本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「MISSING」 本多孝好 | main | 「夜のピクニック」 恩田陸 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「宙の名前」

宙(そら)の名前
宙(そら)の名前
林 完次
長い光の帯が地平線の彼方に吸い込まれていく夕刻。
名残り尽きないように、空とこの地の狭間、陽の涙をひと粒浮べ、太陽が誰かの朝へ向って落ちていく瞬間。
信号待ちの街角で、家路を急ぐ道すがら、我を忘れて見てしまう風景がある。

「誰(た)そ彼(か)れ時」は、誰であるか判別できない夕方の薄暗い時刻のことをいう。
闇が深くなることは、光に覆われていた宙が、視界の果てまでも広がることでもある。

林完次の写真と文による「宙の名前」は、空とひとつにして別の顔を持つ、もうひとつのソラの魅力を、美しい写真と古今東西のいにしえの言葉によって伝える。
私が持っているのは光琳社出版刊行のもので、タイトルは「宙ノ名前」となっている。
角川書店のは新装版で「宙の名前」
好みからいうと、のではなくノであって欲しかった。
6つの章の初めをを飾るのは、第一章、夜ノ章。
東京タワーに並んで浮ぶ細面な月、黄昏月、山や湖を染める夕日影、夕明かり、夜気の向こうには降るような星。
都市や自然に溶け込むような夕から宵闇の風景が美しい。

第二章、月ノ章。
月はたくさんの名前を持っている。
陰暦からきているのだが、月の月齢ごとに呼び名があり、朔、新月、三日月、十五夜、十六夜、望など。
月とは待つものなのか、待つという字の付くものは、立待月、居待月、寝待月、更待月など。
月待つ人の姿を想像させる呼び名に風情がある。

第三章から第六章までは春から冬へと、宙を巡る星、星座がページを賑わす。
光の点と点を結んで夜空に物語を紡ぎ出す、豊かな時間の流れと、精神の豊饒が羨ましくもある。

たまにはゆっくり宙を見上げてみよう。
ブローディガンの『愛のゆくえ』でみつけた言葉。

夜の空にはどんなものにも星がひとつある

夜の宙を見上げれば、あなただけの星がみつかるかもしれない。
書物という宙に目をやれば、無数の言葉の中に、あなただけの言葉がみつかるかもしれない。
| 本・いろいろと | 22:22 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:22 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんにちは
「もうひとつのソラ」の
ご感想を拝見しに伺いました。

詩的書評の自分のブログに掲げてる看板、
雪芽さんにお譲りしちゃいたいくらい。

冒頭から引き込まれちゃいました

そういえば、
学校で習った立待月、宵待月とかって、
平安時代の恋愛に絡んだ月名だっりとかして
寝待月まで(相手を)待たせてみたいものだわ、って
感じた記憶があります(爆)

でも、そんな無粋なことはこの本とは無関係。
林完次さんの魅力を余すことなく伝えることのできるのは、
雪芽さん、だからこそできるのですね

タイミングとは不思議なもの
昨日「白線流し」というドラマで、この本が紹介
されてて驚いたんです。
雪芽さんがご覧になっていたら喜ぶかな、って
思いながらみてたのですけど、ご覧になりましたか?
| littleapple | 2005/10/08 5:40 PM |
こんばんは〜、ってすっかりお返事が遅くなりましたが。
新しくupしたのにもコメント頂いている、嬉しい!
と、先を急がねば(笑)

この本に関しては、どう書くのがいいのか迷いました。
ソラってそこにあるだけで、言葉豊かで、詩的で、不思議ちゃんなので、その魅力を一冊の本という形に凝縮したものから受けた感動を、伝えるのって難しい〜って。

「白線流し」、最終話ですよね。
観ようとチェクしていたのに、忘れるなんて駄目だなぁ。
この本が紹介されていたんですか?
わあ、ますます見逃したのが惜しまれます。
でも、教えて頂いてありがとう!
再放送してくれないかな。
| 雪芽 | 2005/10/10 11:11 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS