本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「【新釈】走れメロス 他四篇」 森見登美彦 | main | 「イナイ×イナイ」 森博嗣 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「父からの手紙」 小杉健治

父からの手紙
父からの手紙
小杉 健治
本ブログ散歩道コースの中のひとつ、信兵衛さんの「信兵衛の読書手帖」の感想を読ませて頂いて気になって購入した本。よく行く本屋では最近何十冊も平積みにして大プッシュ。文庫新刊でもないのに今頃なぜとは思うが、たまにこんな家族の絆を感じさせる感動本もいいものだと思った本だった。
家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。十年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う。婚約者が死体で発見され、弟が容疑者として逮捕されたのだ。姉弟の直面した危機に、隠された父の驚くべき真実が明かされてゆく。完璧なミステリー仕立ての中に、人と人との強い絆を描く感動作。
「BOOK」データベースより
ふたりの人間を交互に描きながら物語は進行していく。
ひとりは結婚を間近に控えた麻美子という女性。母と弟の3人暮らしであり、父は十年前に家族を捨て失踪していた。その父から毎年誕生日のたびに自分と弟に宛てた手紙が届くのだ。手紙は子どもを思う父の愛で溢れていた。これほどに子どもを愛しむ父がなぜ家族を捨てたのか。いまどこにいるのか。
もうひとりは義理の姉を庇い誤って殺人を犯し、刑期を終えて出所したばかりの男秋山圭一。彼にも事件当時の自分の記憶の一部が抜けているという謎があった。
父の行方を追い、過去の自分の記憶を追い、ふたつの点が遭遇する。
事件をきっかけに主人公である麻美子を次々と不幸な出来事が襲う。いかにもオーソドックスな展開ではある。だけどあながち物語りだからということもないと思うのだ。ことごとく悪い方向へいく、不遇のドミノ倒しのような状態って現実に多かれ少なかれあるものだ。流れにさらわれてしまわないよう、じっと時を遣り過ごすか、麻美子のように突き進んでいくか。
やがてふたりの人物を結びつけた事の真相が明らかになる。それは予想もしないことだった。正しいとはいえないのかもしれない。でも、たとえ誤った方法だったとしても、望んだのは家族の幸せだけなのだ。なにを引き換えにしても守りたい愛する家族。
父と子、夫婦、家族の絆の深さを強く感じた話だった。
ラストの手紙の場面はもう涙なくしては読めない。読もうにも涙で読めない。つくづくこういう話には弱いなと思うのだった。

(2007年5月5日読了)
| 推理・ホラー・冒険 | 22:24 | comments(4) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:24 | - | - | | |

♯ コメント

最近の光文社文庫は、新潮で絶版になった
稲見一良さんの「セントメリーのリボン」を復刻させたり、
なかなか粋なことをやります。
この本、早速図書館に予約させていただきました!!

| yori | 2007/06/04 10:40 PM |
yoriさんのコメントを読んで、稲見さんの「セントメリーのリボン」調べてみました。
まったく知らない作家さんでしたが、読んでみたくなりました。
今度本屋さんに出向いた時に探してみます!
こうして新しい作家さんに出会えるって嬉しいことですね。

「父からの手紙」、私は娘の立場として読みました。
yoriさんはどんなふうに読まれるのでしょうか。
| 雪芽 | 2007/06/04 11:30 PM |
やっと読むことが出来ました!!
私はもちろん 笑 父の立場で読みました。
読む立場が違っても良い小説はやっぱり良いのだと思います!!
| yori | 2007/08/12 8:13 AM |
yoriさん、こんにちは!
暑いです〜、そちらはもっと暑いのでしょうね。
自分の立場の違いで重ね合わせる視点が違ってくる。
父は父なりに、娘は娘なりに感じるところのある話でしたね。
| 雪芽 | 2007/08/12 2:04 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

絆の届け先
私には中学三年生になる娘がいる。 年頃の娘なので、まあ色々とあることはあるのだが 苦笑 それでもそれなりに、良い関係にあると自負している。 それでは私が彼女に対して、 全身全霊を込めて、何かを成すことが出来るのか、 と問われると、残念ながら、甚だ自
| 活字の砂漠で溺れたい | 2007/08/12 8:10 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS