 10:01 PM |
優しい音楽  瀬尾まいこ
芥川・直木シリーズはひと休みして 瀬尾まいこさんの優しい音楽です 絲山秋子さん中島たい子さんと並んで 最近注目されている女性作家のひとりです 混雑した朝の駅 突然僕の前にやってきて立ち止まったひとりの女の子 僕の顔をじっと見つめる彼女に用件を聞い
| 今更なんですがの本の話 | 2006/11/05 10:52 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS