本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「キラレ×キラレ」 森博嗣 | main | 「1日30分」を続けなさい! 古市幸雄 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「鴨川ホルモー」 万城目学


万城目 学 / 産業編集センター(2006/04)
Amazonランキング:6149位
Amazonおすすめ度:


ホルモーってなんぞや?ちょっと美味しそうな匂いがしないでもないタイトル。
表紙を見ての第一の疑問である。
次に思ったのがビートルズの「アビイ・ロード」ばりに、横断歩道を縦列で歩く四人の男女の姿。青い浴衣でしかもひとりはちょんまげときている。なんだ、なんなんだこれは?
そう、物語に登場する新入生達と同じく、疑問と興味に引きずられるうちに、すっかり熱きホルモーの戦いに引き込まれていくのだった。

謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。前代未聞の娯楽大作、ここにあり!
「MARC」データベースより
青春とはこうも些細なことに悶々と悩み、わずかなきっかけで有頂天へと上り詰め、上がったり下がったりと(忙しい、忙しい)、浮き沈みの激しい感情に奔走されるものなのだろうか。主人公の安部くんを見ていると、まさにこれが青春なんだなと思える。
京都、大学の怪しげなサークル、女の子への片思い、となれば森見さんを想像してしまうのだが、ほとばしる男汁はなくすっきりとまとまった青春小説となっている。

ホルモーとはなんぞや、と最初に抱いた疑問が明らかになるにつれ、興味は試合そのものに移っていく。これは戦いなのである。半信半疑の新入生同様、ほんの冗談としてのオチが待っているのかと思っていたのが間違い。戦いは真剣勝負なのである。だって負ければ、負ければとんでもなく恥ずかしいことが待ち受けているのだ。しかしである。負けてあられもない醜態を人目に晒す以前に、戦う姿そのものがはたから見ると恥ずかしくはないか、参加者諸君。
それはさておき、後半からの展開は仲間との友情あり、恋あり、戦いありでぐんぐん面白くなっていくので、もういっきに読んでしまった。目立たなかった楠木ふみの存在感が重みを増して、試合の場面では拍手喝采である。“吉田の諸葛孔明”素敵!安部くんとふみとの関係ももどかしいくらいに微笑ましく、青春小説にふさわしいラストだった。
友情ということでいえば、仲間を信じることの熱き心に安部くんが気づくくだりとか、高村くんとのやり取りも、青春していて爽やかに感動させてくれる。

ホルモーなんて発想どこから出てくるんだ!と感心するが、陰陽道に由来しているところが京都ならではという気がする。
至極真面目に執り行われる吉田代替りの儀も、真面目なだけに余計可笑しいのだ。しかもそこで歌われるのが懐かしいレナウンのCM曲って、どういう因果関係だ(笑)

万城目さんの2作目『鹿男あをによし』も購入済なので、というかだいぶ前に2冊を続けて買ったものの、読書意欲が減退していままで積読本になっていたのだが、この本が面白く読めたことだし早いうちに読むことにしよう。
単行本の新刊は買ったのなら新刊のうちに読まないとね。せめて文庫になってがっくしくる前にと思うのだった。

2007年9月17日読了
| 万城目学 | 19:56 | comments(10) | trackbacks(5) | | |

*スポンサーサイト

| - | 19:56 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんばんわ。
京都が舞台でなければ成り立たない不思議な世界が楽しかったんですが、読み終えてみたらあら不思議。若いっていいなぁ、仲間っていいなぁと、ちゃんと青春小説を読み終えた気持になっていました。
「鴨川ホルモー」がおもしろかったんで、「鹿男あをによし」を買って、私もずっと積んでたんですが、雪芽さんの記事に触発されて読みたくなってきました。

吉田代替わりの儀は、そんなことだろうとは思ったんですが、笑えました。レナウンのCMソングがナイスです。
| june | 2007/09/17 11:17 PM |
ホルモーとはなんぞや?って本当に気になりますよね。交差点で顔見せのシーンはちょっとカッコイイかもと思ってしまったのですが、やっぱりその後を考えると恥ずかしくて挑戦したいとまではなれませんでした。レナウンだけは……。
| たまねぎ | 2007/09/17 11:41 PM |
juneさん、こんばんは!
こちら側に見えないはずのモノが顔を覗かせる、そんな不思議な世界に意外と青春ドラマがしっくりきてました。
吉田代替わりの儀、やってくれますね。面白過ぎだ君達。
レナウンのCMソングとサムシングが頭の中を…、どうしましょう^^;

>若いっていいなぁ、仲間っていいなぁ
思いました、思いました!あと○○歳若ければなぁ(笑)

juneさんも「鹿男あをによし」積読ですか。一緒だわ。
お互い早いとこ読みましょうね!
| 雪芽 | 2007/09/18 10:59 PM |
たまねぎさん、こんばんは!
交差点での顔見世シーンは読んでいて胸が高鳴りました。
カッコ良かったです。
レナウンだけは勘弁して欲しいですよね。
たまねぎさんは男性なので身にレナウンの危険が!
| 雪芽 | 2007/09/18 11:01 PM |
こんばんは。

爽やかな伝奇小説でしたねぇ。

>レナウンの危険…
実は学生時代、踊ってました(笑
もうずっと昔の話ですが。
| juzji | 2007/10/01 6:46 PM |
juzjiさん、こんばんは。
え〜〜〜、学生時代に踊った経験がおありなんですか!!
それはなぜ、どのような状況で?
詳しくお聞きしたくなってしまいます。
まさかこの本のようなことはないと思いますが、つい踊りだしたくなる曲ではありますね♪
| 雪芽 | 2007/10/02 10:46 PM |
雪芽さん☆こんばんは
青春とは、どんなことでも思いっきりできることなのかなぁ?
「鹿男あをによし」も面白いから、ぜひ読んで下さいね。
| Roko | 2007/11/25 8:55 PM |
Rokoさん、こんばんは!
どんなことも出来る勢い、
それが青春なのかもって思いました。
いいな、羨ましいことです。
「鹿男おをによし」、読むの忘れてた!!
思い出させて頂いてありがとうございます。
ドラマ化もされるようで、早く読まねば。
| 雪芽 | 2007/11/25 11:17 PM |
はじめまして。
TBさせていただいたので御挨拶です。
大変格調高くバカバカしさでとてもおもしろかったです。
映画も見たのですが、オニの出来が予想を超えてよかったです。

| 山手のドルフィン | 2009/09/06 8:38 PM |
山手のドルフィンさん、ごんばんは。
お初にお目にかかります。
バカバカしさもここまで突き抜けると清々しいくらいですね。
ずいぶんと笑わせてもらいました。
映画は迷っていたんです、観るの。
でも、オニの出来栄えを自分の目で確かめてみたくなりました。
今度DVD借りてみます♪
| 雪芽 | 2009/09/07 7:24 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

「鴨川ホルモー」万城目学
鴨川ホルモー 最初タイトルを見たとき、焼肉の話だと思ったんです。鴨肉とホルモンのことかと。で、青春小説らしいというのがわかって、焼肉道場!みたいな話(意味不明)かなぁとか思ってたんですが、読んでみたら焼肉は全く関係ありませんでしたが、やっぱり青春小
| 本のある生活 | 2007/09/17 11:18 PM |
鴨川ホルモー  万城目学
プリンさんがこのタイトルをコメントに書き残していかれた時、真っ先にホルモー?ホルモーって何じゃ?と疑問に思ったのですが、そのホルモーというのがやっぱりこの作品の肝になります。 じゃあホルモーとは何かと言うと、それはやっぱりご自分でお確かめ下さい。
| 今更なんですがの本の話 | 2007/09/17 11:59 PM |
【鴨川ホルモー 】 万城目 学 著
第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 この賞自体は何を意味するのかわからないけど、「王様のブランチ」で紹介されていたのでチェックしてみました。 《謎のサークル京大青竜会に入った安倍を待ち構えていた「ホルモー」とは? 恋に、戦に、チョンマゲに、若者
| じゅずじの旦那 | 2007/09/29 10:48 AM |
『鴨川ホルモー』 万城目学
鴨川ホルモーposted with amazlet on 07.03.12 万
| Roko's Favorite Things | 2007/11/25 8:52 PM |
○読書記録○ 「鴨川ホルモー」 万城目学
くぅに貸してもらいました。 実はこの作者の、「鹿男あをによし」を読みたい!と思った 瞬間テレビドラマ化が決まり、これはドラマが終わるまで 読まないようにしなくては…と思っていたら鹿男は店頭から 消えてしまい、いまだ未読。それと入れ替わるように本
| The 近況報告! | 2009/09/06 7:10 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS