本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「仏果を得ず」 三浦しをん | main | 氷の花咲く日 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「きのう何食べた? 1」  よしなが ふみ

きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)
 きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)
 よしなが ふみ
 講談社 (2007/11/22)





美味しい漫画は好きです!
もちろんお菓子の家じゃあるまいし、漫画本がしっとりとしたスポンジケーキやサクサクのクッキーだったりするわけでないのは当然のこと。
43歳にして驚くほどの若さとハンサムぶりで、逆に周りから気味悪がられる筧史朗(シロさん)は弁護士。同じマンションの同じ部屋に同居する矢吹賢二(ケンジ)は41歳の美容師。ふたりは恋人同士、ま、いってみればゲイカップルなのである。BL系の話?

そうなのかもしれないがそうではないような。というのはどうもメインは、シロさんが作る料理のほうじゃないかと思えてしまうからだ。これがとっても美味しそうで食欲をそそる。よくいう男の料理とは違う。値段とにらめっこしながら近所のお店で安い食材を仕入れ、手際よく日常食する料理をこしらえる。材料、手順も漫画なのでわかりやすい。この部分だけ読むとまるで料理本かと思える。ご飯に汁物、おかずがずらっと並ぶ食卓。ほかほかと立ち上る湯気からは、なんとも芳しい匂いが漂ってきそうである。食べたい!絵に描いた料理なのが至極残念だ。そのためのレシピではある。漫画を読んだら料理を作ろう、となるかどうかは自分次第。

美味しい料理で目を楽しませてくれるがそれだけではない。
職場や肉親との関係、ゲイであるが故の苦労もあるけど、そのことも含めてカラッと明るくユーモアを交えて描かれているところがよい。主人公達のBL的シーンもないし、そういうのは苦手〜という人も安心(?)して読めるのではないかなと思う。シロさんとケンジの会話に笑い、ふたりを取り巻く人達の反応に笑い、絵だけど美味しい料理に満腹になる。シロさんの料理を笑顔で幸せそうに食べるケンジがかわいく見えてしまうのも不思議だ。見た目眼鏡を掛けたヒゲのある普通のおじさんなのになぁ。

今日は漫画が読みたい気分だったのでこの本を買って、『タルト・タタンの夢』が面白かった近藤史恵さんの『サクリファイス』も一緒に購入。いま読んでいるのは米村さんの『面影小町伝』で、退屈姫君シリーズにも登場したくノ一のお仙が主人公の話。今日明日中には読み終わるだろうか。そうしたらいよいよ伊坂さんの『ゴールデンスランバー』にいってみようか。

2008年1月8日読了
| 漫画 | 22:35 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:35 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは、樽井です。
 偶然にも今日自分のサイトで同じ本を紹介していたので、びっくりでした。この本、読んだあと何か幸せな気分になるので、連載も毎回楽しみにしています。 
 米村さん、最新作の「真田手毬歌」にも「お仙」さんなど出て来ます。米村ワールドはどこかでずーっと繋がっていますね。
 
| 樽井 | 2008/01/12 12:17 AM |
こんばんは、樽井さん。
同じ頃に同じ本を読んでいるってすごい偶然で驚きますね。
樽井さんは連載も読んでいるのですか。この漫画は読むと幸せな気分に包まれてほんわかでした。あったか気分のお裾分けしたいなと、さっそく知り合いに貸し出ししましたよ。好みが合えばよいですが。
「真田手毬歌」買いました!繋がる米村ワールドを楽しむためにも、全部読みたくなってしまいます。
| 雪芽 | 2008/01/12 8:44 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS