本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「歩行」 | main | 「服部半蔵」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「神の子どもたちはみな踊る」 村上春樹

神の子どもたちはみな踊る
神の子どもたちはみな踊る
1995年1月に起きた阪神・淡路大震災後の2月。この2月という限定された時間的フィールド上に、6つの短編が並ぶ。

登場人物の中に震災に見舞われた当事者はいない。
短編集のひとつ目の作品、「UFOが釧路に降りる」の主人公小村の妻に目を向けてみよう。

五日のあいだ彼女は、すべての時間をテレビの前で過ごした。

五日後、もう二度と戻ってくることはないという一通の手紙を残して、妻は小村の前から姿を消す。
有給休暇を取ることにした小村に対し、職場の同僚が釧路への旅の話を持ち掛ける。そして小村はその同僚から小さな箱を託されるのだ。
箱を携えて釧路に向った小村。
シマオという女性との出会い。
まだ始まったばかり、というシマオの言葉でこの話は終わっている。

この短編集の登場人物は、直接にではないがなんらかの形で震災と係わりを持っている。或いは影響を受けている。或いはこれから起こる震災を阻止する為、かえるくんと一緒に戦う片桐がいる。
震災という大きな揺れは、個人という存在を覆っていく。
個人個人が自分の中の闇や、なにかしら見えない存在を相手に闘っている。

最後の短編「蜂蜜パイ」は、文庫のための書下ろしだ。
小説家である主人公淳平の思い、
これまでとは違う小説を書こう、
これは村上春樹の思いとも重なる言葉なのだろう。

相手が誰であろうと、わけのわからない箱に入れさせたりはしない。たとえ空が落ちてきても、大地が音を立てて裂けても。

個人の物語が同じフィールド上で共鳴し合い、大きなひとつの全体像を結んでいる、そんな印象を受けた。
個人的に好きなのは「アイロンのある風景」と「かえるくん、東京を救う」

震災後の3月に起きた地下鉄サリン事件。
村上春樹は被害者のひとりひとりにインタビューをおこない、「アンダーグラウンド」という一冊の本に纏めた。
大きな事件に呑み込まれた個人の姿を、淡々と静かに綴っていく文章は、読んでいて重く心に響いた。
「神の子どもたちはみな踊る」が書こうとする世界は、この「アンダーグラウンド」に通じるように感じる。
「アンダーグラウンド」以降、村上春樹の作家としての方向性が変わったという文章を眼にすることがある。
その前後くらいからだ、村上春樹の作品からずっと遠ざかっていた。最近また村上作品を読み始めている。
| 村上春樹 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:37 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

村上春樹【神の子どもたちはみな踊る】
村上春樹作品の感想を書くのって、難しいとお思いになりませんか? そんなこと言ってるのは私だけだろうか。でも本当に難しい。このブログでも村上春樹作品については書いているけれど、自分で読み返してみて、「ああ感想
| ぱんどら日記 | 2006/08/24 9:28 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS