本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「つくもがみ貸します」 畠中 恵 | main | 始  みに○通信1996△001 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*鳴家をお持ち帰り

しゃばけ読本
 しゃばけ読本
 畠中 恵
 新潮社 (2007/11/7)




本屋で発売日を待ち遠しく思っている本を目にした時の行動はといえば。
つつつと小走りに駆け寄り、本をぐわっしと手に掴み、会いたかったよ〜と抱きしめたくなる衝動を抑えながら、何気ないふうを装ってゆっくりと目的の場所に近づき、おやこんなところにこんな本が、と初めて興味惹かれたそぶりでお目当ての本を手にする。本をわが手に取るまでの心理過程が長くて、それだけでもう息が切れるというもの。(やれやれ、どうして普通に買えないものかね)
内心嬉しくて仕方ないので、気を抜けば本を手にニンマリ微笑んでいる、なんてこともあるかもしれない。そんな時に限って誰かと目が合うことだってあろう。ああ、恥ずかしい。(注・本屋はひとり芝居をする場所に在らず)

本屋へは欲しい本のあるなしにかかわらず立ち寄る。とにかく毎日といわずとも足しげく行く。いわば自分の中ではすごくありふれた行動パターンだ。だから先に書いたようなことはめったにない。そんなにそんなに嬉し恥ずかしなほど、待ち遠しい本がたくさんあるわけないのだ。

ところがねぇ、最近そうでもない。お気に入りの作家さん達が増えているということもある。中には続きが気になるシリーズものもある。近々の話でいえば、森見さんの『有頂天家族』、恒川さんの『秋の牢獄』、そして速攻買いに行って速攻読んだ有川さんの図書館シリーズ『図書館革命』がある。たとえ極力単行本は買わないという自分への戒めを破ったとて、財布が断末魔の悲鳴を上げようと、好きな本を手にする至福の喜びの前では無である。
そう、無。ふっ、ふっ、ふ〜、吹けば軽〜く飛んでいくのだ。
あらら、自分はいったい何について書こうとしたのか、当初の目的からだいぶ話が逸れてしまったようだ。

で、楽しみに待っていた『しゃばけ読本』を購入して参りましたよ♪
表紙絵で柴田ゆうさん書くところの鳴家が扇を持って我を誘うようだ。それならばちょっと誘われて中にお邪魔してみようかね。

フジTV系で放送予定のドラマ『しゃばけ』のロケ現場潜入ルポに始まり、畠中さんのインタビューや対談、シリーズ紹介や登場人物紹介もある。雑誌連載時の柴田さんの挿絵が多数掲載されているのも嬉しい。新旧の長崎屋の間取り図は物語を読むには重宝だ。収録されている大半はすでに雑誌などに掲載されたものであるが、このようにひとまとめに読めるのは有り難い。

バーチャル長崎屋で働く奉公人たちも大活躍。皆さん妖たちに負けず劣らず、個性豊かで面白い方々のようである。畠中さんや柴田さんとの対談、奉公人同士でのインタビューなどずいぶん笑わせてもらった。

バーチャル長崎屋奉公人インタビューにもあったが、自分がこのシリーズの中で好きな作品一番を選ぶとしたらなんだろう。やはりあれかな。
「空のビードロ」、『ぬしさまへ』に収められた一篇である。
兄松之助が根付の青いビードロを天にかざす場面の描写が秀逸だった。お気に入りにリンクさせて頂いているブログ更新のお知らせを、青く光る玉にしたのもこの物語があった故なのだ。

いつも楽しませてくれるしゃばけの世界がまるごと入った『しゃばけ読本』は、我が家にも一匹鳴家を欲しいと思う人にはぜひぜひお薦め。というのも、抽選で鳴家ストラップが当たるんですよ!
当たれば当たるんですよ〜
すでにしゃばけファンの方も、これからの方にもおススメ!
| 畠中恵 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 21:39 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS