本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「カフーを待ちわびて 」 原田マハ | main | 「ヴァン・ショーをあなたに」 近藤史恵 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「ラブコメ今昔」 有川 浩

ラブコメ今昔
 
 ラブコメ今昔

 有川 浩
 単行本: 279ページ
 角川グループパブリッシング (2008/7/1)



『クジラの彼』に続く自衛隊ラブコメ第2弾。
前作は未読だが他の作品との関連もないということで、先にこちらから読むことにする。というか有川さんの新刊が出ると、すぐに読まずにはいられない体質になってしまったようだ。すっかり激甘中。今度もまた甘いのか。甘いはわかっている。どれだけ甘いのやらと、読む前にこちらも臨戦態勢に入る。

乙女だってオタクだっておっさんだって自衛官だって
ベタ甘ラブで何が悪い!
〜本の帯より〜

完全開き直りですね(笑)
では、ベタ甘ラブをとくと堪能させて頂こう。
「ラブコメ今昔」ではいきなりの強烈キャラ登場。めげない負けない押しも強しの新米広報部・矢部千尋二等陸尉。彼女の取材相手は習志野空挺部隊第一空挺団大隊長・今村和久二等陸佐。今村に結婚の馴れ初めを迫る。五十過ぎのお堅い上官と二十代の生きのいい突撃娘との攻防が楽しい。
若かりし頃の今村と上官の娘である妻・邦恵との見合いのエピソードは、こそばゆいくらいに初々しくかわいく可笑し味たっぷり。いってみれば和風スイーツ。
慣れない着物姿で草履を揃えるのに難儀する邦恵のじたばた加減がとってもチャーミングだ。「ご趣味は」と問われて「お漬物を少々」と答える、この変化球にも唸る。年月を経ても変わらない邦恵のほのぼのした雰囲気と、今村の堅物実直だが誠実な温かみ、いい夫婦だなとしみじみするのである。
千尋と取材に同行する広報の先輩カメラマン吉敷一馬・一曹(先輩だけど部下)、ふたりの思わぬ関係が明らかになるラスト。このラスト以前のふたりの物語が、本書の最後「ダンディ・ライオン〜またはラブコメ今昔いまどき篇」で、有川さんのサービス精神ににんまり。

ブルーインパスルの隊員とモテる夫を持った妻の悩みを描いた「青い衝撃」からはこの台詞を。
「……今お前、めちゃくちゃかわいい」

人目もはばからず公衆の面前での激甘抱擁、ぎゅ〜っとくればもちろんぎゃ〜と転げまわる心持ちでお返しだ。

「軍事とオタクと彼」
新幹線で出会った年下の超かわいい彼の意外な趣味と関西乙女の恋物語。

「……広報官、走る」
海自の広報官と一緒に仕事をすることになったTV局のAD。トラブル発生も、ふたりの関係は急展開。あの〜、「溶けた」のはこちらのほうなんですが(笑)

「……秘め事」
上官の溺愛する娘と付き合っているなんて、いったいどうやって切り出せばいいのやら。

甘いだろうなと予想していても、甘〜い!となる。ただ、これまで散々甘い体験をくぐり抜けてきたせいか、なんとか持ちこたえたようには思う。
この作品では若い恋人同士から若夫婦、熟年夫婦と様々な自衛官の姿が描かれていたが、自分たちの責務や国防に対する矜持、非常事態での姿勢など、普段の生活の隣り合わせに、いつも緊張の場がある自衛隊員たちの真摯な心情は、甘さの中でピリリと物語を引き締めていた。

夏発売予定の『別冊図書館戦争供戮發修蹐修蹐世蹐Δ。
激甘ラブコメの夏はまだまだ続く。

追記:いま調べたら『別冊図書館戦争供挌売は8月9日。
    もうすぐ、もうすぐ♪

2008年7月26日読了
| 有川 浩 | 13:20 | comments(20) | trackbacks(12) | | |

*スポンサーサイト

| - | 13:20 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
これまでの激甘の嵐を乗り越えてきたことが、今回の短編集には役立ちましたね〜。
表題作、今村二佐に承諾をとるまでの千尋とのドタバタが楽しかったです。
最後の「ダンディ・ライオン」で千尋と吉敷の馴れ初めに繋がる構成もよかったです。
8月9日ですよね。図書館リクエスト遅かったので、…出遅れちゃうかもです(汗)。
| 藍色 | 2008/08/04 3:32 AM |
まったく、ただでさえ暑いのにこれだけのアツアツを見せ付けられたら、脳みそゆだって骨まで溶けそうです。しかももう1発、特大のやつが来るなんて(汗
| たまねぎ | 2008/08/04 1:31 PM |
みんな恋にも仕事にも一生懸命で、有川さんの作品を読むと見習わねば!と思っちゃいます。
さて、別冊2の発売までカウントダウン始まりましたね〜。楽しみです〜〜♪
| エビノート | 2008/08/04 9:44 PM |
藍色さん、こんばんは。
最後のダンディ・ライオンを読んでから最初に戻ると、また違ったふたりに見えてきますね。
押され気味の今村二佐でしたが、最後はさすがでした。
8月9日からは激甘の嵐が吹き荒れるんでしょうか。
| 雪芽 | 2008/08/05 9:58 PM |
たまねぎさん、こんばんは。
外は暑い、本の中はこれまたアツイ。
どこかクールダウンできる場所はないものでしょうか。
といっても、アツイ中に飛び込んでいったのは自分です(笑)
次は超アツアツですかね、やっぱり。
溶けてしまいそう〜
| 雪芽 | 2008/08/05 10:10 PM |
エビノートさん、こんばんは。
すべてに一生懸命なところがいいですね。
読んでいるとこちらまで元気モリモリ。
カウンドダウン始まりました。
北海道は少し店頭に並ぶのが遅いのかな。
早く読みたいのに〜
今度は青の表紙が目印です!
| 雪芽 | 2008/08/05 10:11 PM |
雪芽さん、こんばんは(^^)。
とにかく「きゃう〜〜ん」など擬音が怒涛のように口を衝いて出てしまう、有川節満載な『ラブコメ今昔』でしたね!
有川さんたら、ほんとに素晴らし過ぎる。
そんなラブコメワールドの中にも、凛として「有事」を覚悟する皆さんの誇り高さが、とても気持ち良く響きました!
| 水無月・R | 2008/08/06 11:44 PM |
水無月・Rさん、こんにちは。
まさに有川ワールド全開で、有川節には心打ち抜かれてしまいますね。
甘さと辛さの兼ね合いがいつもながら素晴らしい!
「別冊図書館戦争供廚任蓮⊇襪げ討膨匹てい舛鬚けるようなアツイ展開が待っているのだろうかと、期待値上昇中です。
| 雪芽 | 2008/08/09 1:57 PM |
こんにちは。
もっともっと甘くても大丈夫。
どうやら免疫力がついちゃったみたいです。
そんな中、自衛官の覚悟には背筋が伸びました。
| しんちゃん | 2008/08/11 11:55 AM |
しんちゃん、こんばんは。
慣れとは恐ろしいものですね〜
もっと甘いのがいいな、などと思う日がくるとは、
想像もしないことでした。
どんなに甘々でも芯を通すところはビシっと。
このメリハリが心地良いです。
| 雪芽 | 2008/08/11 10:51 PM |
こんばんは。こちらにもTBよろしくお願いします。
『別冊1』の後では、『ラブコメ今昔』をそんなに甘く感じないのが、おそろしかったです。
ほんと、慣れとは怖ろしいものですね。笑

要所要所できりりと身がしまるエピソードや台詞があって、そこが確かに心地よい一冊でした。
| 香桑 | 2008/08/16 11:55 PM |
香桑さん、こちらにもありがとうございます。
この本が有川さんの初ラブコメ洗礼なら、うぎゃ〜とかなっているに違いないのですけどね。
自分がコワイ、有川さんがコワイ(笑)
本ごとに配合は違えども、甘さと辛さが絶妙です。
| 雪芽 | 2008/08/17 10:16 PM |
以前の私なら、これをベタ甘と感じたと思います。
でも今の私には、ぴりりと気持ちを引き締める真摯な思いと、控え目な甘さが絶妙!と思えてしまいます。
慣らされちゃったんですねぇ・・。
おそるべし有川さんのラブコメです。
今「別冊供廚陵縮鸞圓舛任后
こうなったら劇甘でも、絶妙バランスでもどっちでもOKです♪
| june | 2008/08/29 9:13 PM |
juneさん、こんばんは。
ふふふ、すっかり慣らされてしまいましたね。
次はどんな匙加減でくるのかと、ますます次回作に寄せる期待が膨らんでいきます。
もう、どっちでもOKな気分ですよね。
「別冊供廚詫縮鸞圓舛任垢。
そうして待っている間も期待にうずうずと楽しい!
| 雪芽 | 2008/08/31 9:51 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
今回も良かったですね〜
でも、ベタ甘でしたけど、「図書館戦争」シリーズを読んでいると、控えめな気がしてしまうのは、やっぱり慣らされているんですね^^;
どの作品も良かったですね〜。
「ラブコメ今昔」の馴れ初めもとっても素敵ですし、「軍事とオタクと彼」の彼が可愛くってしょうがないですし、「青い衝撃」の夫婦愛も素敵ですし。
大満足でした。
| 苗坊 | 2008/11/13 10:23 PM |
苗坊さん、こんばんは。
いつもTBありがとうございます。
「図書館戦争」シリーズが強烈だったので、だいぶ耐性が出来たようです(笑)
若いカップリ、互いに年を重ねた熟年夫婦、若い夫婦、いろんな年代の恋模様が見事に描かれていましたね。
ほんとどの作品も大満足でした♪
| 雪芽 | 2008/11/16 9:39 PM |
「ラブコメ今昔」での今村の馴れ初めがとってもいい味で、ほんと、味の染み込んだおでんのようにしみじみしてたのにラストで、吉敷と千尋がそういう仲って分かった瞬間、なんだよ!ってがくっとしちゃいました。
別にいいんですけどね、せっかく大人のいいお話を聞いたな〜って思ってたのに、急に現代っ子の話になった気がして。(笑)
| じゃじゃまま | 2008/12/03 11:24 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
どちらかというと味の沁みこんだおでんが好みですが(笑)、最後のオチになるほど、確かにラブコメ今昔だと、妙に納得してしまったのでした。
| 雪芽 | 2008/12/07 6:09 PM |
お国のためにがんばる自衛官。
かっこよく書かれてましたねぇ。

いい男には、いい女、納得の一冊でした(^^ゞ
| じゅずじ | 2009/02/23 10:47 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
自衛官だって恋をする。それも飛び切り甘い恋も。
そんな普通の麺と、職業人としての真摯さ。
男も女もかっこよかったですね〜
| 雪芽 | 2009/02/25 8:34 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ラブコメ今昔 有川浩
ラブコメ今昔(2008/07/01)有川 浩商品詳細を見る イラストレーションは徒花スクモ。ブックデザインは片岡忠彦。初出野性時代+書き下ろし。 「ク...
| 粋な提案 | 2008/08/04 3:14 AM |
ラブコメ今昔  有川浩
「国防×恋愛=ベタ甘」まさに有川浩と言える話が詰まった自衛隊ラブコメシリーズ第2弾『ラブコメ今昔』です。表紙イラストは毎度お馴染み徒花スクモ。 今回はそれぞれの話を一冊の本に見立てて、それを並べてみせた表紙なんだけど、個人的にはトロピカルカクテルを使
| 今更なんですがの本の話 | 2008/08/04 1:20 PM |
ラブコメ今昔 〔有川 浩〕
ラブコメ今昔有川 浩角川グループパブリッシング 2008-07-01売り上げランキング : 635おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 乙女だっておっさんだってオタクだって人妻だって、恋がなければ生きてゆけない。 ベタ甘ラブに耐性のない方お断り(もし
| まったり読書日記 | 2008/08/04 9:36 PM |
『ラブコメ今昔』/有川浩 ◎
ぬうぉぉぉ〜〜!ベタ甘ラブロマ〜〜!きゃう〜〜んッ! だっ、誰かッ!私に・・・、私に濃ぃ〜〜い珈琲を入れて下さいッ!(←柴崎風に) 有川浩さん、どんだけ萌えの引き出しがあるんですかッ!水無月・Rが萌え死にしても、あまりある萌えの宝庫!{%キラキラwebry%}
| 蒼のほとりで書に溺れ。 | 2008/08/06 11:03 PM |
「ラブコメ今昔」有川浩
ラブコメ今昔(2008/07/01)有川 浩商品詳細を見る 突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様とのナレソメ」。双方一歩...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/08/11 11:55 AM |
ラブコメ今昔
 有川 浩 2008 角川書店 勘弁してください。これ以上は、涙腺がゆるんでどう
| 香桑の読書室 | 2008/08/16 11:52 PM |
「ラブコメ今昔」有川浩
ラブコメ今昔 「クジラの彼」に続く自衛隊ラブコメ短編集です。今回も自衛隊の世界ならではのラブコメ。甘いラブコメを楽しみつつも、某国への派兵だとか、航空自衛隊では避けられないらしい出来事ETC・・国防を担う厳しい一面も垣間見ることができます。 自衛隊を
| 本のある生活 | 2008/08/29 9:08 PM |
「ラブコメ今昔」(有川浩)
「ラブコメ今昔」は、自衛隊を舞台にした恋愛小説の短編集。 有川ワールド全開だ。 1作目の「ラブコメ今昔」は、結婚20数年の夫婦の話...
| 心に残る本 | 2008/09/02 8:24 PM |
ラブコメ今昔 有川浩
ラブコメ今昔 オススメ! 「ラブコメ今昔」突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様のナレソメ」。双方一歩もひかない攻防戦の行方は? 「軍事とオタクと彼」出張中新幹線の中で釣り上げた、超かわいい年下の彼は自衛官。遠距離も恋する二
| 苗坊の読書日記 | 2008/11/13 10:17 PM |
ラブコメ今昔 有川浩著。
≪★★★≫ んま~~~っ!自分がヒロインだったら酔いしれるところだけど、これが友だちの話で、こんな風にのろけられたら、どついたるねん! 「ラブコメ今昔」 着任したばかりの広報自衛官、千尋が、隊内紙「あづま」に載せる特集記事のために、上官に面会を申し込む。
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/12/03 11:21 PM |
【ラブコメ今昔】 有川浩 著
ベタ甘ラブで何が悪い!ちくしょう…また一気読み、気づいたら夜中になってしまったぞ  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様とのナレソメ」。
| じゅずじの旦那 | 2009/02/23 10:43 PM |
ラブコメ今昔<有川浩>−(本:2009年読了)−
ラブコメ今昔クチコミを見る # 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/7/1) # ISBN-10: 404873850X 評価:75点 自衛隊を舞台にした、ベタベタアマアマのラブコメ短編集。 いつものとおり、展開がお約束どおりでわかっていてもニヤニヤしてしまう作品ばか
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/10/24 8:42 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS