本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「レヴォリューションNo.3」 金城一紀 | main | 「つくもがみ貸します」 畠中 恵 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*RICCA〜初雪にグラスを傾けて


10月も終わろうという頃、このワインに出会った。ワインの名前である「RICCA」は、リッカと発音する。漢字にすれば六花となる。六角形をした雪の結晶を六つの花弁になぞらえ、昔の人は六花と名付けたのである。ボトルに雪の結晶が並んでいる。これはもう買わずにおれませんて。
初雪が降ったら飲もうと心ひそかに決めた。ちょうどその頃、雪虫が宙を漂うように飛ぶ様を目にもしていた。雪虫が飛べば雪は近いと、北の国に住む者は冬の訪れを予感する。
そして11月2日、ついに初雪は地上に舞い降りた。
とはいえ、待っていた初雪は降るには降ったのであるが、実際は目にしていない。雪が舞う大通り公園の映像と初雪を伝えるニュースで始めて知って驚くという、なんだか気の抜けたことで、まるで実感がない。
(楽しみに待っていたのに〜、シクシク)
ともあれワインを開ける。二日遅れ、初雪も見ていない、どうも間抜けな感が拭えないなぁ。まあよいか。これから嫌になるほど雪を見るのである。まだ見ぬ雪にそっと乾杯する今宵。

雪のことを書いたあとに秋のことを書くのもなんだが、いまは目の前の秋に気持ちがいっている。手にした秋にニンマリとしている状態なのだ。
心待ちにしていた恒川光太郎さんの新刊『秋の牢獄』が出たのである。もちろん買ったのである。森見さんの『有頂天家族』を読み終えたので次はこれ!すぐにも読みたい本が手元にあるのって、それだけで心楽しい気分になるものだ。もう少しこの楽しさのままコロコロと気持ちを転がしておこうかどうしようか。
有川さんの図書館シリーズも最終巻が出るようだし、その前にたっぷり浸ろう。
と、読書する意気込みは、意気込みだけはというほうがより正しいが、あるのだけどいかんせん睡魔には勝てない。どうしてこうも毎日眠いのだろう。睡魔も退散する目の覚めるような物語を読みたい!
| 365分の1ーもの想う日々 | 22:41 | comments(10) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:41 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さんこんばんは♪
今日まで東京にいたのですけど、「東京の方がなんとなく神戸より寒い」なんて思っていたら、札幌は雪ですか。
こっちは雪自体降るのかなぁーー??
| やぎっちょ | 2007/11/04 11:49 PM |
雪芽さん こんばんは
初雪ですか、北海道は季節がはっきりしているんですよね。秋から冬へ、そして冬から春へ、きっと冬は厳しい季節なんだとは思いますが、それでも何となく憧れます。恒川さんの新作、私も入手しましたが、暫くは寝かせて熟成させてから読もうと思います 苦笑
| yori | 2007/11/05 9:42 PM |
やぎっちょさん、こんばんは!
雪、降りましたよ。いまは跡形もないですけど。
東京のほうが寒く感じるのは、神戸のほうが西よりだからでしょうか。
南へ行くほど暖かいイメージですが、そうとは限らないのかな、どうなのかな。
雪のない冬って想像がつきません。
| 雪芽 | 2007/11/05 9:44 PM |
yoriさん、こんばんは。
冬は雪に包まれて色を失う。
だから春の彩り、夏の緑、秋の紅葉、
四季がより一層鮮やかに目に映るのでしょうか。
あたりまえですが冬は半端なく寒いですよ。
時には鼻毛もくっつきます(笑)

恒川さんの新刊入手されたんですね。
熟成させるのもいいなぁ。
読み頃はいつでしょう。
私もまだ手の内に転がしたままです。
読むのが楽しみですね!
| 雪芽 | 2007/11/05 10:27 PM |
一時期、りっかをろっかと読んでしまっていました。チョコの罠です。
有川さんもいよいよ発売で嬉しい悲鳴が止まりません。森見さんもよかった〜。
| たまねぎ | 2007/11/10 7:18 PM |
たまねぎさん、こんばんは!
甘い罠にハマっていたのですね。
確かにあちらはリッカじゃなくてロッカと読みますものね。
最近読みたい作家さん達の新刊ラッシュで嬉しい悲鳴です。
つい買ってしまうのでほんとのところ財布が悲鳴。
有川さんの新刊も読みましたよ、きゃ〜(な、なんだこの叫びは)
森見さんも面白かったですね〜
| 雪芽 | 2007/11/11 8:50 PM |
雪芽さん こんばんは
とてもとても基本的なことをお尋ねして申し訳ないのですが、雪虫って本当の虫なんですか??
さて、私も今夜から「秋の牢獄」読み始めます!!
| yori | 2007/11/11 9:51 PM |
yoriさん、こんばんは。
雪虫ってほんとのほんとに虫なんですよ。
アブラムシの一種で雪虫としてよく目にするのは、トドノネオオワタムシというそうです。
この雪虫は不思議な生態を持っているのです。
いつも初雪の頃、雪虫のことと不思議な生態を研究した大学教授のことなど書こうと思いながら、季節が過ぎてゆきます。
ちなみに「ゆきむしスフレ」というお菓子もあります。

「秋の牢獄」ほどよく熟されましたか。
yoriさんの感想を読ませて頂くのを楽しみにしていますね!
| 雪芽 | 2007/11/12 9:58 PM |
雪芽さん こんばんは
御丁寧にありがとうございます!!
私は風花とか、そのようなものを想像していました。雪虫の不思議な生態、ぜひ記事にして下さい!!
| yori | 2007/11/12 11:19 PM |
yoriさん、こんばんは!
今日はこの目でしっかり雪を確認しました。
ついに冬が来た〜
すでに雪の季節に突入ですが、雪虫のこと書いてみたいと思います。
背中を押して頂いてありがとうございます。
| 雪芽 | 2007/11/15 8:20 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS