本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 本風呂に浸かりながら | main | 「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「夜市」 恒川光太郎

夜市
夜市
恒川 光太郎
ホラー小説というのは五感に響いてくる。自分は確かに見慣れた風景の中に座して、その本を読んでいるはずである。それでも微弱な物音、空気の僅かな震えに、なにかしら気配の予兆がないかと感覚が鋭く尖っていくのを感じるのだ。
この世とはまったく異なる世界の境目が、ひっそり道を開けていたら。もしも迷い込んでしまったら。自分がどこかへ運ばれていく怖さをこの本の中にみつける。同時に、戻ってはこれないかもしれないという怖さでもある。

大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。
BOOK」データベースより


第12回日本ホラー小説大賞受賞作の「夜市」の他、「風の古道」を同時収録。
夜市の描写が幻想的で魅力だ。
かつて祭りになると立ち並んだ見世物小屋が放つ、作り物めいた胡散臭さと物語性が夜市に並ぶ店にはある。店の主も売られているものも、ちょっと考えられないものばかり。

「夜市」は後半からの展開がとにかく驚きだった。
ある瞬間を境にして、物語に流れる色合いががらりと変わる。この一撃は強烈だ。そこまでは夜市という異界に足を踏み入れてしまった、いずみと裕司の話として読んでいた。これならばおおよそ先の展開は予想されるだろう。ところが予想は裏切られる。後半の展開の意外性が秀逸だ。
才能を手に入れた者の希望は色褪せ、虚無を抱えて絶望へと向かう。絶望と恐怖の中で自由を求めた者は、一縷の希望を絶やさずに生きた。ふたつの人生が交錯する。
怖さというより、読むにつれ悲しさが深く増していく話だった。

もうひとつの「風の古道」のほうもなんて好みの話なのだろう。
古道に迷い込んでしまった少年達と、ふたりが出会ったレンと名乗る青年の話である。
全体の構成が巧い。係りなく思えたエピソードが最後にきてざわざわと甦り、浮び上がった真実は、ひとつのせつない物語としての像を結ぶのだ。

日本の民俗学的雰囲気を漂わせる作品で、これから新刊が出るたびに気になる作家になりそうだ。

(2006年12月2日読了)
| 恒川光太郎 | 23:46 | comments(18) | trackbacks(11) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:46 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんばんは(^o^)/
夜市の雰囲気は
千と千尋〜の最初にでてくる
ぼぁっと明るい幻想的な屋台?を思い出しました。
風の古道は同じく好みです!!
恒川さんの独特なジャパニーズゴシックホラー的な
世界観が凄い好きです(*´Д`)
| 弥勒 | 2006/12/10 12:26 AM |
弥勒さん、こんばんは!
そうそう、千と千尋のあの雰囲気に似てますよね。
夜市での買い物って相当お高いです。
とても行けないな〜
恒川さんの書く独特の雰囲気にすっかりハマってしまいました。
いいですよね。
もっとたくさん書いて欲しい〜〜!
| 雪芽 | 2006/12/10 4:45 PM |
「夜市」にはちょっと迷い込んでみたい。
「風の古道」にも。
けれど、迷い込んだら戻って来れないだろうなぁ〜
物語の世界だけで味わうのが一番なのかもしれませんね。
でも、すぐそばにありそうな、その世界が息づいている感覚なんですよね。
| エビノート | 2006/12/10 7:26 PM |
こんばんは、雪芽さん。
『夜市』『風の古道』も良かったです。
何か、こんな世界があったのか、ちょっと震えました。
どこかに、きっと入り口があるような気になりました。
特に『風の古道』は、吉祥寺あたりが舞台で散歩のときに通りますので、どのあたりかと思ったりします。
| モンガ | 2006/12/11 12:13 AM |
エピノートさん、こんばんは。
外から眺めるからこそ安心して楽しめる怖さかもしれません。
とっても魅力的なんですけどねぇ。
夜市も古道もそれ自体に存在感があって、まるで生きているような。
やっぱりいまいる場所が一番です(笑)
| 雪芽 | 2006/12/12 10:33 PM |
こんばんは。
気づかずに別の世界に迷い込んでしまったらどうしよう、なんてところに怖さが滲み出てくる感じです。
東京に遊びに行くと、吉祥寺まで足を伸ばしてみたく思うのですが、なかなか時間がとれません。
モンガさん、散歩中に『風の古道』をみつけても、決して足を踏み入れませんように。
| 雪芽 | 2006/12/12 10:42 PM |
幻想的な描写、思いもよらない展開、そのどちらも秀逸でデビュー作とは思えない作品だと感じました。
夜市に足を踏み入れるのは恐いですが、その話はもっと沢山聞いてみたいです。
| たまねぎ | 2006/12/14 10:54 PM |
雪芽さん☆はじめまして、「ほんぶろ」から辿ってきました。
普段の世界のすぐそばにある別の世界って、怖いけど行って見たいですねぇ。
帰れなくなっちゃうかもしれないけど、その誘惑に負けてしまいそうです。
これからも、時々お邪魔させていただきます。m(__)m
| Roko | 2006/12/15 11:02 PM |
たまねぎさん、こんばんは〜
これがデビュー作なんですよね。
そこがまたすごい。
恐れ入れいました!という感じでした。
夜市の話も短篇で終わるのはもったいないくらいで、
この世界に連なる話も読んでみたいなって思いますね。
| 雪芽 | 2006/12/15 11:05 PM |
Rokoさん、はじめまして!
怖いけど覗いてみたい。
帰ってこれないかもしれないけど行ってみたい。
なんかジレンマですね〜
恐怖と誘惑のバトルはどっちが勝つのかわかりません。

こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします。
また遊びにいらして下さいね!
| 雪芽 | 2006/12/15 11:13 PM |
雪芽さんこんばんは。
雪芽さんの感想を読んで「夜市」は悲しい話だったんだなと改めて思いました。
「夜市」は美しく魅力的だけれど、そんな夜市に入ってしまった為に裕司も弟も幸せになれなかったんだと思うとやっぱり悲しい話ですよね。
| 琉歌 | 2007/01/03 5:25 PM |
琉歌さん、こんばんは!
ホラー小説大賞というから怖い話という先入観がありましたが、話の中に悲しさがあるからいっそう深い余韻が残るのかもしません。
魅力的だけど怖い世界ですね。
また怖い程に魅力があって行ってみたくなる。
大きな犠牲を払ったのに、兄弟ともに幸せじゃなのが悲しいですね。
| 雪芽 | 2007/01/03 7:41 PM |
仰る通り、前半と後半では全くイメイジが違う小説でした。
とてもシンプルな文章と言い廻しが
とてもシンプルな物語を盛り上げているようでした 笑
| yori | 2007/01/25 10:37 PM |
yoriさん、こんにちは。
はい、シンプルですよね(笑)
文章のシンプルさが、異質な世界観を描くのにぴったりで、
シンプルだからこそ異界へすんなり入っていけました。
これからが楽しみな作家さんが増えて嬉しいです。
| 雪芽 | 2007/01/28 11:48 AM |
恒川さんの描くこの世界観いいですね〜。風の古道はもっと読みたかったです。
レンの過去、切ないですね。恒川さんお初だったんですけど、楽しみな作家さんが一人増えました。
| じゃじゃまま | 2007/10/08 6:32 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
「風の古道」いいですね!レンの過去はほんとせつなかった。
少し怖さもあるけど恒川さんの描く世界、ぞくりするほど美しくて惹かれます。
2作目「雷の季節の終わりに」もいいですよ。
恒川さんはこれからが楽しみな作家さんの一人です。新作読みたいな〜
| 雪芽 | 2007/10/09 9:43 PM |
雪芽さん、こんにちは。
予想を大きく裏切る展開には驚きでした。
いわゆるホラーとは一線を画し、日本古来の伝承を
小説としてよみがえらせたファンタジーみたいな気がしました。
| 藍色 | 2008/02/03 4:40 PM |
藍色さん、こんばんは。
和の世界と洋の世界が入り混じった独特の世界で、夜市の闇のほんとうの怖さは、人の心に潜む闇の怖さじゃないかと感じます。
夜の闇に人の心の闇が溶け出してる。
ただ怖いだけではない、ファンタジーのような妖しく美しい世界観は素晴らしいですね!
| 雪芽 | 2008/02/09 9:32 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

夜市  恒川 光太郎
夜市 恒川 光太郎  228 ★★★★☆  【夜市】 恒川 光太郎 著  角川書店 日本ホラー小説大賞受賞作  《幻想的で、怖く、悲しく、心に沁みる作品》  内容(「BOOK」データベースより) 大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にい
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/12/10 6:24 PM |
夜市〔恒川光太郎〕
夜市 第12回ホラー小説大賞受賞作。 大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。 裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。 夜市では望むものが
| まったり読書日記 | 2006/12/10 7:15 PM |
「夜市」/恒川光太郎
さて今宵は此方です。 「夜市」/恒川光太郎 第12回日本ホラー小説大賞受賞作。注目の大型新人(冊子参照) 夜市とは不思議な、何でも買える市場の事。 だけど誰でも行ける訳ではなく人間はほんの一握り。 特別な者だけが参加出来る市場。 しかも買い物を
| 徒然書店 | 2006/12/10 11:23 PM |
夜市  恒川光太郎
夜市にはすばらしい品物が並ぶことだろう 夜市には北の風と南の風にのって、多くの商人が現れるからだ 西の風と東の風が奇跡を運ぶだろう 今宵は夜市が開かれる 〜恒川光太郎『夜市』より〜 いくつもの異相の世界を結ぶ場である夜市 そこにはありとあらゆる品
| 今更なんですがの本の話 | 2006/12/14 9:55 PM |
『夜市』 恒川光太郎
夜市posted with amazlet on 06.04.25 恒川 光太
| ついてる日記? | 2006/12/15 10:58 PM |
「夜市」
ホラーが苦手だけど読みたい気持ちが募って意を決して読みました。 私が思っていたホラーとしての怖さはなく、逆に展開が気になる程面白かった! 描写が緻密で現実味のある心理表現が一般的なホラーのイメージを払拭しているように思う。 収録作品は「夜市」「風の
| BOOKCASE | 2007/01/03 5:18 PM |
心に潜む異界
人の心の奥底には、 自分の生きる世界とは 異なる世界が存在するのではないか、 いや、人はそれぞれ、 自分の生きる世界とは異なる世界を あえて持とうとしているのではないか、 我が身を踏まえて、僕はそんな気がするのだが 如何なものだろうか。 その世界は
| 活字の砂漠で溺れたい | 2007/01/25 10:23 PM |
「夜市」恒川光太郎
タイトル:夜市 著者  :恒川光太郎 出版社 :角川書店 読書期間:2007/01/09 - 2007/01/10 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬
| AOCHAN-Blog | 2007/02/01 10:52 PM |
夜市 恒川光太郎著。
どなたかのブログでこれは面白そうだ!と思い、借りてきた。 うん、面白かったよ~。どこか懐かしくて、こういうのをノスタルジックというのか?読んでると、自分の幼かった頃の夕方の町並みを思い出してしまった。 町並みだけじゃなく、両親に甘えてた子どもの頃の自分
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/10/08 6:29 PM |
夜市 恒川光太郎
装丁は片岡忠彦。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。 大学生のいずみは高校時代の同級生、裕司に連れられ夜市へ。裕司の目的は以前「野球の才能」と引き換えに売った弟を買い戻すこと…。表題作は、夜市のルールに怖さを感
| 粋な提案 | 2008/02/03 10:11 PM |
夜市 恒川光太郎
夜市 ■やぎっちょ読書感想文 ♪来ぅるー、きっと来るぅー♪ ほほー。怖い世界のお話ではあーりませんか!新鮮新鮮。 かなり以前に本ブロガーさんがよく読んでらっしゃるのを尻目に、その頃は読み込んでいた作家さんもいて余裕もなく、知らない作家さんではずす
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/05/27 3:38 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS