本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「不連続の世界」 恩田 陸 | main | 「書店はタイムマシーンー桜庭一樹読書日記 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*図書館本の襲来

 迎え討つための猶予期間は充分にあると思っていた。いや、実際充分な時間はあったはずなのだ。その時がくるのを待ちわびていた。バッタバッタと読み倒しては感想を書いて更新しようではないか。いつも意気込みだけはある。
毎日予約状況を確認するも順番は巡ってきそうにない。そのうちゆるゆるとした気持ちになっていく。無防備にお腹をみせて寝転がっている猫状態だ。
温泉に浸かっているようなのんびりした気分でいたら、次々と貸出しが可能になってしまった。迎え撃つはずが、眼前に迫る貸出し期限に追われる始末だ。いやはや。

好きなこと興味のあることには労力を厭わない。面倒くさいより好奇心パワーのほうが上回る。先週12月1日月曜日、申し込んであった講演会に仕事帰り行ってきた。
慶応丸の内シティキャンパス定例講演会夕学(せきがく)五十講、「勝負を決める思考法」と題して講演するのは、プロ棋士の羽生善治さん。現在名人、棋聖、王座、王将の四冠。会場となった丸ビルは30分で満席となり増席したそうだ。この講演会はサテライト(衛星)通信を使い、全国各地のサテライト会場でリアルタイムで講演を受講できる。なので札幌に居ながらにして、羽生さんの講演を聴くことができた。
90分ほどの講演のあと、30分が質疑応答。内容はNHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」や「百年インタビュー」、羽生さんご自身の著書と重なる部分もあるが、得るところは多かった。直感とひらめき、プレッシャーを感じるのはクリアできるギリギリのところにいるから、情報の取捨選択、将棋の手を読んでいる時のイメージも複雑で特殊な感じ。
15歳でプロ棋士になり、それ以前も含めると長いこと将棋とかかわってきた羽生さん。いまだに将棋がわからないなんてインタビューで答えるのを聞くと冗談かと思うが、だってその経歴を考えればあまりに凄いので、いつまでも失われない柔軟な好奇心は少年の顔だ。以前テレビで観た神話学者ジョーゼフ・キャンベルの目の輝きと重なる。少年の頃に神話と出会い、齢を重ねてなお失わない神話への好奇心は、遠い日の少年の姿をその向こうに見るようだった。

ひとりの将棋好きの少年はいま、永世竜王と永世七冠をかけて若き渡辺竜王と番勝負を戦っている。3連勝後の2連敗。どちらが勝っても初代永世竜王誕生だ。第6局は10、11日。

読書が進まないのにはこの竜王戦がある。録画しておいたBS中継を観たり、ネット中継を見たり。ちなみに駒の動かし方くらいしかわからない素人だけど。懐かしくなって七冠制覇の時の将棋世界臨時増刊号を読んでみたり。当時は思わなかったがこの増刊号の表紙、どこぞのアイドルかって思うくらいかわいいポーズの羽生さんがいる。軽く開けた唇に右手人差し指。しをんさん風に妄想萌えモードに突入してしまいそうな展開は、やめにしておくが(笑)、竜王戦の決着がつかないことには、なかなか読書モードに戻れそうにないのは困ったことだ。

最近読んだ中田永一さんの「百瀬、こっちを向いて。」がすごく気に入っている。中でも「なみうちぎわ」は主人公の女の子が理科系少女なのが好みだった。ずっと読みたかった誉田哲也さんの「武士道セブンティーン」もやっと順番が回ってきて読めた。これも面白い。いまは吉田修一の「さよなら渓谷」を読んでいるところだ。もうすぐ伊坂さんの「モダンタイムス」と辻村深月さんの「ロードムービー」も順番がきそうなのだ。桜庭さんの「ファミリーポートレート」もサイン本が届いて手元にある。
漫画はよしながふみさんの「きのう何食べた?」2巻目と羽海野チカさんの「3月のライオン」1,2巻を購入。「3月のライオン」2巻目に出てくる「将棋はじめて絵本」は、漫画の中だけにしておくのはもったいない。あったら絶対買うのになぁ。

風邪が流行っている。私の周りでも流行っている。どうぞ皆さま風邪を引きませぬように!
| 365分の1ーもの想う日々 | 17:48 | comments(4) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 17:48 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん こんばんは
「百瀬、こっちを向いて」は私も気になっています。
図書館予約中ですが、意外な 笑 人気で、当分廻ってきそうにありません 苦笑
| yori | 2008/12/08 11:08 PM |
こんにちは。
よしながふみさんの『きのう何食べた?』の2巻が出たんですね!
よしながふみさんの作品は大好きで集めています。
『きのう何食べた?』は、読んでいているだけでお腹がすいちゃいますね。
自分で作ってみたいとも思うんですが、作ってくれる人がいないかなぁ?とも思っちゃいます。(^^;
| 香桑 | 2008/12/09 10:42 AM |
yoriさん、こんばんは。
私も意外な人気に驚いたひとりです(笑)
「百瀬、こっちを向いて。」はブログ巡りでよく見かけた1冊でした。
図書館の予約はだいぶ待ちましたよ。
首が確実に3ミリは伸びました。たぶん。
待ち人ならぬ待ち本、手にした瞬間の嬉しさよ。
| 雪芽 | 2008/12/09 10:02 PM |
香桑さん、こんばんは。
2巻目も美味しそうな料理盛りだくさんでした。
これ、空腹時に読むと辛いですね。
絵に描いたご馳走とはこのこと。
香桑さんに全面同意ですねぇ、自力よりも他力に気持ちが傾いて、誰か〜作ってくれ〜と呟いちゃいました。
よしながさんの『大奥』4巻は今月発売、楽しみです♪
| 雪芽 | 2008/12/09 10:18 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS