本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 幻のイレブン | main | 「秋の牢獄」 恒川光太郎 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「有頂天家族」 森見登美彦

有頂天家族
 有頂天家族
 森見 登美彦
 幻冬舎 (2007/9/25)





京都の街を闊歩しているのは、天然黒髪乙女や男汁溢れる妄想男子大学生ら、人間達ばかりではないらしい。

《かくも毛深き家族愛!!》

毛深いのはちょっと苦手である。天然純毛100パーセントのモコモコとした手触り肌触り。想像するとなんて、なんて……、かわいいのだろう!両腕に収めてぎゅっとしたくなる。寒いこれからの季節にはなおのことだ。温まるには純毛毛玉とお鍋が一番。
とはいえ、いくら食べちゃいたいくらいかわいいと思っても私は食べませんよ、毛玉達を。私はね。ならば誰が食べるのかというと、金曜倶楽部という怪しき集団がなのだ。彼らの忘年会のお鍋のメイン具材は狸。そう昔話にもよく登場する狸だ。物語の主人公は毛深き狸達、愛らしい毛玉達なのである。

糺の森に住む狸の名門下鴨家は、父・総一郎が鍋にされあっけなく命を落とすという出来事があり、母と四兄弟が残される。宝塚の男装の麗人に憧れるおっとりした母、生真面目だが融通が利かなく土壇場に弱い長兄・矢一郎、まったくやる気をみせない次兄・矢二郎は蛙に姿を変えたまま井戸暮らし、度胸はあるが楽天主義で面倒を起こしてばかりの三男・矢三郎、怖がりで化けてもすぐに尻尾を出してしまう末弟・矢四郎。
下鴨家の宿敵である夷川家との狸の名誉賭けた争いに、狸界のみならず、天狗界、人間界をも巻き込んだ三つ巴の化かし合い、騙し合いが繰り広げられる。毛深き家族愛の行き着くところは愛か涙か。
モリミ〜ワールド炸裂で最後の一行までいと楽し!いと可笑し!
狸といえば狐と違い、愛嬌があってどこか抜けているという印象だ。この抜けた感が作品全体にあって、緊迫した場面もほどよく力が抜け、阿呆だねぇとつい笑が出てしまう。さすが『阿呆の血』のなせる技。
偉大な父の血を受け継いだはずの四兄弟は、半人前という言葉があるけれど、いってみれば四分の一匹前。誰一匹として父には遠く及ばない。及ばないながら雷とくれば何をおいても母大事と駆けつけるところなんぞはいい。ずっと謎だった父の最後の言葉が生きるのも、四分の一匹前ぞろいだったからといえる。兄弟愛にもホロリときた。偽電気プランを持って走る末っ子の姿の健気なことといったら、食べちゃいたいくらい可愛いのだ。食べません、食べませんて。

人間に恋をし、天狗の能力ガタ落ちの赤玉先生の拗ね方もかわいいところがある。かつて如意ケ獄薬師坊と呼ばれた立派な天狗の大先生とは思えないゴネぶり(笑)
恋の相手弁天は人間ながら赤玉先生の指導により、天狗のように空も飛べる妖艶な美女。考えてみると弁天の手の平の上で、狸も天狗も人間もいいように転がされている。陰謀と策略の影に弁天ありではないか。天然黒髪乙女とは真逆な魅力を持つキャラだ。

ここでも健在な森見さんの脇を含めたキャラの面白さ、家族愛、父の死にまつわる謎解き、疾風怒涛のごとく展開する最終章と、やっぱり森見さんはオモチロかった!とくに京の街を快走する偽叡電の疾走感と颯爽感、毛玉達の目前に迫る危機が呼ぶ緊張感、手に汗握る展開にはハラハラドキドキのしどおしだった。堪能、堪能。
「有頂天家族」第二部も始動しているようだ。次はどんな騒動が起きることやら。楽しみに待つとしよう。

今年の忘年会は鍋大会、赤玉ポートワイン付き!、もいいかな。

2007年11月4日読了
| 森見登美彦 | 15:10 | comments(16) | trackbacks(12) | | |

*スポンサーサイト

| - | 15:10 | - | - | | |

♯ コメント

こんにちは。

魅力的な登場人物(人ではないものも)や、めくるめく展開と本当に楽しい物語ですよね。
最後の疾走する偽叡電と夷川兄弟の化かしあいの疾走感はたまらないものがありました。

「朱硝子」での赤玉先生と総一郎のやりとりなんかもちょっと寂しさが漂っていてよかったです。
この本を読んでいると、「ひょっとして私にも阿呆の血が流れているのでは」なんて思ったりもしますね。

雪芽さん、忘年会に鍋ということは、ひょっとしてその具は……!
| 空穂 | 2007/11/18 9:54 PM |
空穂さん、こんばんは。
面白かったですね!
森見さんの作品を読むと元気が沸いてきます。
「朱硝子」でのやりとりは、悲しいような、寂しいような余韻が残りました。笑いの中にもの悲しさのある描写があるとグッときます。上手いなぁ。
阿呆の血ですか?
それが楽しきことに繋がるならば、よいことではないでしょうか、と。

え、普通のお鍋ですよ。フ・ツ・ウ
なんか疑ってますかね(笑)
| 雪芽 | 2007/11/18 11:34 PM |
雪芽さん、こんばんは。
多彩な登場人物が入り乱れて巻き起こる珍騒動、
堪能しましたね〜。
キャラクターでは弁天が、黒髪の乙女とはまったく違ってて新鮮でした。
テーマも恋愛・友情・青春から家族愛の物語で一味違う内容でしたね。
続きがとっても楽しみです。
| 藍色 | 2007/11/19 2:23 AM |
哀愁たっぷりのこの作品に私はメロメロです。
赤硝子のカウンターで渋く決める阿呆狸。
可笑しくて可愛くて食べちゃいたくなるのも無理はありません。


年末の鍋…それはいったい何曜日。
たっ、食べたりしませんよね(笑)

| たまねぎ | 2007/11/20 12:40 AM |
藍色さん、こんばんは。
面白キャラがいっぱいで、それだけでも楽しい。
敵役のはずの金閣銀閣でさえお馬鹿で憎めないし。
森見ワールドたっぷり堪能しました♪
テーマも家族愛がど〜んと全面に出て、これまでとは少し違ってましたね。
可笑しいんだけど、ちょっと心に沁みる。
面白かった〜
続きが楽しみ過ぎます!
| 雪芽 | 2007/11/22 8:42 PM |
たまねぎさん、こんぱんは。
おお、メロメロですか〜、
そうですよね、メロメロですよ〜、私も!
これだけ笑えるのに、しんみりとくるところもあるんですから。毛玉の虜です。

鍋はもちろん金曜日でなくてはなりませんよね。
ふふふふふ……

| 雪芽 | 2007/11/22 9:22 PM |
そうなんです。緊迫した場面も、悲しい場面も、
狸のせいか程よく力が抜けちゃうんですよね。
「捲土重来」に目が回りそうになり、
偽電気ブランを持って走る末っ子の健気さに食べちちゃいたく・・いえ、ほろりとして
偽叡電の疾走に快哉をあげ・・。
本当に読んでいて楽しかったです。

| | 2007/11/29 9:50 PM |
JUNEさん、こんばんは。
楽しかったですね〜
偽電気プランだとか偽叡電だとか、偽がついているだけに胡散臭い(笑)匂いプンプンだけど、森見さんの描くありえない世界では、なんて心そそるアイテムでしょう。
楽しい、楽しい〜!!って有頂天になって読めるのが最高です。
さらにほろりとなる哀愁まで。
この面白さ、堪りません。
| 雪芽 | 2007/12/01 8:10 PM |
雪芽さん、こんばんは(^^)。
狸に天狗に人間に。てんやわんやな森見ワールドですが、面白かったです〜。
特に狸たちの破天荒なまでの化けっぷり。山に化けるって、そりゃないでしょ〜的な突っ込みは、もう入れる気にもなりません(笑)。
矢四郎君が、可愛いですよ、いじらしいですよ、哀れですよ、微笑ましいですよ!
オバさんは、声を大にして矢四郎君を応援いたします(^^)。
| 水無月・R | 2008/02/20 9:57 PM |
水無月・Rさん、こんばんは。
三つ巴のてんやわんやでもちゃんと森見ワールドにしてしまう。お見事というよりありません。
ほんに面白かったですよね〜
山はね、驚きですね、山ですよ!!(笑)
矢四郎がこのうえなくかわいくて、応援したくなりますね。
矢四郎負けるな〜
| 雪芽 | 2008/02/24 5:14 PM |
初めまして。TBお邪魔します。
面白かったですね。くだらなさの中にも深い話が潜んでいて、本当上手いなぁと思いながら読みました。狸たちもみんなかわいかったし。すっかり森見ワールドにはまってしまいました。
| masako | 2008/03/01 11:08 PM |
masakoさん、初めまして!
TB、コメントありがとうございます。
森見ワールド炸裂、面白い〜と大笑いしながら読んでいて、ふと気づくと沁みるなぁとなる。
笑いの中の隠し味には参りました。
二部へと続くのでまたかわいい狸たちにも会えますね。

| 雪芽 | 2008/03/02 12:55 PM |
こんにちは。

うさんくさいですねぇ、やっぱり京都は…(笑
でも、なんかあったかい。
人情味というか、家族愛というか。

狸に化かされるくらい、飲んでみたいもんですね、「偽電気ブラン」!
| じゅずじ | 2008/03/02 1:38 PM |
1じゅずじさん、こんばんは。
京都に行ったら狸に化かされないようにしなくては(笑)
でも、化かされてもいいから呑みたいですね、偽電気プラン!
家族愛には鼻がツ〜ンとなりました。
この温かさはいいですね。
| 雪芽 | 2008/03/02 11:14 PM |
阿呆でしたね〜。
でも、愛すべき阿呆というか、
敵役のはずの金閣&銀閣まで
かわゆいと思っちゃうんだから
すっかりはまってしまった証拠。
狸たちとともに偽電気ブランで
大宴会を催したいですね〜♪
| エビノート | 2008/03/30 10:33 PM |
エピノートさん、こんばんは。
阿呆が過ぎて逆に笑っちゃいました。
憎々しいはずの金閣&銀閣も全然憎めないし。
偽電気プランで大宴会いいですねっ!
自分も一緒に阿呆の渦に巻き込まれて、
陽気にどんちゃん騒ぎしてみたいです〜
| 雪芽 | 2008/03/31 9:27 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

森見登美彦 / 有頂天家族
[Amazon] [bk1] 森見登美彦さんの「有頂天家族」を読み終わりました...
| 柚子庵 | 2007/11/18 9:40 PM |
有頂天家族 森見登美彦
イラストレーションは平田秀一。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。パピルス掲載+書き下ろし。 京都・糺ノ森に住む狸の下鴨家。数年前に父・総一郎を狸鍋で喪い家族は母と四兄弟。主人公で語り手は三男の矢三郎。落ちぶれてア
| 粋な提案 | 2007/11/19 2:27 AM |
有頂天家族  森見登美彦
さあて来ましたよ有頂天。たぬきのはなしです。『夜は短し歩けよ乙女』が既読だったので保留になっていた直木賞特集もこれでようやく終わりです。後は芥川だ。 長男、矢一郎。亡き父のようになりたいと願い、偽右衛門の座を得るべく、東奔西走する一家の大黒柱。他
| 今更なんですがの本の話 | 2007/11/19 10:30 PM |
「有頂天家族」森見登美彦
有頂天家族 ファンタスティック!思わずそう叫んでしまいそうな世界でした。やっぱり森見さんの世界は好きです。狸や天狗、はては半天狗なる美女弁天やら風変りなものが次から次へ出てくるんで、最初はなかなかテンポに乗れななかったんですが、世界に入ってしまって
| 本のある生活 | 2007/11/29 9:56 PM |
有頂天家族  森見 登美彦
有頂天家族 森見 登美彦 JUGEMテーマ:読書  07−272 ★★★☆☆  【有頂天家族】 森見 登美彦 著  幻冬舎  《そこのあの人が狸なのか、…》  内容紹介より 第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/12/01 11:34 PM |
有頂天家族 森見登美彦
有頂天家族 ■やぎっちょ書評 いや、正直読む気していなかったんです。告白。 だってもりみーのブログにさんざん「次は毛深い男のお話」「可憐な乙女はでてこない」って書かれてたもん。発売前に。 でもって可憐な乙女のお話以外の本が実はあまり好きではないので、
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/12/08 11:27 PM |
『有頂天家族』/森見登美彦 ○
森見登美彦さんといえば、『夜は短し歩けよ乙女』で、水無月・Rを大感激させた作家さんでございます。あの昭和初期文学調な、時間の流れが違うかのような、気品と笑いの漂う物語でしたね、あの作品は。 今回、気品の方は「狸の持つ阿呆の血」やら「天狗の威光」やらに
| 蒼のほとりで書に溺れ。 | 2008/02/20 9:34 PM |
【有頂天家族】 森見登美彦 著
うさんくさい本です。 何しろ、主人公が京都の「狸」ですから… 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙にな
| じゅずじの旦那 | 2008/03/01 10:25 PM |
森見登美彦 『有頂天家族』
有頂天家族/森見 登美彦 ¥1,575 Amazon.co.jp 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/03/01 10:51 PM |
有頂天家族 〔森見 登美彦〕
有頂天家族森見 登美彦 幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 1041おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 第20回山本周五郎賞受賞第一作! 著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。 偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれ
| まったり読書日記 | 2008/03/30 10:18 PM |
有頂天家族<森見登美彦>−(本:2008年72冊目)−
有頂天家族 出版社: 幻冬舎 (2007/9/25) ISBN-10: 4344013840 評価:90点 面白かった。 誰が読んでもそんな気持ちになるんじゃないだろうか。 奇想天外荒唐無稽の展開。 とびっきりの阿呆らしさを存分に振りまきながら、なんとなく切ない気持ちにもなっ
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/05/15 11:17 PM |
『有頂天家族』(森見登美彦) <感想&書評>
有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 32310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 糺ノ森に住む狸の名門・下...
| Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜 | 2008/06/07 7:35 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS