本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 国内作家(五十音順) | main | きょうの雑誌「サライ」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「夜の光」 坂木 司

坂木 司
新潮社
¥ 1,680
(2008-10)

夜の地球儀というのがあるのを知っているだろうか。
主要都市名、油田、漁船の灯り、海洋名、湖名、人工衛星から見た夜の地球の姿を写した地球儀だという。宇宙から地球を見る。少しだけ宇宙飛行士の気分が味わえそうで、欲しい!と衝動的に思ったが、どこに置くんだ?と部屋を見回してクールダウンする。

地球を宇宙から見るのは容易ではない。でも、地球から宇宙に目を向けるのは簡単だ。空を見上げるだけでいい。天体望遠鏡があればさらにいうことはない。
坂木さんの『夜の光』は、高校の天文部に所属するジョー、ゲージ、ギィ、ブッチ、4人の男女の、高校という戦場における、クールな戦いの日々を描いた作品。

慰めなんかいらない。癒されなくていい。欲しいのは、星の距離感。これは天文部に集うスパイたちが、最前線で繰り広げた戦闘の記録。
BOOKデータベースより
とくに天文部である必要はなかったのかもしれない。星や天体観測に熱意があるということもない。ゆる〜い雰囲気が、高校という戦場に身を潜め戦うのには都合がよかった。同じような感覚を持つ4人が天文部に集まったのは偶然。同じ部にいても、個人主義の彼らに親しくなるような接点は生まれなかった。しかし、運命の日がやってくる。彼らはコードネームを持つスパイとして、ともに戦うことになるのだ。

4人が戦うのは高校だけではない。家庭も自分の本意を隠し生活しなければならない場所になっている。だからといって諦めることも、無鉄砲な行動に出ることもしない。自分の立ち位置を冷静に把握している。仮の姿に身を隠し、敵に悟られないよう用心深く行動する。
ひとりひとりが自分に課した作戦を静かに進行していかなければならないのだ。
少ない経験値で最善を模索する現実感覚、行動力。夜の向こうで微細に震える星の輝きのような、力なき存在であっても、未来を見つめる彼らの目は負けていない。

章ごと順番にひとりに焦点が絞られ、4人各々の姿が浮き彫りにされる。
歯切れよく交わされる会話がいい。共有する時間が増えても距離感を逸脱しないところに、かえって互いの信頼関係の強さを感じる。毎回のちょっとした謎解きも面白かった。
感情はクールだけど、心情は酷薄じゃない。「片道キップのハニー」でみせたジョーとギィ、女子ふたりの行動はかっこいい。なにかにつけ潔さを感じたふたりだった。そしてブッチもゲージもさりげなくいい奴らだ。
この物語の中で欠かせないものといったら、やはり観察会での飯盒炊飯だろう!ブッチが持ってくる新鮮な野菜、闇鍋の意外な組合せと味付けが予想外に美味しそうだったり、ギィの淹れるコーヒーの拘り。夜の学校の屋上、野外の泊り込み観察会、非日常世界に紛れ込む美味しいひと時、これがすごく羨ましく思えた。

最後には4人のその後が描かれる。
どこにいてもちゃんと繋がっている。空を見上げれば、目には見えなくても、夜の光の群れに、戦場で戦う仲間の星がある。

読み終わった後コーヒーを淹れて呑んだ。買っておいたアラビカブレンドだ。夜はまだ終らない。終るのはもったいない。もう1冊読んでしまおう。

 2009年1月1日読了
| 坂木 司 | 18:31 | comments(4) | trackbacks(3) | | |

*スポンサーサイト

| - | 18:31 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは。
適度な距離を置き、お互いを尊重し合っている四人がよかったですよね。
記事の「少ない経験値で最善を模索する」に、書けなかったことを読めて、うれしくなりました。
飯盒炊飯!闇鍋がおいしそうでした。
クールでホットな青春、うらやましい気持ちもありました。
| 藍色 | 2009/01/06 3:15 AM |
藍色さん、こんばんは。
4人の距離感がいいですね。星の距離感。
私はジョーとギィに出会った時の、「言葉を流さない」というゲージの受けた印象に、はっとする思いでした。
距離感と互いを尊重するバランスが絶妙です。
クールでホット、そうそう、ホットな部分も忘れてはなりませんね。
闇鍋、挑戦してみたくなりました。

| 雪芽 | 2009/01/06 10:41 PM |
こんばんわ^^TBさせていただきました。
4人は丁度良い距離間なんですよね〜。
こんな関係が築けたら幸せだろうなぁと思います。
私は高校のときはこんな友情、なかったです^^;
コーヒーはインスタントの方が飲めるのですが、ギィの淹れたコーヒーは飲みたいです。
| 苗坊 | 2009/02/25 12:10 AM |
苗坊さん、こんばんは。
4人の距離感が絶妙です。
信頼と甘えがごっちゃになっていないのがすごい。
私も高校では無理でしたねぇ。
いい大人になったいまも難易度高いかな。
ある日カフェに入って、“ギィの淹れたコーヒー”とメニューにあったら即注文なんですけど。
飲んでみたいですね。
| 雪芽 | 2009/02/25 9:36 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

夜の光 坂木司
装幀は石川絢士(theGARDEN)。章扉挿画は佐久間真人。初出「小説新潮」+書き下ろし。 クールなお嬢様のジョー。芸術家きどりのゲージ。ギャルの...
| 粋な提案 | 2009/01/06 3:15 AM |
衛星地図
衛星地図はズームダウンすることにより、航空写真よりも、もっと大きなエリアで見ることができます。もちろん、衛星地図はかなり細かいところまで見ることもできます。
| 衛星地図 | 2009/01/09 11:59 PM |
夜の光 坂木司
夜の光 オススメ! 「季節はずれの光」 コードネーム:ジョー=中島翠。ジョーの戦場は家庭。昭和の考えを持った両親は女性の幸せは結婚だと思い込み、勉強を続けていきたいジョーには辛いものだった。勉強し、家から遠い大学へ行くことが、ジョーの目標だった。ジョ
| 苗坊の徒然日記 | 2009/02/25 12:05 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS