本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「対話篇」 金城一紀 | main | 「ホームタウン」 小路幸也 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「映画篇」 金城一紀

映画篇
 映画篇
 金城 一紀
 集英社 (2007/07)




はい、頑なな拘りどおり『対話篇』を読み終えたので、次はお待ちかねの『映画篇』である。やっほ〜
五つの短篇はいずれも映画のタイトルがつけられている。

太陽がいっぱい
ドラゴン怒りの鉄建
恋のためらい/フランキーとジョニー
 もしくは トゥルーロマンス
ペイルタイダー
愛の泉

現実よ、物語の力にひれ伏せ

友情、正義、ロマンス、復習、
そして、
笑いと感動――。
五つの物語の力が、あなたを救う。
  本の帯より
“現実よ、物語の力にひれ伏せ”って言葉がぴったり。
すご〜く面白かった!!
映画の話もたくさん出てくるが、懐かしの映画がずらりと並ぶ。名前は知っていても観たことのない映画がほとんどだった。この本を読むと映画ももっと観たいなと思ってしまう。懐かしめのを中心にね。映画好きな登場人物たちの姿に、作者金城さん自身の映画好きが伺える。

『対話篇』からのリンクもあるし、でも、そちらを読んでいなくても、この短篇集の面白さは損なわれることはないのでご安心を。ただ少しだけリンクを見つけて嬉しくなる楽しみが減るだけだ。
五つの作品自体もリンクしている。他の作品のその後がちらりと顔を覗かせたり、別個の短篇として読んでいて、最後の「愛の泉」を読むと、全体がすっぽりとひとつの世界を創っているのがわかる。
本の扉のところに“「ローマの休日」上映会”という手書きのポスターがある。読んでいくとわかるがこれにはちゃんとした意味があるのだ。
温かな思いを託して上映される「ローマの休日」が、各短篇の登場人物たちを繋いでいる。同じ時同じ場所で同じ映画を観る。それぞれが抱える背景は様々だ。映画なら違うジャンルの棚に並ぶそれらの人生が、交錯するのだ。一期一会という言葉を思い出す。

五つ並べてみる。好きに順番をつけるのは難しい。
だけど《だいじょうぶオーラ》を持つおばあちゃんの、ふくふくとした存在感はしっかり心の中に根付いている。両手で僕の手を握るおばあちゃんの、熱いくらいの手のぬくもりに、なぜだかじ〜んとなってしまうのだった。

2007年9月7日読了

| 金城一紀 | 19:57 | comments(12) | trackbacks(6) | | |

*スポンサーサイト

| - | 19:57 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは!
とっても良かったですよね〜。
図書館で借りた本なのに、読み終えて本屋に走りました(^_^;)
え?え?『対話篇』からのリンクがあるんですか〜?
全く気付きませんでしたぁっ!これは、読み返さねばなりませんね!!
| エビノート | 2007/09/08 10:31 PM |
雪芽さん、こんばんは。
次々と観た映画の場面を思い出して、何回も懐かしさにふけってしまいました。
映画好きな登場人物たちに、金城さんの映画への愛情が投影されていましたね。
最後の「愛の泉」の“まとまり”が秀逸でした。

金城さんは「SPEED」もいいですよ〜。ちょっとおすすめ(笑)。
| 藍色 | 2007/09/09 12:07 AM |
エピノートさん、こんばんは♪
あら、読み終えてから本屋に走ったんですか!?
その気持ちわかりますよ〜
そばに置いておきたくなる本です。
とってもよかったですよね!うん、うん。
リンク探せましたか?
こういう仕掛けも楽しいですね。
| 雪芽 | 2007/09/09 9:58 PM |
藍色さん、こんばんは!
映画の好きな人にはたまらないでしょうね。
本の公式サイトにある金城さんの日記を読んでみましたが、「リバー・ランズ・スルー・イット」の話題があって嬉しかったです。
もう一度観たい映画のひとつなんですよ。
「愛の泉」はほんと素晴らしかったですね。
読んでよかった。

それはゾンビーズ・シリーズの本でしょうか。
しっかりおすすめ頂戴いたしました(笑)
ありがとうございます!
| 雪芽 | 2007/09/09 9:58 PM |
はじめまして。
「対話篇」とのリンクありましたね。
ちょっと前に読んだのですぐに気づきました。
間をあけて読んでいたら、たぶん読み飛ばしてたでしょう。

ゾンビも楽しくて面白いですよ。
「レボリューション」「フライ」「スピード」
この順がベストでーす。
| しんちゃん | 2007/09/10 10:13 AM |
しんちゃん(さんはなしでいいのですよね)、こんばんは!
間があるとリンクは見逃してしまうかもしれませんね。

読む順番を並べて書いて下さってありがとうございます。
間違わず、ベストな順に読んでみますね。
| 雪芽 | 2007/09/10 8:46 PM |
雪芽さん、こんばんは。
お返事遅くなってごめんなさい。
どの話も素敵で一番を選ぶのが難しいですよね。
だけど、やっぱり最後の「愛の泉」にはみんなちょこっと出てくるし、一番好きかも。
「対話篇」随分昔読んだので、リンクぜんぜん気がつきませんでした(涙)
| なな | 2007/09/11 7:06 PM |
ななさん、コメントありがとうございます。
「愛の泉」はいいですね、皆の顔がみえて、
ああってここでやっとわかりました(遅いです)
続けて読まないと気づきずらいでしょうねリンク。
そういえば『対話篇』の新装版が出ていました。
| 雪芽 | 2007/09/11 10:23 PM |
こんにちは。
「対話編」はずいぶん昔に図書館で借りて読んだので、
リンクは全然わかりません・・・。どこだろう?
今度図書館に行ったら「対話編」借ります!
貸し出し中だったら凹むな・・・。
| 木曽のあばら屋 | 2007/09/12 7:48 PM |
木曾のあばら屋さん、こんばんは。
間があいているとみつけるの難しいかもしれませんね。
図書館にあるかな。
「対話篇」が貸出中ではないことを祈っています。
ぜひリンク探してみてくださいね!
| 雪芽 | 2007/09/12 9:10 PM |
それぞれの話は、雪芽さんの書いているように映画なら違うジャンルの棚に並ぶものですよね。
でも、そんなそれぞれの物語が「ローマの休日」の上映会で交錯するって、なんだかすごいことだって思えてじーんとしてしまいました。

「対話篇」とのリンク、気になるところがあるんで、私も図書館へ確かめに行かねば・・。
| june | 2007/12/13 9:26 PM |
juneさん、こんばんは。
「ローマの休日」上映会で交錯する人と人。
それぞれの短篇を読んできて、登場人物達に親近感を感じていた後にくる展開としては、一種の感慨がありました。
思えば現実にもあることなんですよね。
映画館、コンサート……
それを物語として組み込んでしまう金城さんに不意打ちをくらいました。

「対話篇」は新装版が出ていますね。欲しい誘惑に負けそうです。
| 雪芽 | 2007/12/14 12:25 AM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

映画篇 〔金城 一紀〕
映画篇金城 一紀 集英社 2007-07売り上げランキング : 2632おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 物語の力が弾ける傑作!! 笑いと感動で胸が温かくなる傑作ぞろいの作品集。 『ローマの休日』『太陽がいっぱい』など不朽の名作をモチーフに、映
| まったり読書日記 | 2007/09/08 10:28 PM |
映画篇 金城一紀
扉画は鴨居まさね。装丁は岩瀬聡。書き下ろし短編集。 太陽がいっぱい:作家になった僕と永花の再会。甦る龍一との映画の日々。…再生。 ドラゴン怒りの鉄拳:夫を喪った主婦のわたしとビデオ店員鳴海との交流。…決意。 恋
| 粋な提案 | 2007/09/09 12:07 AM |
「映画篇」金城一紀
映画篇金城 一紀 (2007/07)集英社 この商品の詳細を見る 映画をモチーフにした5篇が収録。その元になった映画は5作中1作しか観ていませんが、そんなのは関係なかったです。ちなみに観たことあるのは「ドラゴン怒りの鉄
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/09/10 10:07 AM |
金城一紀【映画篇】
映画がきっかけで友達ができる。恋が始まる。人生が変わる。ちょっと大人になる。幸せになる。そんな人々の姿を描いた中篇5作を収載。 映画篇(2007/07)金城 一紀商品詳細を見る ...
| ぱんどらの本箱 | 2007/09/12 2:14 PM |
「映画篇」金城一紀
映画篇 じりじりと待ちわびた金城さんの新刊。待ったかいがありました。すごくよかったです。「GO」を思い起こさせる重い話、「対話篇」を思い起こさせる静かな話、ゾンビーズシリーズを思い起こさせるユーモアのあるあたたかい話、どれもよかったです。底の部分に
| 本のある生活 | 2007/12/13 9:13 PM |
映画篇<金城一紀>−(本:2009年11冊目)−
映画篇クチコミを見る 評価:98点 # 出版社: 集英社 (2007/07) # ISBN-10: 4087753808 大いに笑い、感動し、不覚にも泣いてしまった。 近年読んだ中では最高だ。映画好きのおっさんにはこれはたまらん。 この本を読もうかと思ったとき(昨日)には、図書
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/01/18 9:32 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS