本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「水滸伝(2)替天の章」 北方謙三 | main | 「青空の卵」 坂木 司 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*積読本の素

ずっと積読状態になっていた坂木司さんの「ひきこもり探偵シリーズ」3冊を先週読んだのに気をよくして、今日は本の買い出しに行ってきた。身も心も軽くなった気分で本を選べるというのは楽しいな♪(まだまだ積読本が数限りなくあることは忘れているらしい)たぶんそこいらじゅうに買う気満々オーラを発していたことだろう。
購入したのは単行本2冊に文庫3冊。んんん?せっかく積読本を減らしたのに、結果2冊増えることになってしまったではないか、と買ってから気づく。遅い。
痩せてもリバウンドで前以上に体重が増えるだめだめダイエットのような、日々の細々とした節約分が水の泡と化すバーゲンの無駄遣いのような、積読本無間地獄とはほんとうに恐ろしい。こうやっていつまでも抜け出すことが出来ずに、買っては積み、読んでは買って積んでいくのだろうか。
おまけに読了済で感想を書いていない本まで1冊、2冊、3冊……、まずい。
まあ、今日のところは君達読了本にはいっときご退場願うとして、買った本の話に移ろう。

表紙の金魚に惹かれて気になっていた恒川 光太郎さんの第12回ホラー小説大賞受賞作「夜市」と、最新作「雷の季節の終わりに」を合わせて購入。どちらもとっても表紙がきれい。

夜市雷の季節の終わりに

来月12月はクリスマス月ということもあり、それにちなんだ本も買ってみた。
他にT・カポーティの「クリスマスの思い出」も読みたいのだが、どこの本屋にもないようなのだ。同じ村上春樹氏訳の「グレート・ギャツビー」は山のように積んであるというのに。

神様の食卓クリスマスのフロスト飛ぶ教室

問題はクリスマス本をクリスマスまでに読めるかということだ。
ジングルベルの鳴る25日を過ぎて、いっきに師走とお正月が押し寄せる雰囲気の中で読むのも気分が出ない。せめてクリスマスのタイトルが付く本だけでも世の中がクリスマスムードに染まっているうちに読んでしまおう。去年買って読む時期を逃し、一年間積読本になっていた「クイリスマス・ボックス」の例があるからな〜
| 365分の1ーもの想う日々 | 23:50 | comments(8) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:50 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん♪私は読みましたよ♪「神様の食卓」クリスマスにはぴったりの本でした。
| 菱沼 | 2006/11/29 10:21 PM |
菱沼さん宅で見て気になって買ってみました♪
本の帯にクリスマスの夜に読みたいファンタジィってありますが、たぶんお腹いっぱいで睡魔に負けそう。
だから12月になったら読んでみます!
| 雪芽 | 2006/11/29 11:37 PM |
雪芽さん、おはようございます(*´∇`*)
本好きは本を積むという習性があります(笑)
私も積んでます。減ったからといって買う量が
上回っていることの方が多いような気がしてい
ます。
ケストナーの空飛ぶ教室は今までも読みたいと
思っていた本です。私も読んでみます!
| | 2006/11/30 6:16 AM |
こんばんは。はじめまして。
雫さんのブログからおじゃましました。
フロスト警部の姿が見えたので、思わずコメント欄に飛んできました。
一時期ミステリーに凝っていまして、山のように読んだのですが、その中でも特にお気に入りが「フロスト警部シリーズ」です。ダサくて、だらしなくて、でも仕事には人一倍の情熱と、熱い心を持ったフロスト警部にもう首っ丈なのです。
ミステリーがお好きなら、お薦めですよ♪
| リウマチばあちゃん | 2006/12/01 1:04 AM |
雫さん、こんばんは!
本を買う時はもちろん読みたいから買うのですけど、
なぜか積んでしまうものですね。
寝かせて熟成させて時期を逸してしまう本と化すか、
ちょうど読み頃となって深い余韻に酔いしれる本となるか、
自分にとっての旬を見極めるのは難しいです。


雫さんも読むのですね、「飛ぶ教室」
飛ぶ教室仲間が出来てうれしいです〜
ケストナーのこの本はクリスマスの頃のお話らしいので、これからの季節にはぴったりそうですね。
| 雪芽 | 2006/12/01 10:59 PM |
リウマチばあちゃんさん(とお呼びしていいのかしら)
はじめまして!
フロスト警部の姿を見て飛んできてくださったなんて、彼に感謝しなくては。

>でも仕事には人一倍の情熱と、熱い心を持った
いいですねぇ、早くフロスト警部にお会いしたいわ〜
海外ミステリーを読むのはしばらくぶりなので、お薦めの言葉に安心して、フロスト警部の胸に飛び込んでいけそうです。(あら、飛び込む場所が違いますか)

先ほどブログにもお邪魔させて頂きました。
同じ北の大地に住んでいらっしゃるんですね♪
また日を改めて、足跡遺しに伺います。
| 雪芽 | 2006/12/01 11:20 PM |
雪芽さん、こんばんは!!
積本はあたしも凄い事になってます(笑)
図書館本が優先になってしまって
なかなか読めずに買ってしまうんで
もー…気が遠くなるとゆうか(笑)
何年か前に買った本で
文庫化されてしまったのも数冊…ぎゃおー!
「雷の季節〜」は昨日読了しました!
「夜市」も好きですが
こちらも面白かったですよ!
雪芽さんがどう感じるか
感想楽しみにしてます♪

本て買うの楽しいですよね(笑)
| 弥勒 | 2006/12/01 11:53 PM |
弥勒さん、こんばんは♪
積読本の単行本が文庫化されてしまうと、
ああ、やられた〜っていう気分になってしまいますね。

「夜市」読み終えました。
面白かった〜〜〜、好き、好き。
後半の展開が驚きです。こうくるとは予想外。
もうひとつの「風の古道」もかなり好きな話でしたよ。
「雷の季節〜」も引き続きいってみます。
う〜、感想はいつ書くんだ。
来年に持ち越さないようがんばります。
| 雪芽 | 2006/12/02 9:49 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS