本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「優しいオオカミの雪原」上・下 ステフ・ペニー | main | 「こんな映画が、」 吉野朔美 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「夢のような幸福」 三浦しをん

松苗あけみさんの見るからに美味しそうな表紙に惹かれて購入。そういえば最近パフェを食べていない。バナナやイチゴにチェリー、賑やかしいトッピングで飾られたパフェを目の前にすると、とても嬉しくて幸せな気持ちになる。さてこのもりだくさんな幸せのどこから手をつけていこうかと。

しをんさんのエッセイ本を前にして、パフェの時と同じような気持ちになる。文庫本を左手にパラ見する。途中ではたと手が止まる。好きなものには即座に感知機能が働くようだ。『ロード・オブ・ザ・リング』とアラゴルンに熱狂するしをんさんに共感を覚えながら、ふむふむと読みいってしまう。
なんたる吸引力。恐るべし。パラ見のつもりが思わず途中を先に読んでしまった。最初に戻ることにしよう。

名作をしをん流に紐解き、漫画を語り、友人との旅行に旅先での古本屋巡り、大好きなバクチクライブ旅、どこまでも続く妄想爆笑エッセイ、とくと堪能致しました。
同じ素材を使っても、料理する人によってこうも変わるものかと思う。エッセイで取り上げられている『嵐が丘』は、いわずと知れた世界の名作のひとつである。しをんさん語るところの話の筋を追っていると、こんなにも面白い物語だったんだと、改めて読みたい気分になってくるから不思議だ。これは『あやつられ文楽鑑賞』を読んだ時にも思ったことだ。知ってはいるが敬遠気味の古典作品が、身近でとっつき易い作品に変わってしまうのだ。そんなこともあってか、このところ時代を遡って、読む本をみつけにいきたくなっている。
古典名作に限らずドラマでも映画でも、しをんさんの妄想フィルター越しに見ると、面白そう!となって、そう思わせる文章の吸引力がまた魅力であるのだ。

『ガラスの仮面』は何度となく愛読しているし、『ロード・オブ・ザ・リング』では同じくアラゴルンに心臓を打ち抜かれ倒れ伏した口である。だから読んでいるとつい一緒に熱狂してしまう。指輪情報やヴィゴ情報を求めてネットの海にも繰り出したし、原作『指輪物語』の最初の数十ページの、平和でたいくつな日々を読む苦痛を乗り越えた先に待っていた壮大な旅も忘れられない。なにかと懐かしい気分になる今回のエッセイである。

今更ながらの結論。しをんさんのエッセイは面白い。
たくさん出ているエッセイのほとんどは手つかずなので、これから先々の楽しみに出来るのは嬉しいことだ。と思ってさっそく本屋で平積みされていた『しをんのしをり』を買ってきた。この表紙の文庫は持っていないはずだ。そう、確かに持っていなかった。でも、すでに図書館で単行本を借りて読んでいたのだ。ブログにもちゃんと感想を載せてある。これは誰が書いたのだ。自分だ。動かぬ証拠を前に、己の記憶力の乏しさを嘆いてみる。意気揚々と本を買って帰った後にこんな落とし穴が待っていようとは。笑うに笑えない結末は、やはり笑うしかないのだ。

2008年3月7日読了
| 三浦しをん | 14:27 | comments(8) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 14:27 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは〜。
 しをんセンセイのエッセイは面白いですよね〜。男子が見ても面白いのだから、女子の人はさらに面白いんだろうな〜と思います。
 ここまで、エッセイで全部集めたいと思ったのは、椎名誠さん以来です(あまりにも系統が違いすぎますけれど)。
| 樽井 | 2008/03/31 1:20 AM |
樽井さん、こんばんは。
面白いですね〜、エッセイ。
男子でもこんな萌え萌えOkなんですね。
もちろん女子としましてはツボにはまります。
椎名誠さんもお好きなんですか。
幅が広いですね〜
食べ物によらず、文章もいろいろ味わってみたいもの。
楽しみは多いほどいいですよね。

| 雪芽 | 2008/03/31 9:40 PM |
>しをんさんのエッセイは面白い
全く同感です!!吸引力!確かにそうですね。
私も美味しそうなこの表紙にも惹かれて速攻購入しました。
止められない、止まらない・・なんですよね、しをんさんの文章って(笑)
お友達や弟さんとのやりとりもいい味なんですよね〜。

ところで・・雪芽さん手術なさってたんですか!!ごめんなさい、今頃のコメントで・・・(汗)
内臓系ではない・・と聞いてちょっとほっとしていますが、その後お加減はいかがですか〜。無理なさらずご自愛くださいね。

また桜の季節が巡ってきましたね。こちらの桜は4分咲きくらいです。雪芽さん地方の桜情報もまた楽しみにしています。

| 瞳 | 2008/04/03 9:45 AM |
瞳さん、こんにちは。
ちょくちょく遊びには行っているんですが、
足跡も残さずご無沙汰しています。
表紙が美味しそうだとつい手が出ますね。
(どんだけ食いしん坊なんだ!)

手術、ではありますが3センチ縫った程度なので。
しばらくの間ちょっと不自由でしたが経過も良好、ご心配お掛けしました。

そちらでは桜咲き始めているんですね〜
今年は暖かいので桜も5月上旬には咲くかなと、期待しているところです。
GWにお花見できるかな。
| 雪芽 | 2008/04/06 12:16 PM |
雪芽さん、ご無沙汰してます(^_^;)
お元気ですか??

しをんさんが漫画やら古典やらを紹介すると
そんなに面白いの?!となって
興味がわきます(笑)
恐るべししをんフィルター。
バクチクを追っかけて
四国の友達との会話は笑いました!!
「しをんのしおり」は1番好きなエッセイです。
高倉健さんの妄想は抱腹絶倒(笑)
| 弥勒 | 2008/04/11 11:42 PM |
弥勒さん、こんばんは。
はい、元気ですよ〜
しをんフィルターの威力は凄いですよね。
世界が違って見えてしまう。
読んだ気になっていましたが『人生劇場』が買ったままでした。
もう1冊文庫エッセイも買ったし、これから読む楽しみがあって幸せ(漫画風に表現すると、はぁーとがほわんと飛んでるのをご想像くださいませ)
| 雪芽 | 2008/04/12 6:50 PM |
こんばんわ。カキコありがとうございました^^
しをんさんのエッセイは本当に面白いですよね!
笑っちゃうエッセイなんて初めてです^^
「ガラスの仮面」については細部までわかる〜!と思ったのですが、「ロード・オブ・ザ・リング」は観てないので、分からなかったんです^^;
それがちょっと心残りですね…。
| 苗坊 | 2008/09/07 8:55 PM |
苗坊さん、こんばんは。
しをんさんは小説も面白いけど、エッセイは笑いがいっぱいですね。
「ロード・オブ・ザ・リング」は男と男の友情あり、萌え要素が多い映画なんです(笑)
本も長編だけど、映画も3部作で長いんですよ、これが。でも、面白いので一度観るとハマるかも!
先ほど「のだめ〜」のことでコメント入れてきましたが、二重になってしまいました^^;
| 雪芽 | 2008/09/08 10:45 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

夢のような幸福 三浦しをん
夢のような幸福 (新潮文庫 み 34-6) 脳内妄想・欲望指数・急上昇! しをんエッセイの「癖になる味」をお試しください。 欲望の発露する瞬間を考察し、友人と特異な「萌えポイント」について語り合う。 伝説の名作漫画『愛と誠』再読でその不可解な魅力を再検証。
| 苗坊の読書日記 | 2008/09/07 8:50 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS