本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「沈黙」 古川日出男 | main | 「センセイの鞄」 川上弘美 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊

美しい歌声は聴く人を魅了する。ひとりは迦陵頻迦と呼ばれた伝説の歌手。ひとりはあのグッチー先生こと不定愁訴外来・田口公平が勤務する病院のナイチンゲール。ふたりの歌姫の歌声は聴く者をどこへ運んでいくのか。

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。
「BOOK」データベースより


第4回『このミス』大賞受賞作である『チーム・バチスタの栄光』に続く第2弾。
愚痴外来の田口公平とロジカルモンスター白鳥のコンビの活躍は、ぜひまた読みたいなと思っていた。ファンの願いを裏切らずにちゃんと帰ってくるのがヒーローのお約束。まあヒーローと言い難い雰囲気のふたりではあるが、この際いいでしょ。
面白かった!お馴染になったキャラも、ご新規さんのキャラも皆さん濃ゆくて、登場人物達の遣り取りの面白さだけで読めてしまうところがある。

この男に対抗できる奴はいるのかと思っていた無敵の白鳥に、今回強力な対抗馬が出現。彼に勝るとも劣らぬ完全無敵な傍若無人さをみせるのは大学の同期であった加藤警視正。アクの強い者同士が同じ場所に。さぞや周囲は迷惑だったろう。特に同心の旦那に使える岡っ引きみたいな位置にいる田口と玉村警部補はお気の毒な限りだ。同じく使われる側ということもある、途中知らず意気投合している様子には笑った。
少し残念なのはキャラの濃いふたりが並び立つことで、異彩を放っていた白鳥の前回の輝きが薄れたこと。

であります。でありますか?
小児病棟の患者として登場するアツシ君の口ぶりがなんともかわいいのだ。特撮ヒーローものの一員、アツシ隊員。
とはいえ、これは病院という慣れない空間で、不安を感じながら、子供なりの鎧を纏い自分を守り戦う精一杯の姿であることを思うと、病魔に対して遣り切れなさを感じる。

今回も事件は起こる。内側に凝縮していた前回と違って、ぽんと外に飛び出していってしまったなぁ。そんなにそんなに医療絡みの事件の起こる病院というのも、高階病院長としても困るというものだ。高階病院長はあの狸親父ぶりが好きなので、出番が少ないぶん、ここに名前だけでも登場させてしまおう。

このシリーズの大切な要素となっているのは、メディカルミステリーであることだ思う。
ふたりの歌姫が奏でる物語のメロディは、歌声同様別世界の響きのように聴こえた。登場人物達は確かに現代の先端医療機器で現象は測定できる。違うことを目で捉えることはできる。しかし、描写は観念の世界へ入り込んでいる。ファンタジーだなと思う。
そこが気に食わないというのではない。
歌姫達が視せる世界、感じさせる世界も魅力的だし、哀しく美しい物語は好みなのである。ただ全体としてみると、詩的で神秘な方向にずいぶん広がっていないか?と思うのだ。今回白鳥の活躍が目立たなかったこともあるのか。彼の出番が多ければどう考えても笑いの方向に話は流れていくだろう。(白鳥はお笑い要員か!?)
次回は白鳥がジャイアント・ブリッツたらんことを期待!

(2006年10月29日読了)
| 海堂 尊 | 23:33 | comments(8) | trackbacks(13) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:33 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんばんは〜♪
今回も楽しかったですね!
いろいろと残念な部分もありますが、登場人物が多かったのも次回以降の伏線かも?なんて好意的に解釈しつつ、またまた次のシリーズが出ることを楽しみにしてます!
>そんなにそんなに医療絡みの事件の起こる病院というのも、高階病院長としても困るというものだ
確かにそうですよね〜
今度は、違う病院で事件が起こるといいのに…
はっ!そうすると高階病院長の出番がなくなるかな?
それも困ります〜
| エビノート | 2006/11/08 8:49 PM |
こんばんは〜♪エビノートさん。
今回新たに登場したキャラが次回の伏線、というのはありそう〜
白鳥が漏らした言葉が気になります。
次回は他の病院絡みになるのでしょうか。
高階病院長を困らせずに出番をもっとプリーズ!
いつも読者はわがままです(笑)
| 雪芽 | 2006/11/08 9:03 PM |
こんにちは♪
ファンタジーというのには同感です。病院内の権力闘争とか医療界にメスを入れるような社会派な事件が起こるとかと想像してたので、こう来たか!と言う感じでした。
まあ、それが成功してるかどうかは、いろんな感想サイトさまを拝見してると、疑問の余地ありまくりですねえ。
でも、確かにアツシ隊員はかわいかった!
白鳥みたいなキャラだけじゃなく、少年だっていけるじゃん、海堂尊!とうなってしまいました。
次作は、どうも別作品になりそうですが、海堂作品は追いかけていきたいと思ってますw
| かずは | 2006/11/18 8:53 AM |
こんばんは〜、かずはさん♪
今回の題材は果敢な挑戦ともいえますが、読み手が受け入れられるかの境界線上にある気がしますね。
アツシくんからいいですよね。子供キャラの描き方、好きでした。
次作は別の作品ですか。
どちらにしてもこれからも気になる作家ですね。
| 雪芽 | 2006/11/18 8:09 PM |
雪芽さん、どうも!
遅ればせながら読み終わりました。
途中で「螺鈿迷宮」も出てしまい、あせりましたが(笑)
「バチスタ」と比べると、ちょっととは思いますが、やっぱり面白かったです。

小耳情報ですが、「ナイチンゲール」よりも「螺鈿迷宮」を先に書いていたとか。ネタ流れはブログにて…!?
| juzji | 2006/12/09 11:16 AM |
juzjiさん、こんばんは。
「バチスタ」がとびきり面白過ぎたというだけで、
今回も面白かったですね。

続きを読めるのはまだまだ先と思っていたら、
本屋にど〜んと「螺鈿迷宮」並んでいて、
えっ、もう?って驚きました。
あらま、先に書いていたんですか〜
| 雪芽 | 2006/12/09 9:21 PM |
しつこくお邪魔しております〜(笑)。
ロジカルモンスター・火喰い鳥・白鳥に天敵登場!の割に、あまり激戦が見られず、ちょっと残念に思いました。是非、この2人の真剣勝負を読みたいものですね。
同時進行だった『ジェネラル〜』のおかげで、田口先生も東奔西走、そのトホホっぷりにさらに磨きがかかろうというもの。
第4作目は出るんでしょうかね?
これだけ濃いキャラを動かして、一つの作品にまとめるなんて、なかなか出来る技ではないと思いますが・・・そこは兼業作家の底力で、踏ん張っていただきたいですね。
| | 2007/12/10 12:31 AM |
水無月・Rさん、こんなにも連続で足跡残していって頂くとは感激でございます(笑)
なにもお出し出来ないのが心苦しいところですが。
ロジカルモンスターにも天敵があるんですね。無敵かと思ってたのに。両者の真剣勝負、すごいことになりそうですよ。言葉避けを用意して観戦したいものです。
『ジェネラル〜』で田口先生があんなに苦労していたとは思いませんでしたね。
4作目はどうでしょう。
来年には東城医大に中学生が飛び級して入る話が出版されるようですが(宝島社の海堂さんのHPより)
| 雪芽 | 2007/12/10 9:39 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ナイチンゲールの沈黙 〔海堂尊〕
ナイチンゲールの沈黙 ≪内容≫ 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。 担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。 眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外
| まったり読書日記 | 2006/11/08 8:44 PM |
小児科ランキング(病院、口コミ、評判、休日診療)情報 【関東版】
小児科ランキング(病院、口コミ、評判、休日診療)情報 【関東版】
| 小児科ランキング(病院、口コミ、評判、休日診療)情報 【関東版】 | 2006/11/17 11:27 AM |
「ナイチンゲールの沈黙」海堂尊
−子供と医療を軽視する社会に、未来なんてない−2年目のジンクスならぬ、2作目のジンクスを打ち破ることはできたのか?期待半分不安半分で読みました。大ベストセラーになった「チーム・バチスタの栄光」(感想はこちら)の続編です。結論としては、前作よりパワーダ
| 読書とジャンプ | 2006/11/18 8:48 AM |
【ナイチンゲールの沈黙】 海堂 尊 著
最近、重い本ばかりだったので、「チーム・バチスタの栄光」の田口&白鳥のキャラに救われようと読み進めると… あらら、、、場面が小児科病棟、よからぬ予感が。 でも、そこは東城大学医学部付属病院での出来事。中々すてきなキャラの面々でした。  東城大学
| じゅずじの旦那 | 2006/12/09 11:06 AM |
俳優・北村一輝と小説『ナイチンゲールの沈黙』
録画してあったドラマ「14才の母」第9回を、半分ぐらいまで観た。 胎盤が早めに剥がれ始めてしまったとかで、緊急手術のため大学病院に搬送されていきましたが、このあと、どうなるのでしょうか、明日にでも続きを観ようと思います。 それで、ドラマの中で、また
| 小さなことを喜ぼう!             〜女41歳の「ちょいハピ」な日々〜 | 2006/12/14 1:20 AM |
ナイチンゲールの沈黙 海堂尊
ナイチンゲールの沈黙 ■やぎっちょ書評 うーむ。前作「チームバチスタの栄光」に比べるとイマイチ感が残るか・・・。 キャラ立ちとミステリーに病院事情をかけるところはとっても素晴らしいんだけど、今回の展開は躍動感がなくて、無駄に字数が多い気がしました。
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/12/18 7:09 PM |
「ナイチンゲールの沈黙」(海堂尊著)
 今回は 「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊著 です。この本は愚痴外来田口&ロジカル・モンスター白鳥コンビが活躍するシリーズ第2作ですね。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2006/12/21 11:48 PM |
ナイチンゲールの沈黙
海堂尊 著
| Akira's VOICE | 2007/01/25 12:22 PM |
『ナイチンゲールの沈黙』/海堂尊 ◎
いや〜、面白かったなぁ〜。論理怪獣(ロジカルモンスター)にして火喰い鳥・白鳥に、天敵現る!その名も電子猟犬(デジタル・ハウンドドッグ)・加納。相変わらず、愚痴外来の田口医師の飄々たる病院政治わたりも、冴えてます。水無月・Rの個人的に好きな廊下トンビ・
| 蒼のほとりで書に溺れ。 | 2007/12/10 12:25 AM |
(書評)ナイチンゲールの沈黙
著者:海堂尊 ナイチンゲールの沈黙(2006/10/06)海堂 尊商品詳細を見る 「バチスタ・スキャンダル」から9ヶ月。忘年会の夜、たまたま居合わ...
| 新・たこの感想文 | 2008/02/24 9:06 PM |
『ナイチンゲールの沈黙』(海堂 尊) <感想&書評>
ナイチンゲールの沈黙海堂 尊 宝島社 2006-10-06売り上げランキング : 1511おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容 東城大学医学部付属病院...
| Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜 | 2008/05/25 8:06 PM |
ナイチンゲールの沈黙
著:海堂尊 文庫:宝島社文庫 〜あらすじ〜 第4回「このミス大賞」受賞作で300万部を突破した大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の続編が登場します。大人気、田口・白鳥コンビの活躍再び! 今度の舞台は小児科病棟。病棟一の歌唱力を持つ看護師・浜田
| 二次元放浪記 | 2009/01/09 10:18 PM |
ナイチンゲールの沈黙<海堂尊>−(本:2009年読了)−
ナイチンゲールの沈黙クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/10/6) # ISBN-10: 4796654755 評価:71点 チーム・バチスタの続編として、田口・白鳥コンビの活躍に期待して読んだのだが今ひとつ。 原因は明らかで風呂敷を広げすぎてきちんと畳めなくなってし
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/09/30 11:46 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS