本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「遠まわりする雛」 米澤穂信 | main | 「面影小町伝」 米村 圭伍 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「鹿男あをによし」 万城目学

万城目 学
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-04)

デビュー作の『鴨川ホルモー』で大いに笑わせてくれた万城目さんの2作目。
実は購入したのは去年の春。万城目さんの名前はあちこちのブログで目にしていたので、いずれは読みたいと思っていた。そんな折、出版されたばかりの『鹿男あをによし』が、どうぞどうぞ買って下さいなといわんばかりに本屋に並んでいた。見ればサイン本である。サイン本集めを趣味としているわけではないが、ないよりはあったほうがよい。黄金色のサインに目が眩み購入することと相成った。
でも、どうせならデビュー作から読んでみようと『鴨川ホルモー』を読み、次は鹿男と思っているうちに日が過ぎてしまったというわけだ。

「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞!

以下はネタバレ含む 
式神の次は鹿。それもただの鹿ではない。
と、鹿についてはおいおい書くとして、きみは神経衰弱だから少しの間大学の研究室を離れて外の空気を吸ってみては、という教授の言葉により、奈良の女子校に赴任することになった「おれ」。骨休めのはずがとんだ使命が彼を待ち受けていたのだ。ほんとうにこれがとんでもない(笑)

古の歴史的背景を織り込み、奇想天外な発想と、スリリングなストーリー運びにサクサクと読んでしまった。歴史も好きだから名所や史跡が随所に出てきて、それだけでも大いに楽しめてしまう。歴史に興味なし、或いは疎いのでちょっとねという人には、歴史教師の藤原君という解説役を置くことですんなり読み進むことが出来るよう配慮されている。
なによりも物申す鹿の存在が大きい。厳かな雰囲気と担う役割を思えば、雌鹿なのにおっさん声、ポッキー大好きというギャップが笑いを誘う。鹿だけではない。京都の狐に大阪の鼠の三つ巴。ありえない現実に係った人間は右往左往するばかりだ。

ちょっと情けないような風情が漂ってしまう主人公、くわせものの教頭リチャード、のほほんとした藤原君、きりりとした堀田イト、マドンナの存在、みんな物語の中に上手くハマっていた。

大和杯を賭けた剣道の対抗試合は読ませる。読む時ちょっと力入ったものね。

“サンカク”を巡る謎の部分に絡んで語られる因縁の歴史。『魏志倭人伝』だとか卑弥呼、三角縁神獣鏡なんて言葉にここでお目にかかるとは意外だった。小さい頃からよくよく耳にした言葉である。昔からある邪馬台国論争を思いながら、学者の情熱が道を誤る見本のような笑えないリチャードの姿は、なんともはやである。

『鴨川ホルモー』よりは笑いの点で及ばないものの、あれは爆笑ものだったので、緻密な構成は上手いなと感じたし、その上ユーモアもあって面白く読んだ。全体の雰囲気としてはこちらのほうが好みといえる。

2008年1月6日読了
| 万城目学 | 16:55 | comments(14) | trackbacks(10) | | |

*スポンサーサイト

| - | 16:55 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
もうすぐドラマが始まりますね。
初回ぐらいは観ようかと思ってます。

次は大阪が舞台、「プリンセス・トヨトミ」だって。
どんな作品でしょうね。
| しんちゃん | 2008/01/13 8:17 PM |
万城目さん、いいですねぇ。
ホルモー六景までの3作、全部読みましたがすっかりファンになりました。
ドラマもすごく楽しみです。
玉木宏さんはもちろんですが、堀田イトが多部未華子ちゃん、リチャードが児玉清さんっていうのもすごくハマッてると思います。
当分、万城目さんを追っかけます。
| | 2008/01/13 9:40 PM |
しんちゃん、こんばんは。
ドラマが始まる前にと思って慌てて読みました(笑)
私も初回は観てみるつもりです。
次は大阪ですか。
「プリンセス・トヨトミ」って、いったいどんなお話になるんでしょう。
| 雪芽 | 2008/01/13 11:26 PM |
栞さん、こんばんは。
わあ、全部読んだんですか。
万城目さん面白いですよね、ハマります。
リチャードが児玉清さんてぴったり。
配役はイメージとあまりずれていないので期待してしまします。
「ホルモー六景」も読むのを楽しみにしているんですが、まだ辿り着けそうもありません。
| 雪芽 | 2008/01/13 11:33 PM |
こんばんは。
面白かったですね。
渋みをきかせた中年男の声で話しかけてくる雌鹿、
かりんとう兄弟が笑えました。
新刊「ホルモー六景」もあすすめです。

トラックバックさせていただきました。
| 藍色 | 2008/01/14 1:09 AM |
こんにちは。

「サンカク」って何?
いろいろと肩透かしを食いましたけど、面白かったですねぇ(笑

いま、「ホルモー六景」読んでます!
| じゅずじ | 2008/01/14 5:36 PM |
藍色さん、こんばんは。
鹿がとってもいい味を醸し出していました。
奈良公園に行く機会があれば、鞄にポッキーを忍ばせて行きたいと思います。
かりんとう兄弟笑えましたね〜(想像すると笑いが)
「ホルモー六景」も読みたい、あれも読みたい、これもと読みたいほんばかり並んでいて嬉しい悩みです。
| 雪芽 | 2008/01/15 10:03 PM |
juzjiさん、こんばんは。
面白かったですね!
>「サンカク」って何?
三角クラッカー、三角おむすび、サンカクのものいろいろ思い浮かべてしまいましたよ。
これで上がり!と思ったら違う。焦らすなぁ。
主人公と一緒に読者も鹿に翻弄されてしまいましたが、
マイシカのオチとラストにやられました。
| 雪芽 | 2008/01/15 10:04 PM |
確かにホルモーより笑いは抑えめでしたが、小説としてさらに面白くなったなあと思いました。読んだときにはまさかドラマ化されるなんて…。
| たまねぎ | 2008/01/18 1:01 AM |
たまねぎさんへ
ホルモーは笑いのツボが多くて楽しめたし、こちらは趣が少し違いますが小説としての面白さは増してますよね。進化する万城目さんをみた気がしました。
ドラマになるとは驚きですね、鹿はどうするんだ鹿はって思いました。
| 雪芽 | 2008/01/20 5:48 PM |
雪芽さん☆おはようございます。
マイシカ連れてお散歩したら目立つだろうなぁ!
次は大阪ですか、それも楽しみです。(*^^)v
| Roko | 2008/02/10 9:41 AM |
Rokoさん、こんにちは。
マイシカとお散歩いいですね。
自分としてはマイペンギンとお散歩したいです!
大阪はどんなお話になるのやらとワクワク。
小説の中でいろんな場所が舞台になる度に、
その土地に興味が湧いて嬉しいことです。
| 雪芽 | 2008/02/10 12:27 PM |
TBさせていただきました。
つい先日奈良に行ってきたのですが、ドラマが終わって2年経ち、つい2か月ほど前にようやく本作品を読み終わったばかりだったので、忘れかけていたエピソードが思い出されなんだかとても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
| 山手のドルフィン | 2010/06/12 11:36 PM |
山手のドルフィンさんへ
TBとコメントありがとうございます!
開店休業状態続行中のこのブログへお越しくださる方がいらっしゃるとは、なんとも嬉しい限りです。
ブログもやめたわけではないのですが……

奈良へ行かれたんですね〜
いいなぁ、羨ましいなぁ、お供したいです(勝手に・笑)
行きたいと思っても、北海道からはではそうそう行けるものではないので、ドラマで見る街並みに心が逸りました。
鹿男の変身はどうするんだ?という興味とか、喋る鹿とか、いま本とドラマ双方を思い返しみながら懐かしさに浸ってます。
| 雪芽 | 2010/06/14 9:29 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

「鹿男あをによし」万城目学
鹿男あをによし万城目 学 (2007/04)幻冬舎 この商品の詳細を見る 大学の研究室に籍を置くおれに、ある日教授から話しがあると呼び出された。 二...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/13 8:13 PM |
鹿男あをによし 万城目学
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。書き下ろし。 主人公で語り手の28歳の「おれ」は、教授の勧めに従って大学の研究室から2学期限定で奈良女学館に赴任。でも鹿のおかげで「おれ」の奈良ライフは波瀾に満ちた日
| 粋な提案 | 2008/01/14 1:09 AM |
【鹿男あをによし 】 万城目学 著
1800年のロマン「ス」・・・!? 「鴨川ホルモー」で笑わせてもらってから、早1年。 ようやく手にすることができました [:拍手:] 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に
| じゅずじの旦那 | 2008/01/14 5:33 PM |
鹿男あをによし  万城目学
まさかこんなに早く直木賞候補に挙がってくるとは思わなかった万城目さんの『鹿男あをによし』です。 前作『鴨川ホルモー』と同じく、意味も分からず不条理に巻き込まれた青年が、その中で七転八倒するうちに人間的成長を遂げる話になります。もちろん神仏や怪異の存在
| 今更なんですがの本の話 | 2008/01/17 11:41 PM |
鹿男あをによし
鹿男あをによし プロフィール検索 動画検索 画像検索
| いま話題のエンターテイメントとは? | 2008/01/18 6:57 PM |
鹿男あをによし
鹿男あをによし プロフィール検索 動画検索 画像検索
| いま話題の検索語とは? | 2008/01/18 7:56 PM |
「鹿男あをによし」第一話
出番だよ。センセイ。 年末に帰省するバスで読むために買った本、「鹿男あをによし」...
| シャチョウさんの旅日記 | 2008/01/18 9:36 PM |
鹿男あをによしを読んでみました。
みなさん、こんにちは。鹿男あをによしを買ってきました。始めは軽い気持ちで1ページ...
| NOVELLOVE | 2008/02/05 7:52 PM |
『鹿男あをによし』 万城目学
鹿男あをによしposted with amazlet on 07.09.15 万
| Roko's Favorite Things | 2008/02/10 9:34 AM |
◎読書記録◎ 「鹿男あをによし」 万城目学
いやいや、これも文庫化を待っていたのに図書館でめぐりあえた 嬉しい出会い本です。
| The 近況報告! | 2010/06/12 11:21 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS