本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「別冊図書館戦争供廖〕川 浩 | main | 「鳥類学者のファンタジア」 奥泉光 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「のぼうの城」 和田 竜

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。総大将・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった――。
この城、敵に回したが、間違いか。
〜本の帯より〜

下に仕える者が上に立つ者に期待する英邁さ。これをことごとく裏切る成田長親という男。野良仕事が好きな長親は、田畑に現れてはあまりの不器用さゆえに、手伝うことをかえって迷惑がられる始末。誰かれ憚らず、領民にまで呼ばれるのぼう様とは、でくの坊からきている。図体だけはでかいこの男は、それでもなぜか領民から圧倒的な人気があった。
和田 竜
小学館
¥ 1,575
(2007-11-28)

文献に残された史実を丹念に紹介しながら、全体にあまり重々しくならずに、史実と作者の創作部分が上手く折り合って、読み物としての楽しさがある。

登場人物たちが魅力的だ。のぼう様の長親の奥底にある将としての器量。ぐずぐずとどうしようもなく、どこにそんなものがと疑いつつ、誰もが予想だにしない大胆な言動と行動をとる。豪胆なのか、やはりただのでくの坊なのか、どうも最後までわからない人物なのだが憎めない。
長親の周りにいる家臣団も個性的。仕えるというふうでもなく、てんでバラバラのようでいて、個と個の技量が見事に三成との合戦で力を発揮する。
石田三成軍二万。忍城側は二千。小が大を破る痛快さ。これだ!
それぞれが作戦を持って打って出る合戦シーンは面白かった。とくに好きだったのは、理論ばかりが先にたつ初陣の酒巻とおじいちゃん軍団。孫のような酒巻を心配そうに見守るおじいちゃんたちの姿は、合戦の緊迫感を忘れる和み場面だった。

忍城軍もさることながら、攻める石田三成の武将としての高潔さも、この戦を清々しいものにしている一因のように思う。
終章は笑ってしまった。どっちが勝ったんだか負けたんだがわからない緊張感のなさ。最後まで小気味よい爽快感が残った。

2008年8月12日読了
| 歴史・時代小説 | 22:43 | comments(10) | trackbacks(5) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:43 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
面白かったですね〜。
まさに、小が大を破る痛快さに
ドキドキしながら一気に読んでしまいました。
キャラも立っててよかったです。
酒巻を見守るおじいちゃん軍団、そうそう、和みましたね。
読み終えてからも気持ちいい作品でした。
| 藍色 | 2008/08/18 12:58 AM |
序盤は少し退屈だったけれど、篭城してからの勢いはすごかったと思います。
史実とエンタメの融合も絶妙でした。
今後が楽しみな作家さんが出てきましたね。
| しんちゃん | 2008/08/18 12:33 PM |
こんにちは。
読み始めはつらかったけど、戦いが始まったとたん、心が踊りました!

思わず「あっぱれ」という言葉を発してしまった(笑

読み終わると、なんともいえぬ清々しさ、かな!
| じゅずじ | 2008/08/18 12:58 PM |
藍色さん、こんばんは。
キャラが立っているせいか、気軽に楽しめる歴史小説で、面白かったですね。
戦いぶりもそれぞれの持ち味出てます。
若者に負けずがんばるおじいちゃん軍団素敵でした。
大と小、老と若さ、鋭と鈍、対比が上手く効いてます。
| 雪芽 | 2008/08/19 8:35 PM |
しんちゃん、こんばんは。
後半、籠城からは勢いありましたね。その分前半は緩いかも。
もう2作目も出ていますが、新しい書き手の登場は、いつも期待にわくわくします。
| 雪芽 | 2008/08/19 8:36 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
最初を乗り切れば、あとはいっきに読めてしまいますね。
奇策で攻めて大軍を打ち破るところが小気味良かったです。
| 雪芽 | 2008/08/19 8:37 PM |
雪芽さんこんばんは。おじいちゃん軍団は可愛らしさすらありましたよね。ふと宮崎アニメに出てくるお爺ちゃんお婆ちゃんとかを思い出してしまいました。
| たまねぎ | 2008/08/19 8:48 PM |
たまねぎさん、こんばんは。
おじいちゃん軍団、あ、ほんとだ、宮崎アニメの絵がハマリますね(笑)
| 雪芽 | 2008/08/19 10:13 PM |
雪芽さん こんばんは
重くて重厚な歴史小説もいいですが、こんな歴史小説があってもいいと思います。とにかくポップでしたね!!! 笑
| yori | 2010/01/16 11:30 PM |
yoriさん、こんばんは。
ポップ!ああ、そうですそうですぴったり。
重厚な歴史小説の佇まいが好きなのですが、この本は読みやすくて、“のぼうの城”の堅牢さとは逆に、読者が入っていきやすいのがいいですね。
| 雪芽 | 2010/01/17 11:31 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

のぼうの城 和田竜
装幀は山田満明。装画はオノ・ナツメ。城戸賞受賞脚本の小説化。 天下統一を目指す秀吉配下、石田三成は武州・忍城へ。忍領全員が「(でく...
| 粋な提案 | 2008/08/18 12:58 AM |
「のぼうの城」和田竜
のぼうの城(2007/11/28)和田 竜商品詳細を見る 戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかで最後まで...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/08/18 12:28 PM |
【のぼうの城】 和田竜 著
■第139回直木賞候補作品 [:拍手:] とりあえず一言… あっぱれ!!!   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 時は乱世。 天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。 武州・忍
| じゅずじの旦那 | 2008/08/18 12:53 PM |
のぼうの城  和田竜
天下統一最後の一手として、関東を治める北条氏を討つべく、その居城小田原へと騎馬を向けた豊臣秀吉。そしてその命を受け、北条氏の支城の一つ、武州忍城(おしじょう)攻略へと繰り出したのが石田三成でした。 しかし忍城の主である成田氏長はすでに秀吉に対し秘密裏に
| 今更なんですがの本の話 | 2008/08/19 8:40 PM |
ポップにヒストリー
歴史小説といえば、真面目で型物の学級委員、 音楽に例えるならば、 間違えてもポップミュージックなんぞではなく、 クラッシックのシンフォニー的なイメエジか。 しかし、ここに一冊、 とてもクラッシックなんぞをイメエジできない、 まるで新しい触感の歴史時代小説
| 活字の砂漠で溺れたい | 2010/01/16 11:23 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS