本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「西瓜糖の日々」 R・ブローティガン | main | 「美女と竹林」 森見登美彦 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「ロードムービー」 辻村深月


辻村 深月
講談社
¥ 1,575
(2008-10-24)
 季節ごとに思い返す本というのがある。
辻村深月さんの『冷たい校舎の時は止まる』は、白い雪が舞う冬の一冊。
窓の外降る雪、物語の校舎を覆う雪に、果てしもなくきりもない、このまま雪に埋もれてしまいそうだと思いながら読んだものだった。

『ロードムービー』は『冷たい校舎の時は止まる』から生まれた短編集だ。

誰もが不安を抱えて歩き続ける、未来への“道”。子どもが感じる無力感、青春の生きにくさ、幼さゆえの不器用…。それぞれの物語を、優しく包み込んで真正面から描いた珠玉の三編を収録。涙がこぼれ落ちる感動の欠片が、私たちの背中をそっと押してくれます。はじめましての方にも、ずっと応援してくれた方にも。大好きな“彼ら”にも、きっとまた会えるはず。
「BOOK」データベースより
どの作品もメインに小学生から中学生の子供たちが登場する。
学校の同じクラス内、塾の仲間の間にある力関係、いじめ、揺れる心理、疎外感、こういう繊細な痛みを伴う感情描写の巧みさは、いつもながらと感心する。

表題作の「ロードムービー」のトシは勉強もスポーツも得意な子で、本来人気者であるはずの、実際人気者であったのだけど、一転イジメの対象となる。クラス内でも人気のあるアカリが揶揄していたワタルと親しくなったことから、クラス全体の空気が変わり、いつしかトシとワタルは浮いた存在となるのだ。
昔から6年生になったら児童会長になると決めていたトシ。イジメに怯むことなく前へ進もうとするトシとワタルの奮闘ぶりや、ワタルの応援演説が熱い。
同時に描かれるのがふたりの家出の旅路。弱いようで強い。強いようで実は守られていたと気づくラストがよい。それにしてもまんまと騙された。最後トシの父が口にした言葉に、あの場面、だからグーじゃなくてパーだったのかと気づく。

「道の光」
かわいくて頭が良くて金持ちのお嬢様で気が強く周りが一目おく存在の千晶。
あまりに絵に描いたように出来過ぎて書いていていやはやと思うが、そんな少女でさえ、そんな少女だからなのか周りとの疎外感や劣等感を募らせていく。
大学生バイトで塾の先生をしている主人公は、目立たず気弱な高校の頃の自分を思い出す。あの頃の自分と現在の自分。
未来へ向かい苦しみもがく少女と、すべてを受け入れてしまうことの無責任を少女に問われる主人公を力づけるのは、かつて男が言われた“大丈夫”という言葉。
あの頃の自分を愛おしむ気持ちで振り返ることができる。何かを乗り越えてきたからこその、明るいラストだった。

「ロードムービー」、「道の光」ともに、『冷たい校舎の時は〜』に登場した彼らが大人になった姿に出会えるのが嬉しい。全員じゃないのは少し残念だけど。

「雪の降る道」は『冷たい校舎の時は〜』に出てきたエピソードのスピンオフ。
ある事件のショックで体調を崩し寝込む日々が続くヒロと、献身的なやさしをみせる幼馴染みのみーちゃん。小学生のふたりとヒロの従兄弟スガ兄の話だ。
ヒロの悲しみの深さや傷ついた心、みーちゃんの健気な行動には素直に涙するのではあるが、みーちゃんをみていると子どもってこんなかなぁとふと思ったり。
もっとも、小さい頃から無意識的に培われた性格があって初めて、『冷たい校舎の〜』のストーリーが生きてくるのだろう。

どれも『冷たい校舎の時は止まる』から派生した物語だが、読んでいなくとも本書を読むには問題ない。子ども心の心理描写など、ひとつずつ物語として充分辻村ワールドを堪能出来る。元になった作品を読んだ者には、再会の懐かしさも合わせ、よりいっそうの楽しみのある作品だ。

読み終わった後、『冷たい校舎の時は止まる』を引っ張り出してきて、拾い読みながら再読してしまった。

2008年12月14日読了
| 辻村深月 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 15:34 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS