本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「三匹のおっさん」 有川 浩 | main | 「いっちばん」 畠中 恵 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*観る・かもめ食堂

フィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」を経営するサチエ。ひとりの客も来ない日から始まって、偶然知り合い家で同居することになるミドリ、飛行機に預けた荷物が届かないマサコ が店のスタッフに加わり、第一号の客で日本オタクの青年、コーヒーの美味しい淹れ方を教えてくれる謎の男性、主婦(たぶん)3人組、夫の悩みを抱える女性と、マサコの周りに、店の中に人がどんどん増えていく。

北欧の澄んだ空気と明るい風景。小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、三者三様の雰囲気が醸し出すマイペースな空気の不思議な面白さと安堵感。
淹れ立ての美味しいコーヒーの香りがするようだ。
丁寧に焼かれる鮭の香ばしさ、刻まれる野菜の音、サチエが料理するシーンを観ていると、普段食べることに粗雑になっていやしないかとふと思ってしまう。
「かもめ食堂」のメインメニューはおにぎり。
ひとつひとつ手でしっかり握られるおにぎり。ほかほかの白いご飯に海苔の黒。ご飯の中には鮭やおかかといったシンプルな具材が収まっている。おにぎりがこんなにも食べたくなる映画もそうないだろう。おにぎり食べたい!映画を観ながら何度も思う。お米はある。海苔もある。鮭に梅に鰹節、ある。いまが満腹でよかったと、これまた思う。

とりたてて大きな事件や出来事が起こるわけでもなく、どちらかというとストーリーは平坦に展開していく。食べることはごくごく日常の生活に根ざす行為。ゆるりとした流れが心地良く、遠いフィンランドを舞台にしているにもかかわらず、食べることで繋がっているような親しみを感じる映画だった。

監督:萩上直子
出演:小林聡美 片桐はいり もたいまさこ
2006年3月
日本

2009年5月23日観る
| 映画・国内 | 22:22 | comments(2) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 22:22 | - | - | | |

♯ コメント

こんにちは。TBさせていただきました。
フィンランドの風景がとても素敵で、行きたくなりました。
何気ない日常がまた素敵ですよね。
見終わった後にあったかい気持ちになりました。
この作品大好きです^^
| 苗坊 | 2009/05/24 4:42 PM |
苗坊さん、こんばんは。
映画にも出てくる白夜を経験してみたく思いました。
幸せをお裾分けしてもらった気分になる映画で、私も大好き。
同じ監督の「めがね」も観てみようと思っているところです。
| 雪芽 | 2009/05/24 10:06 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

かもめ食堂
かもめ食堂 オススメ! 荻上直子監督が全編フィンランドロケで撮り上げたコメディ・ドラマ。 フィンランドのヘルシンキを舞台に3人の日本人女性と地元の人々とのちょっと奇妙で心温まる交流をゆるやかな時間の流れの中で綴る。 主演はTVドラマ「すいか」でも共演し
| 苗坊の徒然日記 | 2009/05/24 4:41 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS