本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 観る・Sweet Rain 死神の精度 | main | 観る・かもめ食堂 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「三匹のおっさん」 有川 浩

有川 浩
文藝春秋
¥ 1,600
(2009-03-13)

今回はラブコメ萌えモードは封印かなと予想して読み始めた。
三匹の子豚とか三匹の侍とか三匹ものはいろいろあれど、還暦を迎えてなお意気軒昂、年寄り扱いなんざごめんこうむるという活きのいい、武闘派ふたりに頭脳派ひとりのおっさん三匹が、“地域限定正義の味方”となって悪に立ち向かう。

「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、工場経営者ノリ。孫と娘の高校生コンビも手伝って、詐欺に痴漢に動物虐待…身近な悪を成敗。
有川さんはキャラ作りが上手い。通称キヨ、シゲ、ノリの3人のおっさんトリオが個性的。かつて悪ガキだった頃の面影を彷彿とさせるやんちゃさ、ガッチリ息のあったチームワークに、互いの性格も知り尽くしての心情を汲み取る友情の篤さ。幼馴染みっていいな。

この中で描かれているのは詐欺、痴漢、動物虐待、悪徳商法などいつどこででも起こりうる犯罪ばかりだ。日常の生活の中にひょこんと顔を出す悪。身近なだけにリアリティがある。
どれもこれも憤りを感じないわけにはいかないけれど、もしかして起こったかもしれない出来事を想像して、ものすごく後味の悪い感触が最後まで残ったのが第四話の動物虐待だった。酷薄な悪意が学校という狭い世界で野放しにされている。それを許してしまう大人の事情というのもどんなものだろうか。
だめじゃないのか。

読者の期待を裏切らない有川さん。恋愛萌えもちゃんとありましたねぇ。キヨさんの孫・祐希とノリさんの娘・早苗の高校生コンビ。見かけは現代風のちゃらい感じながら男気のある祐希と、お嬢様風で天然なわりにしっかり者の一面もある早苗のふたりの恋が初々しいったらない。対して娘の恋にただならぬ反応を見せるノリさんの暴走ぶりが可笑しかった。

最初はぎくしゃくとした雰囲気だったキヨさんと祐希の関係が、言動とは裏腹に親しみにこもったものに変わったり、嫁姑間、シゲさんのところの夫婦間、家族のうちにも変化が起きて、活劇の楽しさ、家族の温かさも味わえる話だった。
確かにいまの時代、還暦だとてお年寄りという感じはしない。イメージだけが先行するようでアンチエイジングという言葉は好きではないのだが、年齢に拘り過ぎず、かといって拘らないことに拘らず、あるがままに野を越え山越え街の雑踏を越え、三匹のおっさんたちの心意気を少しでも見習っていけたらと思う。

2009年5月8日読了
| 有川 浩 | 18:00 | comments(20) | trackbacks(10) | | |

*スポンサーサイト

| - | 18:00 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん、こんばんは(^^)。
アラ還活劇、面白かったですね〜!
三匹のおっさんたちの、真っ直ぐでゆるぎない信念が、とってもカッコ良かったです。
ついつい「おっさん萌え〜」になっちゃいました。
ちゃんと「じれったい愛」もあって、有川さんすごいなぁ〜と感服いたしました♪
| 水無月・R | 2009/05/17 10:36 PM |
水無月・Rさん、こんばんは。
まず思ったのはおっさんで大丈夫かしらん。
だって有川さんの激甘ラブコメファンとしてはちょっと考えます。
いやもう全然OKでしたね。かっこいいじゃないですか。
「おっさん萌え〜」ですよね!
考えてみれば昔から渋いおじさん好きなのでした。
おっさんと若い高校生コンビ、違う世代のバランスも絶妙で、やっぱり有川さんすごいわ〜
| 雪芽 | 2009/05/18 10:27 PM |
雪芽さん、こんばんは。
日常の中に見え隠れする悪がリアルでしたね。
後味の悪さが、少し残っちゃいました。
それゆえに、個性的な三人の強さに惚れ惚れです。
タイトルからベタ甘は期待していませんでしたが、いい意味で期待を裏切られて、よかったです。
| 藍色 | 2009/05/19 3:50 AM |
藍色さん、こんばんは。
日常に点在する悪、身近なだけにどこからでも芽を出してきそう。
味の悪さを払拭するアラ還3人の痛快さに、溜飲を下げる思いで読みました。
予想外な方向からのベタ甘。
やはりやってくれますね、有川さん。
| 雪芽 | 2009/05/21 9:16 PM |
こんばんは。お久しぶりです。
有川作品の中でも登場人物の平均年齢が高い本でありながら、これだけ萌えがあるのがすごいです。
日常の中には、身近にいろんな問題があるけれど、ほんとは一人ひとりが解決のかけらを握っているのかもしれませんね。
| 香桑 | 2009/05/22 11:00 PM |
こんにちは。
私は「図書館戦争」シリーズは、
あのベタ甘がちょっと・・・だったのですが
(でも何とか読んだ)、
「三匹のおっさん」は良かったです。
私も退職後にはあのようなかっこいいおっさんになるべく
なにかに精進するべきか。
しかし基本武闘系ではないし、手先は不器用。
水泳だけは20年以上やってるんですが・・・(←何の役にも立たん)。
| 木曽のあばら屋 | 2009/05/24 8:18 AM |
こんにちは!

痛快でしたね。
こんな「おっさん」が街にいたら、あんまり悲惨な事件はおきないんだろうね(^^ゞ
| じゅずじ | 2009/05/24 10:55 AM |
香桑さん、こんばんは。
ブログにはお邪魔しているのですが、すっかりご無沙汰しております。
有川さんの作品に登場するおっさんたちって、皆さん素敵ですね。年齢幅広く魅力的なキャラを作り上げる上手さに感心します。
身近な問題は自分たちの手で。意識を少しだけ変えるだけでも違うと、最後の悪徳商法の話でも思いました。
悪の根を絶つ。そこに新しい苗を植える。
激甘ラブコメ、おっさん萌え、いずれにしろ楽しい読書でした。
| 雪芽 | 2009/05/24 9:46 PM |
木曾のあばら屋さん、こんばんは。
「図書館シリーズ」は格段に甘かったですから。
ちょっと…とおっしゃりながら、よくぞ耐えて最後まで読みましたねぇ。
免疫つきませんでしたか?ダメ?
「三匹のおっさん」はいくぶん甘さ控え目、渋さとかっこよさが売りでしょうか。
武闘系や手先が器用でなくとも、好きな何かを熱く楽しそうに語れる人って、いくつになっても素敵だと思うのですが、それなら大丈夫では?
水泳歴20年は凄いですね!
何が役に立つかわからない世の中です。
| 雪芽 | 2009/05/24 9:58 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
ほんと痛快で、甘さのツボもちゃんと押さえているところがさすがなのでした。
三匹のおっさんたちみたいなおっさんが増えるといいのですけどね。
都会はとくに地域の繋がりが希薄です。
| 雪芽 | 2009/05/24 10:03 PM |
もやもや感の残る事件はありましたが、
3匹の活躍が痛快でした。
身近な事件まだまだ掘り起こせそうですし、
続編を期待したいですね♪
ある意味一番危険なおっさんであるノリさん、
新型武器とか開発しちゃいそうで、
そういう意味?でも楽しみです(笑
| エビノート | 2009/06/04 9:22 PM |
事件はわりとふつ〜だけどキャラで読ませてくれました。
ちなみに、おっさんと呼ばれることに抵抗を感じています(爆)
だから三人の気持ちはわかる!
| しんちゃん | 2009/06/05 6:30 PM |
エビノートさん、こちらにもありがとうございます!
身近な事柄だけに事件そのものは後味悪かったりしますが、三匹のおっさんたちの活躍ぶり見事でした。
続編ではノリさんの新型兵器も進化しそうですね。
それは楽しみだけど、高校生コンビの恋の進展次第では、祐希の身が危ういかも!?
ともあれ続編も読みたくなりました。
| 雪芽 | 2009/06/05 11:55 PM |
しんちゃん、こちらにもありがとうございます!
有川さんのキャラ製造力はすごいと感心しますね。
すてきなおっさんが増えれば、おっさんという呼び方が褒め言葉になるかも、なんて無理?^^;

| 雪芽 | 2009/06/06 12:05 AM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
おっさんたち、かっこよかったですよね。
こんな風に他人にもちゃんと怒ってくれる人って大切ですよね。
そして裕希と早苗の恋愛がとってもかわいらしくて、流石有川さん!と思いました^^
| 苗坊 | 2009/08/13 11:19 PM |
こんにちは。

三匹の気負わない若々しさがよかったです。
身近な事件を題材に用いつつ、爽快な勧善懲悪にもっていくのは、さすがですね。

予想外の方向からのベタ甘ラブや須藤真澄さんの描くじーばーもよかったです。
| 空穂 | 2009/08/14 5:54 PM |
苗坊さん、こんばんは。
なんだおっさんかぁと思った私が間違いでした。
かっこいい三人組ですよね。
気分や感情ではなく、きちんと悪いことを悪いと怒る、しかも気遣いもあって、ほんと素敵です。
身近な悪とラブコメはさすがでしたねぇ。
有川さんの新刊も早く読みたい!
| 雪芽 | 2009/08/16 11:10 PM |
空穂さん、こんばんは。
無理してがんばっている感がなく、身の回りの問題をなんとかしたいという思いで動いているから自然ですね。
おっさんたちの活躍は爽快ですっきりします。
須藤真澄さんの挿絵も作品世界にぴったりでしたね。
ラブコメも堪能できたし、面白かったです。
| 雪芽 | 2009/08/16 11:18 PM |
雪芽さん、こんばんわ!
そして今年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

三匹のおっさんたち、それぞれ魅力的でしたねー。
それだけでも充分楽しめましたが、ラブコメもすきあらば!という感じで
ちゃんと入っていてうれしかったです。
| june | 2010/01/19 8:49 PM |
juneさん、こんばんは!
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

やんちゃな3匹のおっさんたち素敵でした〜
個性はバラバラなのにチームワーク抜群なのはさすが幼なじみ。
すきあらば(そうそう・笑)のラブコメは甘〜くも初々しさがあってよかったです。
| 雪芽 | 2010/01/22 12:05 AM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

『三匹のおっさん』/有川浩 ◎
なんか久し振りに、有川浩さんの新作品を読む気がするんですよね〜。去年は8月から12月にかけて、毎月「DVD図書館戦争付録」があって、毎月ぎゃーひー萌えのたうってたので、なんか有川さん不足だった最近の水無月・R。もはや中毒(笑)。 本作『三匹のおっさん』も、
| 蒼のほとりで書に溺れ。 | 2009/05/17 10:33 PM |
三匹のおっさん 有川浩
かつての悪ガキが結成した自警団が、今日もご町内の悪を斬る! 剣道師範のキヨさん、柔道の猛者シゲさん、機械で無敵の頭脳派ノリさん。 ...
| 粋な提案 | 2009/05/19 3:51 AM |
三匹のおっさん
 有川浩 2009 文藝春秋 呼ばれ方によって気分は変わる。名前で呼ばれるか、役
| 香桑の読書室 | 2009/05/22 10:54 PM |
【三匹のおっさん】 有川浩 著
あっぱれ、おっさんたち  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら
| じゅずじの旦那 | 2009/05/24 11:23 AM |
三匹のおっさん 〔有川 浩〕
三匹のおっさん有川 浩文藝春秋 2009-03-13売り上げランキング : 3894おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をい
| まったり読書日記 | 2009/06/04 8:44 PM |
「三匹のおっさん」有川浩
三匹のおっさん(2009/03/13)有川 浩商品詳細を見る 六十歳を「おじいちゃん」の範疇に入れられるのはまだまだ違和感があった。六十歳はまだおっ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/06/05 6:30 PM |
三匹のおっさん【有川 浩】
還暦といえども最近の60歳は若いです。一昔前なら3匹のおじいちゃんですよね(笑)。この3匹のおっさんが、警察顔負けの大活躍。一番危ないおっさん(何で危ないかは読んでからのお楽しみ)の娘(早苗)に恋するキヨさんの孫(祐希)の淡い恋愛物語も絡めながらの3
| とんみんくんの読書履歴 | 2009/06/07 8:27 AM |
三匹のおっさん 有川浩
三匹のおっさん オススメ! <第一話> 清田清一は定年退職し、ゲームセンターの嘱託職員として働く事になった。息子夫婦は2階に住み、二世帯住宅である。定年祝いを兼ね、家族全員で食卓を囲む事になった。清一は剣道の師範でもあったが生徒がいなくなり、道場は閉
| 苗坊の徒然日記 | 2009/08/13 11:17 PM |
「三匹のおっさん」有川浩
三匹のおっさんクチコミを見る 息子から「オレも読みたいから早く読んで」とせっつかれながら読みました。有川さんのラブロマ好きとしては「おっさん」か・・と思ったんですが、やっぱり有川さん、期待通りいえ期待以上のおもしろさでした。三匹のおっさんたちのキ
| 本のある生活 | 2010/01/19 8:49 PM |
「三匹のおっさん」/有川 浩
『三匹のおっさん』/有川 浩(文藝春秋刊)       有川 浩さんの小説は先日初めて「阪急電車」を読んだ。 短い路線の往復の間で、様々な人間関係が交錯する面白い小説だった でも、最初に読みたかったのはこの「三匹のおっさん」の方。 実は図書
| 京の昼寝〜♪ | 2010/09/08 12:29 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS