本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「厭魅の如き憑くもの」 三津田信三 | main | 映画「パフューム」 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「神去なあなあ日常」 三浦しをん

三浦 しをん
徳間書店
¥ 1,575
(2009-05)

『風が強く吹いている』や『仏果を得ず』と同じく、しをんさんお得意の熱血系作品。どこに興味の矛先が向くのやら、なんと今回は林業ときた。川あれば山あり。山あればそこには木がある。列島を血管のように走る川と多くの緑成す山が連なる国に生まれはしたが、林業といわれてみても実際のところはよく知らない。だが興味のなかった世界でもひとたびしをんさんの熱い筆致にかかれば、ふむふむと面白く引き込まれてしまう。

林業っておもしれ〜!by勇気
主人公勇気が夢中になっていく気持ちがすごくわかる。林業って奥深く面白い!それにもまして神去村の暮らしとそこに住む人たち、もう最高ですよ。
前作『光』のいいようのない重苦しさとは一転、のどかで朗らかな神去村に憩う楽しさ。

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。
「BOOK」データベースより
 卒業したらフリーターなんて呑気に構えていた平野勇気は、高校卒業と同時に担任教師山やんと両親によって勝手に就職先を決められ、山の奥の奥にある神去村へ林業研修生として送られる。出だしからいきなり驚きの展開。少し前まで横浜の高校生だったのが見知らぬ山の奥で林業に携わることになる。当然隙あらば脱走を試みるがなんせ山の中、簡単には逃げられない。どうなるのやら。

嫌々渋々恐々、山での仕事を始めた勇気が、林業の面白さや都会では見ない強烈な自然の姿に魅入られていく過程を、神去村の一年をとおして描いている。
中村林業のおやかた清一家族、居候先の先輩のヨキとみき夫婦に繁ばあちゃんと犬のノコ、大先輩格の三郎じいさんと巌さん、勇気を取り巻く人々の温かで泰然自若とした存在感がとびきり魅力的だ。林業に天性の才能を持つヨキだけは、愛すべきはちゃめちゃぶりで終始勇気を翻弄しっぱなしだが(笑)

「なあなあ」(ゆっくり行こう、まあまあ落ち着けの意)が口癖でのんびりとした村人気質がすっかり好きになった。いいなぁ、こういうの。生業としての林業とその根源となる山に対する畏敬の念が同居する神去村。このバランス感覚も大事。

慣れない作業に戸惑い、ダニやヒルに悲鳴を上げながら成長していく勇気だけど、そこは彼もひとりの男子である、辛いばかりじゃない、恋の話もあるのだ。謎の美女・直紀。この恋の進展はどうなるのか、とっいっても思いは簡単には通じそうにない。

村にはどうやら何か秘密があるらしい。
秘密を知る時、勇気はとんでもない体験をすることになる。最大のクライマックスを向えるラストの迫力は満点。もうこれは死にそうになるくらい怖い。スピード感溢れる描写は怖いけど、ほんとうに怖いけど、死と隣り合わせだけど、手に汗握る面白さだ。
ほいな、ほいな。男衆の掛け声に合わせ、ほいな、ほいな。

勇気と一緒にわけもわからず神去村に連れてこられて、あたふたと山だ祭りだ恋だと読み進める。楽しかった〜

2009年6月21日読了
| 三浦しをん | 18:29 | comments(6) | trackbacks(4) | | |

*スポンサーサイト

| - | 18:29 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん こんばんは
『風が強く吹いている』と『仏果を得ず』に魅せられた私としましては、本作も要チェックですね!!! 早速図書館に予約を!!!
| yori | 2009/06/25 10:56 PM |
yoriさん、こんばんは。
そのふたつがお気に入りでしたらこの作品もおススメできそうです。
ぜひ読んでみてくださいませ!
| 雪芽 | 2009/06/26 9:45 PM |
こんにちは^^TBさせていただきました。
面白かったですよね。
しをんさんの作品はこうでないと。って思いました。
前回読んだのが「光」だったもので^^;
勇気は最初は都会っこでしたけど、最後は逞しかったですよね。
村の人たちもとってもいい人ばかりで、読んでいて何だか嬉しい気持ちになりました。
林業については本当に何も知らなかったのですが、1年を通していろんな仕事があるんですねー。
| 苗坊 | 2009/07/12 3:22 PM |
苗坊さん、こんばんは。
面白かったですね〜
やっぱりこういう熱い話が好きです。
ひよっこの苗木から逞しく成長していく勇気。
林業に魅せられていくのが伝わってきました。
あの村の人たち、おおらかで気持ちのいい人ばかり。
林業についても危険と手間隙と、ほんとうに大変な仕事だなと、初めて知ることばかりでした。
| 雪芽 | 2009/07/12 7:30 PM |
林業の魅力がたっぷり詰まってましたね〜。
読むうちに林業って面白い!とハマってしまいました。
仕事に対する前向きな気持ちをもらったような気もして、業種は違うけど自分も頑張ろう!って思っちゃいました。
こういう元気が出る前向きな話だと、読んでいても安心できますね〜。
| エビノート | 2009/09/28 8:20 PM |
エピノートさん、こんばんは。
林業っておもしれ〜!
しをんさんが描くのだからきっと面白いのだ、と期待しつつ、ほんと?なんてちらっと思ったり。
そんな心配無用でした。
読み出したら面白くて止まらない。
仕事に対する姿勢も見習いたいですね。
厳しい、けど楽しんでいるところがみんな素晴らしい。
笑いと元気をたくさん頂いちゃいました。
| 雪芽 | 2009/09/30 8:49 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

神去なあなあ日常 三浦しをん
神去なあなあ日常 オススメ! 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。 先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。 しかも村には秘密があって…!? 林業っておもしれ〜! 高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。 林業に従事し、自
| 苗坊の徒然日記 | 2009/07/12 3:20 PM |
神去なあなあ日常  三浦しをん
神去なあなあ日常/三浦 しをん 三浦しをん 徳間書店 2009 STORY: 高校卒業後、フリーターをしようと思っていた勇気は、両親と先生に無理やり神去(かむさり)村に預けられる。そこで林業の見習いとして働くことになった勇気は…。 感想:  最近、
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2009/07/13 9:30 AM |
神去なあなあ日常 〔三浦 しをん〕
神去なあなあ日常徳間書店 2009-05売り上げランキング : 4853おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。 先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。 しかも村には秘密があって…!? 林業っておもしれ〜! 高校卒業
| まったり読書日記 | 2009/09/28 8:08 PM |
神去なあなあ日常
三浦しをん 著 
| Akira's VOICE | 2013/07/24 11:59 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS