本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「ホルモー六景」 万城目学 | main | 「風神秘抄」 荻原 規子 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「赤い竪琴」 津原 泰水

赤い竪琴
 
 赤い竪琴

 津原 泰水
 単行本: 242ページ
 集英社 (2005/01)



本を閉じても味わった感動の余韻があまりに深く、再び本を開いて、ひとつひとつ言葉の意味を噛み締めてみる。

過去からこだまする詞(ことのは)。赤い竪琴の音。鯨のソング。せつなく苦い大人の恋。ずっとずっと気になっていた本だった。美しい文章が奏でる残酷な恋に打ちのめされた気分になる。こんなことなら……、出会わなければ苦しい思いもなかったのに。否、苦しみを身に刻んでも、抗うことの出来ない恋情があるのだと、物語のふたりは教えてくれる。
三十歳を過ぎ、仕事への希望も見出せぬまま、東京で一人虚無的な日々を過ごすデザイナーの暁子は、祖母の遺品をきっかけに耿介という男と知り合う。命ある限りの残酷な愛の記録。真実の愛を知った大人の哀愁漂うラブストーリー。
〜「BOOK」データベースより〜
夭折の詩人寒川玄次が祖母に残した日記をきっかけに知り合う入江暁子(さとるこ)と寒川耿介。残された詩と、秘められた玄次と祖母を結ぶ関係性が過去から現在にこだまし、暁子と耿介を包むように二重写しになっていく。
ふたりが交わす言葉は時にそっけなく映る。発するひとつの言葉に返されるひとつの言葉。弦の音を一音ずつ確認するような響き合い。淡々とした有り様に、いつしか恋しさを滲ませながらも、同じ旋律を奏でるのを拒むかに見えた二人がひとつと重なるのは、終盤近くなってからだ。

好きになったのは私の咎だが、私の心を吸い寄せたのは彼の咎だ。だが、責を問えようか。追い詰められようか。

抑えていた感情が吐露されてなお、増す苦しみ。暁子に共鳴しながら読んでいたので、ここにくるまでももどかしく揺れていた気持ちだったが、第四章海(わたつみ)を読むに至って、どうしようもなく苦しく辛い気持ちになる。耿介を知る周りの人たちからの意味ありげな忠告は、それぞれに違った意味からであったが、予想していたのとは違い、あまりに残酷な現実が待っていた。
楽器職人として、女を愛する男として、耿介にとって重い枷となる現実でもある。

ファックスの一文には泣いた。押し止めていた感情の起伏の波が限界を越える一文だった。凄いとしか言いようがない。ほんとうにこんな言葉を書かれてはどうしようもない。

暁子と耿介の会話がいいなぁ。というより会話から浮ぶ耿介の人間像に惹かれてしまうのかもしれない。周りが肯定してしまう強引さと職人気質の繊細さ、子供の頃出会った鯨の鳴き声への拘り、そこにある失われない少年性の影のようなもの。けっして良い感じの出会いではなかったはずなのに、恋に落ちている暁子の気持ちもすんなり納得できる。

大人の恋は抑制された感情の中で醸成されていくものであるらしい。たとえ自分の惨めや憐れを自覚しても、恋に抗うことは難しい。抑えても抑えていても滲んでくる想い。浮遊するような恋情とは違う。生きてきた分だけ、身体を通り抜けてきた分だけ、失ってきた分だけ、恋色に渋みが注す。う〜ん、この作品から受けた印象をすべて巧く言葉に出来ないのがもどかしい。読んで各々身を焦がしてもらうより他ないのである。

作者はてっきり女性かと思っていたら男性だそうである。え〜、どうしてこんなに女性の心を繊細に描けるのだ!ちょっと嫉妬を感じてしまう(笑)
津原さんはホラーとかグロい作品を書く方らしいのだが、ホラーはともかくグロいのは苦手なので、他の作品にも恐る恐るながら挑戦してみたい。

2008年5月10日読了
| ■た行の作家■ | 17:21 | comments(8) | trackbacks(3) | | |

*スポンサーサイト

| - | 17:21 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございました。
玄児の詩、竪琴の音、古楽器の音。
響きあい、反発しあい、それでも美しい音楽を奏でるような。
ちょっと苦しい気持ちになった部分もありますが、美しく情感のある世界に酔ったような心持になりました。
| 水無月・R | 2008/05/11 10:19 PM |
こんばんは。
 カキコミはひさびさです。
 津原さんといえば、僕にとっては非常に叙情的で耽美な文体のホラー作家という位置づけだったので、てっきりそういうのかと思いきや美しい恋愛もののようですね。それも、かなり純度の高いもののよう。
 男性作家が書く女性には女性が共感しづらいという一般論を吹き飛ばすほどの描写のようですし、これは読んでみたいです。
| 樽井 | 2008/05/11 11:57 PM |
抑えても抑えていても滲んでくる想いに、
私も身を焦がしました。
この本、めちゃくちゃ好きなんです。
思い出すとため息が出てしまいます。

津原さんは、こんな素敵な恋愛小説から、
ホラー、耽美、青春、ミステリーまでほんと色々書いてるんで、
手を出す時は今度はどんなの?とドキドキします。
グロいのは本当にグロくて、挫折したのもありますが、
基本的には津原さん好きなんで、
ぜひぜひ挑戦してみてください!
| june | 2008/05/12 12:17 AM |
水無月・Rさん、こんばんは。
会話やふたりの間に横たわる空気、表面的には大人で抑制が効いている分、反発し合っているようだけど、内面は反作用のようにすごく惹かれ合っているんですよね。
ほんとうにとても情感溢れる作品でした。
図書館本なんですよ、これ。
手元に1冊欲しい気がしてなりません。
(これだから本が減らない)
| 雪芽 | 2008/05/13 10:14 PM |
樽井さん、こんばんは。
津原さんとしては異色の恋愛小説なんでしょうかね。
この作品のイメージで他のを読むとギャップが大きそうです。
叙情的で耽美な文体、は好きですがそこにホラーがつくと怖いなぁ。すごくハマるか、挫折するか。
「赤い竪琴」は純度の高い恋愛小説でした。
大人のプラトニックはよいです。せつないです。
主人公の女性にも無理なく共感できましたよ。
男性なんですよね、津原さん。
読んだ感想お聞きしたいです!
| 雪芽 | 2008/05/13 10:38 PM |
juneさんへ
めちゃくちゃいいですよね〜
と、声を大にして言いたいです。
この本を初めて知ったのはjuneさんのブログでした。
長いこと遠くから眺めていて、やっと読んで、読んでみれば苦しくせつない。
久々に読んだ大人の恋愛小説でした。
津原さんの作品は幅が広そうですね。
楽しみです(ちょっとコワイ←何回目)
実は次に読む作品は決めてあるんです。
たぶんグロくはないはず、なんですけど。
| 雪芽 | 2008/05/13 11:01 PM |
ご無沙汰しております。
 お勧めいただいた「赤い竪琴」読みましたので、トラックバックさせていただきます。良かったです。とても楽しみました。
| 樽井 | 2008/10/23 12:22 PM |
樽井さん、お久しぶりです。
読まれたんですね!大人の恋愛物語、堪能されたでしょうか。良かったと思って頂けて嬉しいです。
| 雪芽 | 2008/11/08 9:26 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

『赤い竪琴』/津原泰水 ○
うう〜。読む順番が、悪かった・・・。前日まで『図書館革命』を読んでて、ぎゃぁ〜とかひゃ〜!とか萌え叫んでたので、この大人の恋愛のシミジミに慣れるまで、非常に時間がかかってしまった。とても雰囲気のある、切なく苦しいそして優しい恋愛の物語です。やたら自分
| 蒼のほとりで書に溺れ。 | 2008/05/11 10:11 PM |
「赤い竪琴」津原泰水
赤い竪琴 読者大賞blogで美しい赤い表紙を見て、ずっと気になっていた作品です。もともと恋愛小説は大好きなのですが、好きゆえか、これはいい!というものには、なかなか出会えないのです。でも、これはよかったです!2度読んでしまいました。で、この人の他の作品
| 本のある生活 | 2008/05/12 12:17 AM |
「赤い竪琴」 津原泰水著
 今年335冊目の紹介本です。  秋の夜長にぴったりのきわめつきの恋愛小説がこの「赤い竪琴」です。自分にとっては、津原泰水さんというと叙情的で耽美な文体のホラー作家というイメージだった(「蘆屋家の崩壊」や男爵との話など)んですけれど、雪芽さんのところでこ
| 樽井さんの読書&電化よもやま日記 | 2008/10/23 12:21 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS