本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「凍える島」 近藤 史恵 | main | 「傀儡」 坂東 眞砂子 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「タタド」 小池 昌代

タタド
 
 タタド

 小池 昌代
 単行本: 158ページ
 新潮社 (2007/07)


昨日図書館で借りてきた本。
しこたま買い込んだ積読本が山とあるから、わざわざ図書館でまで本を借りなくてもいいようなものだが、これが本屋だと本を選んでお持ち帰りとなると、本の重みが増すごとにお財布は軽くなる。図書館ならば本の重みだけが増えるのがよいところである。手にした時の本の重さが好きなのだ。言葉の重みでもある。それを自分はどのように受け止めるのだろうか。手に触れるずしりとした期待が心地良い感覚を呼ぶ。

小池昌代さんは「裁縫師」を読みたいというのがあって、心に止めておいた名であったから、違う作品だけど読んでみようかなという気が起きた。
読んでみると文章のリズムとか、作品の持つ雰囲気とか、自分の好みにぴったりくる。みつけた。嬉しさに顔がほころんでしまう。この一冊が特別なのか、この作家が特別なひとりになるのか。他の作品を読むのはいずれまた。

20年連れ添った夫婦とそれぞれの友人。50代の男女4人が、海辺のセカンドハウスに集う。倦怠と淡い官能が交差して、やがて「決壊」の朝がやってくる-。表題作のほか「波を待って」「45文字」を収録した短篇集。
「MARC」データベースより
「タタド」
地方テレビのプロデューサーイワモトとスズコ夫婦が住むセカンドハウスの海の家に、イワモトの番組に出演している女優のタマヨと、スズコの元同僚オカダの4人が集まる。いずれも50代。
たわいないお喋りの応酬、その場を包み込む軽やかな空気と淡く匂う官能の香り。たわわに実る大きな夏みかんの木は、盛りの時を過ぎて成熟の極みから落下する寸前である。まるでその場に集う彼らのような。強烈にすっぱい夏みかんをむさぼり食う姿がなまめかしく美しい。

「波を待って」
中年になって突然ウィンドサーフィンに興味を持ち熱中するようになった夫。浜辺で子どもと一緒に夫を待つ妻の視点で、波、光、風、自然の情景を漂いつつ物語は静かに進行していく。夫の背に日焼け止めを塗る時に妻の心に浮かび上がった、生と死の混在する描写が素晴らしくいいのだ。これもまた鼻先を官能の匂いが通り過ぎていく作品だ。けして濃厚ではなく、死を内包する生が醸し出す官能の匂いなのだ。

「45文字」
これは前2品とは異なり、ひょんなことから仕事を頼まれ、学生時代の顔見知りである夫婦と同居生活をすることになった男の、奇妙だけど爽やかな読後感の作品だ。
疎外感に取り残されたひとりの男。男の記憶に甦る学生の頃のあるエピソード。人の心にぽっと光を当てることができる言葉っていいよね。なにげないところがまたいいよねと思う。
この物語を読み進めているうちに、フェルメールの名前が出てきた。おや、最近フェルメールに縁があると思っていたら、《牛乳を注ぐ女》の絵が詳細に描写されるので驚いた。これはいま手元にある。もちろん本物ではありません(笑)
「今更なんですが本の話」のたまねぎさんから感謝祭の賞品を送って頂いた。芥川賞と直木賞の予想をするという企画で、当たると賞品がもらえることになっていたのだが、先日の候補選出の段階で応募した全員が外れとなり、厳正なる抽選の結果、ブックカバーとフェルメールの絵葉書に栞を頂くことになったのだ。我が家に届いたのはこの本を読む前日のこと。なんというタイミングのよさだろう。本と絵葉書を見比べながら、不思議な偶然の巡りあわせにほ〜っとなる。

2008年7月12日読了
| ■か行の作家■ | 16:38 | comments(2) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 16:38 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さんこんばんは。私もフェルメールを見に行った少し後にこの本を読んで、オーッと驚いてしまいました。
図書館って一度味を占めるとやめられませんよね。積読を消化しなきゃとは思うんですが(汗)。そしてより困った事に、図書館で本を借りるようになってから欲しくなる本はさらに増え、積読の山が一層高くなっていきます。
| たまねぎ | 2008/07/15 12:17 AM |
たまねぎさんにも同じようなことが!!
この本はフェルメールを引き寄せるのでしょうか。
ラ・トゥールのお話、ちょっとした偶然の重なりって面白いですね。
本を買わないための図書館借りのはずが、欲しい本が増えるとはこれいかに。
本にまつわる病は治りそうにもありません。
| 雪芽 | 2008/07/16 9:13 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

タタド  小池昌代
小池昌代さんの『タタド』です。今年の川端賞受賞作である表題作『タタド』を含めた3つの短篇が収められた一冊。川端賞ってことで期待して読んだんだけどよかったです、とても。 自分も年を取ったせいか、老いるってのはそんなに悪い事なのか?と思うことがあるのです
| 今更なんですがの本の話 | 2008/07/15 12:20 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS