本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「町長選挙」 奥田英朗 | main | 「僕たちは歩かない」 古川日出男 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「死神の精度」 伊坂幸太郎

伊坂 幸太郎
文藝春秋
¥ 1,500
(2005-06-28)

CDショップの片隅で、熱心に“ミュージック”の試聴をしている人がいたら、それはもしかすると千葉さんかもしれない。千葉さん。ごくごくありふれた苗字を持つ彼は、調査対象の生死に対して、「可」あるいは「見送り」の報告をするためにこの世に派遣された死神なのだった。ミュージックを愛する死神と人間が織り成す6つの物語。
「俺が仕事をするといつも降るんだ」と死神の千葉さんは言う。雨男とか雨女という人間界の俗説が死神にも当てはまってしまうところが可笑しくもある。が、そこはやはり死神である。相手が死神であることを知らない人間と、人間の言葉や生活様式を完全に理解できていない死神との、感覚の微妙なずれから笑いが生まれる。掛け違いのボタンのような会話に溢れるユーモア。人間の熱さと、死神のクールさが醸し出すギャップが面白い。

作品に登場する死神は千葉さんひとりではなく、時には同僚に遭遇することもある。遭遇率の一番多いのはCDショップだ。なぜか死神たちは音楽好きのようだ。仕事より好きなミュージックを聴くほうに気持ちが傾いていることさえある。それくらい音楽好き。
調査はするものの大抵は最初から「可」と決まったようなもの。覆ることはめったにない。千葉さんが出した「見送り」の例は、音楽に係っていたからなんだろうか。

ひとり、ふたり、というふうに死神の千葉さんは人間の死を見届ける。
淡々とユーモアを含みながらひとつずつ独立して語られてきた物語は、最後の六つ目で意外な方向へと転ぶ。こういう驚きと嬉しい裏切りは大好きだ。
記憶を遡りいっきに本の始めに戻る。そこからまた物語をなぞりながら現在へと戻ってくる。一本の糸を滑り落ちるように、6つの物語が数珠繋ぎに繋がれて時間が生まれる。長い長い年月という時の流れが生まれる。お見事!と思わず唸ってしまった。やるね。
最後は空模様と等しく、清々しい晴れやかな気持ちで読み終えた。

2007年8月25日読了
| 伊坂幸太郎 | 16:32 | comments(12) | trackbacks(10) | | |

*スポンサーサイト

| - | 16:32 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
この作品は、伊坂さんの真骨頂。
「時間」が上手く使われていましたね。
おまけに死神のキャラがすごくよかった。
わたしもCDショップで、音楽を聞いている人がいたら、思わずニヤッとしてしまいました。
| よし | 2007/08/26 7:33 PM |
雪芽さん、こんばんは。
私はこういう伊坂幸太郎が一番好きです 笑
まさに時間の魔術師の面目躍如ともいうべき秀作だったと思います!!
ぜひとも、千葉君のその後に期待です!!
| yori | 2007/08/26 9:23 PM |
よしさん、こんばんは。
死神のキャラはいいですね〜
クールなんだけどユーモアがあって。
本人はユーモアのつもりじゃないんでしょうけど(笑)
これを読むとCDショップのお隣さんが気になってしまいますね。
| 雪芽 | 2007/08/27 8:22 PM |
yoriさん、こんばんは。
伊坂さんは意表を突いてきますね。
どんどん文庫にもなってきているので、
みつけては買って積んでます。
そのうちいっきに、とはいかないかもですが、
他の作品も読むのが楽しみです!
千葉君、というと友達みたいで親しみを感じますね。
伊坂さんのことだからまたどこかの作品でお目にかかれるでしょうか。
| 雪芽 | 2007/08/27 8:24 PM |
死神の造型が斬新で、そして魅力的でした♪
雨の日には千葉がやってきてるのかも、なんて想像するのも楽しくって。
これはぜひとも続編を書いて欲しい一冊です!
| エビノート | 2007/08/27 8:24 PM |
エピノートさん♪
魅力的な死神というと、『ジョー・ブラックによろしく』でブラピが演じた死神を思い出しますが、この本の死神もすごく魅力的でしたね。
いい味出してました。
雨の日は要注意ですよ。会えるかも!?
続編読みたいですね!
| 雪芽 | 2007/08/27 8:37 PM |
最後の話は私も大好きです。前との繋がり方もいいですし、老いることの良さというか、満更でもないと感じさせてくれるのが好きなのです。
いつか死ぬ日は来るんでしょうが、その時は是非千葉さんでと思っていたり。
| たまねぎ | 2007/08/30 12:54 AM |
ご無沙汰してます(>_<)

千葉さんと人間の妙にズレ会話が好きです。
死神なのになんか憎めない千葉さん。
最後の話、良かったですよね!!
もうちょっと他のも読んでみたいです。
| 弥勒 | 2007/08/30 3:06 PM |
たまねぎさん。
最後の話はいいですね。
けっして枯れた境地じゃない。
老いを生きることが自然で、これじゃあ千葉さんも敵わないな、なんて思ってしまいました。
私も同意!千葉さんご指名したいです。
| 雪芽 | 2007/09/02 6:48 PM |
弥勒さん、いらっしゃい!
ちょこちょこ覗いてはいるんですが、こちらのブログ自体超のんびりなもので。
でも、先日はよいタイミングでお邪魔出来てよかったです。

千葉さん面白いですね。
彼の心の声を聞けるのは読者の特権です(笑)
| 雪芽 | 2007/09/02 6:52 PM |
伊坂さんの本領発揮のような、楽しい連作短編集でしたね。
死神、千葉さんの会話でのギャップが笑えました。
最後のお話がとっても素敵で…。
やっぱり続編希望です。
| 藍色 | 2007/09/08 1:09 AM |
藍色さん、こんばんは。
かつてこんなにも死神を好きだと思ったことはありません(笑)
最後の話はとってもよかったですね。
続編読みたいです〜
| 雪芽 | 2007/09/08 9:12 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

死神の精度 伊坂幸太郎
死神の精度伊坂 幸太郎 (2005/06/28)文藝春秋この商品の詳細を見る <シュールに淡々と滑稽に> 「死神の精度」「死神と藤田」「吹雪に死神」「恋愛で死神」「旅路を死神」「死神対老女」の6編で構成されている連作短編集。 1週
| それでも本を読む | 2007/08/26 7:03 PM |
死神だって起承転結
連作短編集というものは、ある意味で、 長編小説の一つの手法であると思う。 何故ならば、優れた連作短編集には 物語の並びの中に、見事なほどの起承転結があるからだ。 ふと思い出すのは、村上龍が自らの初長編小説 「コインロッカー・ベイビーズ」の後書きで記
| 活字の砂漠で溺れたい | 2007/08/26 9:18 PM |
死神の精度〔伊坂幸太郎〕
ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に…… 様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。 (紀伊國屋書店HPより)
| まったり読書日記 | 2007/08/27 8:19 PM |
死神の精度  伊坂幸太郎
死神のイメージといえば大きな鎌を持って、黒くてボロボロのコートにフードを深くかぶる。 なんていうのを、恐らく多くの人が真っ先に浮かべるのではないのでしょうか? ところがそれは大きな誤解だったのです。 彼らはそのつど接触する対象に合わせて年齢や容姿
| 今更なんですがの本の話 | 2007/08/30 12:08 AM |
死神の精度/伊坂幸太郎
「死神の精度」/伊坂幸太郎 俺が仕事をすると いつも降るんだ クールでちょっとズレてる 死神が出会った6つの物語。 ―帯より 今更ながら、読みかけを読了しました。 これが初伊坂作品。 死神が主人公って小説だと新鮮で意外だったので 淡々とした死神・千
| 徒然書店 | 2007/08/30 3:08 PM |
死神の精度、伊坂幸太郎
写真は藤里一郎。表題作で、第57回日本推理作家協会賞短編部門受賞。「2006年度版このミステリーがすごい!」の国内編第12位を獲得。 情報部からのわずかな情報をもとに、その時々で姿形を決められ七日間対象者を
| 粋な提案 | 2007/09/08 1:46 AM |
伊坂幸太郎さん #book #tarot 死神の精度の1話目・死神の精度は女教皇か法王のカード!
死神の精度 (文春文庫)/伊坂 幸太郎 ¥550 Amazon.co.jp 読んだ! 死神の千葉が人間界に降りてきてお仕事するお話。 今回の千葉さんは、 藤木一恵さんのストーカーがお仕事?! 「可」殺すか、 「不可」殺さないか! を、 決めるのがお仕事!
| 神楽のお部屋。 | 2010/05/08 2:14 AM |
伊坂幸太郎さんの #book 死神の精度を読んだ!
伊坂幸太郎さんの、 死神の精度 (文春文庫)を読んだ! ハセガワケイスケさんの、 しにがみのバラッド。 (電撃文庫)に似てませんか? モモと千葉。 うぬ! モモのほうが萌える! はてはて、 死神って人間が生まれる前って存在してたのかな?かな? 神様っ
| 神楽のお部屋。 | 2010/05/08 2:18 AM |
占いで分析する #book #fortune 「伊坂幸太郎」さんの頭ん中?!
伊坂幸太郎さんの、 死神の精度 (文春文庫)です! 終末のフール (集英社文庫)は以前に読んでました! 2作品目! おもしろい設定を感じる作風じゃないですか? そういう発想とかどこからやってくるのかな? と、 思ってホロスコープを観てみました! デー
| 神楽のお部屋。 | 2010/05/08 2:19 AM |
死神の精度<伊坂幸太郎>−本:2010-31−
死神の精度クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2005/6/28) # ISBN-10: 4163239804 評価:80点 5年も前の小説とは知らなかった。 しかもラジオドラマ化、映画化(金城武主演)、舞台化までされているなんて。 確かに完ぺきに出来上がった、洗練された構成。 死神と
| デコ親父はいつも減量中 | 2010/08/29 6:15 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS