本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 フィッツジェラルド | main | 「火村英生に捧げる犯罪」 有栖川有栖 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*恋の叶うスープ

今日何気なくテレビを観ていたら見覚えのある名前。NHKの「食彩浪漫」に出演していたのは『食堂かたつむり』を書いた小川糸さんだった。
“ある冬の日のジュテームスープ”
番組で紹介されたこのスープ、『食堂かたつむり』で主人公の倫子が両思いになりたいと願う女子高生のために作った料理だ。番組HPにある写真が小説同様ハート型の赤い鍋なのが嬉しい!ちゃんとレシピも載っているから実際に作ることもできる。恋や願いことが叶う「ジュテームスープ」、作ってみる?

『唐辛子千夜一夜奇譚』はその名のとおり、唐辛子についてのエピソード、伝承、小話のたぐいが千とひとつ書かれた本である、らしい。出版社は<空中一回転書房>という。風変わりなこの本、手にするのは極めて困難。いや、絶対無理、ムリ、無理なのだ。なぜなら吉田篤弘さんの『つむじ風食堂の夜』の中に登場する本であるから。
仕事で唐辛子について「楽しい感じ」の雑文を書かなくてはならない主人公が、古本屋の主人から紹介されたのが『唐辛子千夜一夜奇譚』というわけだ。
今週、友人たちと韓国料理を食べにいった。
韓国料理になくてはならないのが唐辛子だ。辛さの中に甘さ、甘さの中に辛さのある料理を食べながら話題は唐辛子に及んだ。現在唐辛子は多くの国で食されているが、その国に住む人々の舌に合わせたものが作られるのだという。あなた好みの唐辛子ということだ。これは唐辛子だけに限ったことではないが。友人の話を聞きながら思わず唐辛子に悩める小説の主人公のことが思い出された。その後、彼は唐辛子について「楽しい感じ」ふうに書けたのだろうか。
唐辛子バーなるものを想像してみた。疲れてシャッキとしたいとき、ピリリとした刺激が欲しいとき、目的も様々に今日も人々が集う唐辛子バー。唐辛子軽めのアメリカン、コクのあるエスピリリ、唐辛子チャイに唐辛子とバーブのブレンド、国内産唐辛子をイタリア風に。様々な唐辛子が楽しめる唐辛子バーは憩いの場所。
唐辛子ひとつとっても奥が深く、ついいろいろ想像して遊んでしまった。



本日はバレンタインデー。
所用で行った先で花畑牧場の生キャラメル〜New Type~を頂戴した。
ホワイトといごちの2種類入り。
パッケージのイラストは北野武さん。

| 365分の1ーもの想う日々 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:48 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS